ギターの音作り
「ギターの音作りって難しい。思うような音が出せない。」

「エフェクターやアンプの設定を変えても迫力のある太い音が出せない。」

という疑問に答えます。

 

ギタリストにとって永遠の悩みである音作り。

「エフェクターの設定をこうすればいい」

「アンプのつまみをこうすればいい」

というようにどれか一か所の設定を変えれば理想的な音が出せるわけではありません。

 

ギター、エフェクター、シールド、アンプ、ピックと、音が出るまでに関わる全ての要素で音を良くするために改善します。

最終的にアンプから出て耳に届く音が良くなることが大事。

 

本記事ではギターを10年以上続けている僕が実際に悩んで取り組んできた、ギター音作りの改善方法を紹介します。

過去の僕と同じように音作りに悩んでいるあなたにお役に立てる内容です。

どうぞ役立ててください。

 

ギター本体での音作り

 

ギターの種類によって音作りは同じではありません

ギターの音作りで最も基本となるのはギター本体です。

ただしギターの種類によって音の特徴は全然違うため、どのギターでも同じような音作りをしていては良い音は出せません。

 

ぼくはストラトキャスターを10年以上使い続けています。

一般的にストラトキャスターのようなシングルコイルピックアップ搭載ギターは、レスポールのようなハムバッカー搭載ギターに比べて音が細いと言われていますよね。

そんなストラトで”太くてコシのある音”を出すために工夫してきたことを以下の記事にまとめています。

 

ピック一つでも音は変わる

多くの人はギターを弾くのにピックを使っていることでしょう。

実はピックの種類や材質、厚さなどでギターから出る音はガラッと変わります。

これまで色々なピックを買っては試してを繰り返したぼくですが、一度『ウルテムピック』を使ってからは他のピックを使うことが無くなりました。

音につやが出てくるんです。

 

以下の記事ではウルテムピックを使ってみて感じたことを解説していますのでご覧ください。

 

 

エフェクターでの音作り

エレキギターでいろんな音を出すためにはエフェクターが欠かせません。

特にたくさんのコンパクトエフェクターの機能を詰め込んだマルチエフェクターは、コスパが良く手軽に音を作れるためアマチュアバンドマンにはありがたい存在です。

ただし便利だからと言ってあれもこれもエフェクターを追加しすぎると”良い音”から遠ざかってしまいます。

 

ぼくはギターを始めて10年以上マルチエフェクターを使い続けてきました。

始めは何をどう設定して良いか全然分からず適当に内蔵エフェクターを設定していたため、スカスカな音しか出せていませんでした。

しかしギターを続けていけば少しずつ良い音を出せる設定がわかるようになります。

以下の記事では初心者がマルチエフェクターで音を作るコツを解説していますのでご覧ください。

 

 

自宅での音作り

社会人バンドマンの多くは自宅でギターの音作りをしていることでしょう。

スタジオでアンプから音を出して音を作るのが理想ですが、金銭的・時間的にしょっちゅうスタジオに入る訳にもいきません。

 

自宅で作った音ってスタジオでアンプに繋いで弾くと全然違う音になるんですよね。

 

以下の記事では常に自宅での音作りに悩んできたぼくが、自宅で作った音をスタジオで鳴らしても違いが少なくなるように試していることを紹介しています。

「スタジオに入るたびに音のセッティングに時間が掛かる」

と悩んでいるあなたに是非読んでいただきたい内容です。

 

 

上の記事でも書いているように自宅でギターを弾くときでもなるべくアンプから音を出すことをおススメします。

でも自宅アンプってどれが丁度いいのか悩んでいませんか?

以下の記事では自宅で使っているアンプを紹介しています。

 

 

 

バンドでの音作り

バンドでギターを弾いている方はギターだけの音作りで終わるのではなく、”バンド全体での音”を意識しなくてはいけません

「ギターだけの音はすごくカッコイイのに、バンドで演奏するとギターの音が全く聞こえない」

ギターだけ考えて音を作るとこんな失敗をすることがありました。

 

バンドの中でギターがどんな役割を受け持っているのか考えましょう。

以下の記事ではバンドでのギターパートがどんな役割なのかを解説していますのでご覧ください。

 

 

こちらの記事も読まれています