ストリングワインダーがあるとギター弦交換スピードが3倍アップ!
「ストリングワインダーって何をする道具なの?」

「ストリングワインダーって持っていた方がいいの?」

本記事ではこんな疑問を解決します。

どうもこんにちは。ネロです。

 

ストリングワインダーという道具をご存知でしょうか。

ギター初心者セットなどにも付いているこんな道具です。

先っぽは穴が開いていて空洞になっていて持ち手部分はクルクル回転する不思議な形。

一見すると何に使うのか想像できません。

 

実はこのストリングワインダー、ギター弦交換時に実力を発揮する道具なんです。

本記事ではストリングワインダーの使い方を紹介します。

本記事で紹介するストリングワインダーを使えばギターの弦交換がぐっと楽になりますよ。

それではご覧ください。

 

ストリングワインダーは弦を巻く「ペグ」を回す道具

ストリングワインダー

ギターヘッドの先端には弦を巻きつけてチューニングするための「ペグ」が付いています。

ペグを回せば弦が締まったり緩んだりして音程が変わる仕組み。

 

通常は手でペグを回しますが、ストリングワインダーを使えば釣り竿のリールのようにペグを回せます。

具体的な使い方を見ていきましょう。

 

先端の空洞部分にペグをはめ込む

ストリングワインダー

ストリングワインダーの先端はちょうどペグが収まるくらいの空洞になっています。

空洞部分をペグにはめ込むように差し込んでください。

 

この時、空洞部分がペグに十分かぶさっていないと、回転の軸がずれスムーズに回せません。

ペグ全体が完全に隠れるまで奥までしっかり差し込みましょう。

 

取っ手をくるくる回せばペグが回る

ストリングワインダー

ストリングワインダーの先端をペグに被せたら取っ手部分を持ってください。

取っ手部分は先端とは独立して前後どちらにも回転できる構造で、取っ手を持ったまま先端部分が回せます。

 

ゆっくり回せば簡単にペグが回ってくれます。

ペグから先端部分が抜けないよう気を付けながら回しましょう。

 

 

ペグを手で回すより3倍以上は早い

ストリングワインダーを使えばすぐに実感できるように、手動とは比べ物にならないスピードでペグを回せます。

手動でペグを回すと1回しで半周がせいぜい。

そしてペグを持ち替えるたびに回転が止まります。

 

ストリングワインダーなら回転を止めずにずっと巻き続けられるため、みるみるうちに弦が巻き付けられます。

 

 

実力を発揮するのは弦交換

ストリングワインダーは1度使えば簡単に使えるようになります。

でも、

「チューニングではちょっとしかペグを回さないし、手動でもいいんじゃないの?」

と思われたかもしれません。

ストリングワインダーが実力を発揮するのは弦交換。

新しい弦を巻き付けるときに違いが分かります。

 

 

1から弦を締めるにはかなりペグを回す

弦交換で新品の弦を巻きつけるにはかなりの量ペグを回さないといけません。

数回程度ではなく数十回は回転させます。

 

ペグを手動で回すとなかなか巻き付け進まずイライラすることも。

ところがストリングワインダーを使えばペグの2~30回くらいあっという間に回せます。

例えるなら、ねじを指で回すかドライバーで回すか位違いますよ。

 

 

ストリングワインダー使用時の注意点

ペグ回しに便利なストリングワインダーですが、使い続けると注意点も見えてきました。

あまりにスムーズにペグを回せるため、調子に乗って回しすぎるとソッコーで弦が切れます。

ぼくも何度か新品の弦を切ってしまいました。

 

特に細い1弦は要注意。

ゆっくり慎重に回してください。

 

 

ストリングワインダーの種類

ペグを回すだけのストリングワインダーにもいろんな種類があります。

こちらで代表的な種類を紹介します。

 

低価格帯のストリングワインダー

初心者セットの付属品にも付いているレベルのストリングワインダー。

とにかく安いのが特徴。

ただしペグが穴にフィットしないため回すとグラグラします。

また先端部分が大きく隣のペグにぶつかってスムーズに回せないことも少なくありません。

ぼくも同じ経験ありです。地味にイラっとします。

品質や使い勝手にはこだわらずとにかく安いものが欲しい人向けです。

 

高級ストリングワインダー

1000円オーバーと少々高め。(※2020年8月現在)

ただ、この価格の高さは品質に現れています。

 

ストリングワインダー先端の穴がペグにしっかりフィットして回転がスムーズ。

スリムで無駄のない先端サイズなので隣のペグにぶつかる心配もありません。

良いものをずっと使い続けたい人向けです。

 

電動ストリングワインダー

自動で回転してくれる圧倒的な回転スピードが特徴。

トリガーを弾くだけでペグを回転させてくれます。

通常のストリングワインダーが手動ドライバーとするなら、こちらは電動ドライバー。

 

複数のギターを弦交換する場合や、とにかく短時間で弦交換を済ませたい場合に重宝します。

 

まとめ

ギター演奏のテクニックだけではなく、弦交換をスピーディーに済ませることもギター技術の一つ。

何事も適切な道具があれば驚くほど効率が上がります。

ストリングワインダーを使った弦交換で浮いた時間をギター練習に回せると考えれば、決して高い買い物ではありません。

これまで手動でペグを巻いていた方はぜひ試してみてください。

それでは。

 

こちらの記事も読まれています
ギターグッズを安く揃えるならこちら!

ネットで楽器関連グッズを探すなら!『サウンドハウス』

 

最低価格保証付き!楽器をやっているなら一度は見ておきたい
株式会社サウンドハウスが提供する楽器関連機材販売のインターネットサイト。私も使っています。
楽器本体から細かなパーツまで何でも扱っている圧倒的な品揃え。

驚きなのは取り扱い商品すべてに国内最低価格保証、世界最低価格保証が付いていること。

 

楽器を趣味にしている人なら使って損はありません。

たまったポイントで弦やピックなどの消耗品が買えるのもお得。

サウンドハウス
\ 今すぐ探す /
      • 購入後2週間の最低価格保証付き