ウルテムピックでギターの音が変わる!おススメする理由とは?

 

どうも、ピック集めが半分趣味になっている"ネロ"です。

楽器屋さんやネットショップでピックを見るとついつい手に取って買っていました。

でも、「これ!」っていうピックには中々出会えないんですよね・・

 

何か自分にしっくりくる弾きやすいピックは無いかと、いろいろなピックを買っては試しました。

その結果こんな状態に・・
(これは所持ピックのほんの一部です)

 

そしてようやく「ウルテムピック」に出会えました!
ウルテムピックは人間の爪に最も近いと言われている素材で作られており、素早い音の立ち上がりと爪で弾いているようなナチュラルな響きが特徴です。
ホントに気持ちよく弾けて、いまではウルテムピックに落ち着いています!
そこで本記事ではウルテムピックについて書いていきます。

スポンサーリンク

ウルテムピックで音にツヤを出そう

ウルテムピックは「ウルテム」という特殊プラスチック素材で作られていて、弾力があり弦を鳴らした時の音の響きがとても良いのが特徴です。

きらびやかでクリアな音が出て音が前に出てくるようになります。

きれいに高音が出ていて音抜けがよいためとても気に入っています。

 

きれいな高音やきらびやかな音はツヤがあって色気を感じさせますね。

バンドアンサンブルの中でも他の楽器に埋もれることなく存在感を出せるようになりますよ!

 

ちなみに「ウルテム」の正式名称は、「ポリエーテルイミド樹脂系エンジニアリング・プラスチック」というそうです。

長い・・・覚えるのはムリ!

ウルテムピックでアタック感の良い音を出そう

ギターを弾く上でとても大事な「アタック」に優れているのは、人の爪や鼈甲(べっこう)と言われています。

そしてウルテム素材は人の爪や鼈甲(べっこう)に近いと言われているため、弦を弾いたときのアタック感に優れています。

 

アタック感

ギターは弦を弾いた瞬間から音が小さくなっていきます。そのため弾いた瞬間の音がとても大切です。
アタック感が悪いと輪郭のはっきりしない音になり、音が微妙に遅れて聴こえる原因にもなります。
立ち上がりが良い、レスポンスが良いとも表現されます。

 

アタック感が良いと、クリーントーンでのアルペジオなど繊細なニュアンスが必要なプレイでもしっかりと弾けます。

ウルテムピックは音にツヤがあるためクリーントーンで弾くととても気持ちが良いですよ!

スポンサーリンク

ウルテムピックで速弾きも弾こう

ウルテムピックは弦を弾いたときの引っかかりが少なく速弾きにも向いています。

弦を弾いたときに引っかかりにくにのはウルテムピック表面の摩擦が少ないから。

 

ウルテムピックは表面がつやつやしています。

 

画像では少しわかりにくいかもしれませんね。

実際に、触ってみても他のピックに比べてツルツルしていると感じました。

 

表面がツルツルしているため摩擦が少なく、弦をスムーズに弾くことができます。

かと言って持ってみると指に吸い付くような感覚で決して滑り易くない。

そして摩擦が少ないのに弦にからむような何とも不思議な弾き心地ですよ。

これまで弾けなかった速弾きフレーズが「スッ!」と弾けたこともありました!
三角形型よりもティアドロップ型の方が先が細いため速弾きにはおススメ!

ウルテムピックでピックを長持ちさせよう

ウルテムピックはとても耐久性に優れていてピックの減りがものすごく少ないです。

 

ウルテム素材は優れた耐熱性、高い強度が特徴の特殊プラスチックです。

そのためピックだけではなく航空機の部品や防護服の素材など、多彩な分野で利用されている優れもの。

 

そんな用途に使われているため弦を弾く程度の衝撃では中々削れないのも納得ですね。

ピックの買い替えが少なくてお財布にも優しい!

 

 

これは僕が半年ほど使っているウルテムピックです。

さすがに半年も使えば、良く使っていた下の角部分がすり減ってる。。

でも半年使ってこれですよ!

半年も使えば他素材のピックだと何度か買い換えていることでしょう。

 

さらに三角型ピックなので他の角も使えます。

まとめて一度に買っておけば、しばらくピックには困りません。

 

ウルテムピックまとめ

 

自分のギターを弾く音に満足していますか?

最も簡単に手軽に音を変える方法、、それはピックを変えることです。

 

ウルテムピックは音にツヤがありアタック感に優れた人気のピックです。

今やギター演奏に手放せません!

 

びっくりするほど音と弾き心地が変わるので是非一度使ってみてほしいです。

それでは。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事