自宅でギターを練習
「ギターを家で練習しているけど行き詰っている。。」

「ほかの人はどうやって練習してるんだろう。悩んでないのかな?」

どうもこんばんわ。ネロです。

 

独学でギターを練習しているとスムーズに上達できるときばかりではありません。

時には行き詰ってしまうことも。

 

本記事を書いている時点でギターを13年続けているぼくも独学で学び練習してきました。

独学でギターを練習する日々は悩みと試行錯誤の連続です。

 

本記事ではぼくが長年独学でギターを学んできた中で悩み、解決してきたことを紹介します。

同じように悩んでいるあなたのお役に立てるはず。

どうぞご覧ください。

 

 

ギターを弾いているとピックがだんだんずれていく

「ギターを弾いていてピックがだんだんと指からずれていってしまう」

そんな悩みを解決する方法は以下です。

  • ピックを強く握りすぎない
  • リラックスしたピッキングをする
  • 弦と並行にストロークする

 

ただし”やり方を知っている”ことと”できる”ことは全くの別物。

「リラックスしたピッキング」と頭では分かっていてもそう簡単に出来るものではありません。

 

僕も長年ピッキングがずれていくことに悩んできました。

そしてある練習方法にたどり着きピックのずれが劇的に減ることに。

以下の記事ではピックのずれに有効な練習方法を紹介していますのでご覧ください。

 

 

ピックが弦に引っかかってスムーズにストロークできない

初心者のうちはスムーズなピックストロークが出来ず悩んでしまうものです。

特にアップストロークは引っかかりやすく難しいイメージを持ってしまいがち。

 

スムーズなピックストロークができない原因は主に以下の2つ。

  • ピックを弦に当てる位置が深すぎる
  • ピックが弦に当たる角度がきつすぎる

 

以下の記事ではピッキングがスムーズに出来ずに弦に引っかかる原因と、僕が続けて来た効果的な練習方法を紹介します。

 

アーティスト曲の耳コピが上手くできない

ギターがある程度弾けるようになると好きなアーティストのコピーをしてみたくなりますよね?

でもスコアが出ていない曲の場合「耳コピ」しなくてはいけません。

アーティスト音源からギターの音を拾うには、とにかく曲を聴きこむことが大事です。

ぼくも初めは全く聴き取れませんでしたが、たくさんの曲を耳コピするようになり段々と出来るようになってきました。

 

次の記事ではぼくが実践しているギター耳コピのコツを紹介しています。

 

アンプのReturn端子にシールドを挿して使ってもいいのか

「ギターアンプのReturnって使ってもいいの?」

スタジオのアンプに触れていると”アンプのReturn端子”に気づく時がでてきます。

そしてReturn端子を使うべきかどうか悩む時期があるでしょう。

 

ぼくは以下の理由でスタジオやライブではReturn端子を使うことが多いです。

  • エフェクターで音作りをしている
  • セッティング時間を最小限にしたい

 

しかしReturn端子を使う中で失敗してきたことも数多くありました。

次の記事ではReturn端子を使っていく中で気づいた注意点を解説していますのでご覧ください。

 

手が小さいからギターには向いていないんじゃないか

僕はどちらかというと手が小さい方です。

女性の手とほぼ変わらない大きさなんです。

 

大きな手ではないぼくでもギターを続けられている事実。

「ギターを弾くのに手の大きさは関係ない」と自信を持ってください。

 

以下の記事では手が小さくてもギターを弾ける理由と練習方法を紹介していますのでご覧ください。

 

 

こちらの記事も読まれています