リードギター
「リードギターってどんな意味?」

「リードギターを弾くにはどのギターを使えばいいの?」

リードギターの意味が分からない、リードギターを弾いてみたいけど何のギターを使えばいいか分からない。と悩んでいませんか。

本記事ではそんな悩みを解決します。

 

どうもこんにちは。ネロです。

ギタリストなら誰もが憧れる存在「リードギター」。

でも言葉はよく耳にしていてもリードギターの意味が分からずモヤモヤっとしている方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は「リードギター=こんなギター」という正しい定義はありません。

リードギターとは役割の呼び方であり、様々なバンドスタイルがある現在では少しあいまいな表現になっています。

 

本記事ではリードギターの意味、役割や特徴を書いていきます。

本記事を読めば、これまでリードギターの意味が分からずモヤモヤしていたあなたの疑問をきれいに整理できますよ。

それではご覧ください。

 

スポンサーリンク

リードギターはメインメロディ(主旋律)を弾くパートのこと

はじめに書いたようにリードギターという言葉にはハッキリとした定義はありません。

一般的には、バンド全体で演奏する音楽のうちメインメロディ(主旋律)演奏するギターパートのことをリードギターと呼びます。

パート、メロディなどの観点から一つずつ見ていきましょう。

 

リードギターはバンド内での「パート(役割)」の1つ

パートとは各楽器が受け持つ役割のこと。

バンド内にはいろんなパートが存在します。

ざっくりと説明するとこのような感じ。

  • ドラム  ・・・ リズムを担当。バンドの土台。
  • ベース  ・・・ 低音域を担当。バンドの土台。
  • ギター  ・・・ 中音域を担当。バンドの音を華やかに彩り着け。
  • ボーカル ・・・ 歌、メロディ担当。

 

バンド内でのギターの役割は主にバンド全体の音に彩りをつけ華やかにすることです。

同じギターの中でも色々な演奏のバリエーションがあり、時にはリズム寄り、時にはメロディ寄りの演奏をすることがあります。

そしてリズム寄り、メロディ寄りの演奏はそれぞれ、

  • リズム寄りの演奏 ⇒ サイドギター
  • メロディ寄りの演奏 ⇒ リードギター

と呼ばれます。

 

 

リードギターがボーカルの歌を補うようにメロディを入れる

基本的にバンド内でメロディを担当するのはボーカルの役割です。

しかしリードギターがボーカルの合間にメロディを入れることで曲に厚みを持たせます。

 

例えばボーカルが歌いだす前の前奏部分、曲の1番と2番の間、歌い終わった曲の終わりの部分、などでリードギターのメロディを聴くことが出来ます。

このようなボーカルの歌が入っていないところにメロディが何もないと、まるでボーカルの基礎練習をやっているように聴こえ、曲としてとても寂しいものになるでしょう。

 

イメージとしてはドラム+ベースの土台にボーカルと一緒にメロディを乗せます。

あくまでぼくの主観ですが図にするとこんな感じ。

リードギターの役割

 

リードギターはボーカルと並んでバンドの前面に出るパートと言えます。

 

 

音楽を聴いていて耳に残る印象的なフレーズがリードギター

リードギターの役割はボーカルの合間にメロディを入れること。

そのため歌と同じようにリードギターの音は曲の中でとても目立ちます。

その分ミスもめっちゃ目立つんです。(^_^;)

 

リードギターギターは曲のなかでだいたい以下の箇所で登場します。

  • 歌いだす前の前奏部分 ⇒ イントロのギターリフ
  • 曲の1番と2番の間 ⇒ ギターソロ
  • 歌い終わった曲の終わりの部分 ⇒ アウトロのギターリフ

 

リードギターの出すメロディはとても目立つため音楽を聴いたあと印象に残り易いのが特徴。

曲を聴き続けると憶えて口ずさめるようになりますよね?

その時口ずさむフレーズはボーカルとリードギターが出しているメロディです。

 

リードギターとバンド内でのギタリスト数は関係ない

リードギターはメロディを担当する役割です。

「じゃあバンド内に複数人のギタリストが必要なの?」

と思われたかもしれません。

 

必ずしも「リードギターが必要 = ギタリストが複数人必要」ではないのです。

 

ギターが一人の場合は曲の部分によってメロディ、リズムを弾き分けます。

ギターが2人以上の場合はギタリストによってメロディ、リズムパートを分担します。

この時ギタリストの分担を固定せずに、曲の部分によってメロディとリズムパートを入れ替えたり、どちらもメロディを弾いたりすることもあります。

 

2人以上のギタリストでメロディ、リズムパートを分担するときは「リードギター、サイドギター」と呼ばれます。

2人以上のギタリストでもどちらもメロディを弾く場合は「ツインギター/ツインリード」と呼ばれることもあります。

リードギターはステージに向かって右側に立っていることが多いですね。

 

 

リードギターは役割の呼び方。ギター本体の種類とは関係ない

これまでの記事でリードギターとはメロディを弾く役割であることを書いてきました。

しかし、

「ギターの種類とは関係ないの?」

「アコギでもいいの?」

と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

リードギターとはあくまでメロディを弾く役割です。メロディを担当できればギターの種類とは関係ありません。

それでは少し詳しく見ていきましょう。

 

エレキギター、アコースティックギターのような種類とは別物

ギターにはエレキギター、アコースティックギターなど色んな種類がありますよね。

でもメインメロディ(主旋律)を弾いているパートであればギターの種類は何でも良いのです。

 

分かり易く例えると野球で言う「ホームランバッター」。

打球を遠くまで飛ばしランナーを返す役割のバッターをそう呼びます。(似たような言葉で、長距離砲や大砲なども)

でもバッターが使っているバットの種類には関係ありませんよね。

バットのメーカーや材質、デザインが何であれ打球を遠くまで飛ばす人をホームランバッターと呼びます。

 

そしてホームランバッターも「打球を何m以上飛ばす人」「シーズン中何本ホームランを打つ人」とハッキリした定義がある訳ではありません。

定義されていないが一般的にそう呼ばれるという点もリードギターと似ています。

 

あくまでパートなのでストラトでもレスポールでも何でもOK。

エレキギターにはストラトやレスポール、セミアコなど色んな種類がありますよね。

そのため、

「リードギターを弾くにはどのギターが必要なの?」

と疑問に思われている方がいらっしゃいます。

 

繰り返しになりますがリードギターはメロディを担当する役割で、ギター本体の種類は何でも良いです。

そのためレスポールでもストラトでも、リードギターやサイドギターどちらにも成り得ます。

 

スポンサーリンク

リードギターが聴けるアーティスト

リードギターの美しいメロディが聴けるグループは国内外に数多く存在します。

その中でもリードギター・サイドギターがとても分かり易いバンドを紹介します。

 

LUNA SEA

  • リードギター:SUGIZO
  • サイドギター:INORAN

SUGIZOが歪みフレーズや伸びやかなリードサウンドを担当し、INORANが歪をおさえたバッキングやアルペジオをといったサイドギターを担当しています。

それぞれでサウンドを使い分けているため、聴いていてハッキリと役割分担が分かります。

派手なギターソロを弾くSUGIZOが目立つのですが、かっこいいバッキングを弾くINORANもファンが多いですね。

 

 

まとめ:リードギターはバンドの花形

本記事ではリードギターの意味、役割に関する疑問点を解決できるよう、細かく解説してきました。

リードギターはボーカルと並んでバンドの花形パート。

激しいリフやカッコいいギターソロは聴いていてとてもカッコイイですよね。

リードギターの役割を理解できると、音楽の聴きかたも少し変わってきますよ。

本記事がお悩みの解決に役立てると幸いです。

それでは。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事