アレクサ・Amazon echoの仕組みを理解すればもっと使い方が広がる!
「Amazon Echoでアレクサを使っているけど仕組みは正直よく分かってない。。」
アレクサって他に音楽を聴く方法はないのかな?」

いつもAmazon Echoに「アレクサ、~をかけて!」と話して音楽を聴いている、でも仕組みがよく分かってないし他の楽しみ方もあるんじゃないかと悩まれていませんか?

 

どうもこんばんわ。ネロです。

2017年ごろから日本でも急速に広まったAmazon Echo/アレクサ

「アレクサ、~をかけて!」と言うだけで音楽聴ける便利さはこれまでの生活に無い新しい体験を私たちに提供してくれました。

 

でもAmazon Echo/アレクサとは何なのか?どうやって音楽が聴けているのか?を理解して使っている方は少ないんじゃないでしょうか。

アレクサの仕組みを少し知るだけで、Amazon Echoで「アレクサ、~をかけて!」と言うだけではなくいろんな方法で音楽を楽しめます。

 

本記事ではAmazon Echo/アレクサの仕組みやAmazon Echo以外のアレクサの楽しみ方を書いていきます。

この記事を読んで自分自身にあったアレクサの楽しみ方を見つけてください。

 

スポンサーリンク

アレクサ、Amazon Echoとは何なのか?

まずはアレクサ、Amazon Echoとは一体何者なのか整理しましょう。

 

それぞれひとことで言うと次のように表せます。

  • Amazon Echo ⇒ AIスピーカ
  • アレクサ ⇒ 音声解析サービス

 

Amazon Echoとは「AI(人工知能)を搭載したスピーカ」のことで、内臓マイクで音声を認識し情報の検索や家電の操作を行います。

アレクサとは「Amazonが提供するインターネット上の音声解析サービス」のことで、Amazon Echoから送られた音声内容を解析してくれます。

(※アレクサのサービス名は ”Alexa Voice Service”と言います。 )

 

アレクサとAmazon Echoの関係を簡単な図にしてみましょう。

図中の番号順に処理が行われます。

 

 

ユーザが「アレクサ!~して」と発話した内容をインターネット上のアレクササービスが解析し、何をするか判断した結果をAmazon Echoに返す。

Amazon Echoはアレクサから受け取った結果を発話する。

ざっくり大まかに説明するとアレクサ・Amazon Echoはこのような仕組みで動いています。

 

 

アレクサで音楽サービスの音楽が聴ける仕組み

Amazon Echoからアレクサを使って音楽を再生するにはAmazon Echo + アレクサの他に音楽配信サービスが必要です。

例えばAmazonが提供している音楽配信サービス「Amazon Music」を例に説明しましょう。

 

前章で書いたようにアレクサは「ユーザがしゃべった音声内容を解析する」のがお仕事で音楽データは持っていません。

そこでAmazon Musicのような音楽配信サービスと連携して音楽を再生します。

 

音楽再生のイメージを簡単な図で見てみましょう。

 

アレクサは解析したアーティスト名・曲名で再生するようAmazon Musicに指示を出す。

Amazon Musicは指示されたアーティスト、曲をAmazon Echoで再生する。

このようにアレクサが司令塔となってユーザの発話内容を解析し音楽を再生しています。

 

スポンサーリンク

Amazon Echo+アレクサ以外の楽しみ方

ここまでAmazon Echoとアレクサがどんな仕組みで動いて音楽が再生されるかを書きました。

この仕組みを理解しておけばAmazon Echoとアレクサ、Amazon Musicの組み合わせ以外にもいろいろな楽しみ方が見えてきます。

 

逆に言えば仕組みを知らずに言われた通り使うだけだと、それ以上の使い方が分からないため応用が効かず使い道が広がっていきません。

でも本記事でこれまで説明した基本的な部分さえ分かっていれば、後は組み合わせを変えるだけで違う使い方が出来ます。

 

本章では僕も実践しているアレクサを使ったいろんな楽しみ方を紹介します。

 

Amazon Music 以外の音楽配信サービスを使う

Amazon EchoはAmazon Music以外の音楽サービスとも連携できます。

前章で紹介した音楽再生のイメージ図の「Amazon Music」部分がいろんな音楽配信サービスに変わると考えてください。

 

このようにイメージ図を思い浮かべれば、Amazon Musicが他の音楽配信サービスに変わっても使い方は変わらない事が分かり易いですね。

 

2019年7月現在、アレクサと連携できる音楽配信サービスは、spotify、Apple Music、dヒッツ、うたパスがあります。

それぞれのサービスで特徴があり今後もどんどん出来ることが充実していく事でしょう。

 

中でも2019年6月26日に発表された「アレクサのApple Music対応」はビッグニュースでした。

日本のスマホ市場では圧倒的にiPhoneユーザが多いためApple Music利用者も相当数いるはずです。

Apple Musicユーザの中にはアレクサ対応で非常に喜んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

ただしアレクサと連携する場合、音楽配信サービスによってアレクサとの相性があるため気を付けましょう。

 

 

なおアレクサと音楽配信サービスの連携は「Alexaアプリ」で行います。

Alexaアプリで音楽配信サービスと”アカウントリンク設定”を行うことで、アレクサと音楽配信サービスが互いに情報をやり取りできるようになります。

音楽配信サービスを変更する場合は、Alexaアプリを使って別の音楽配信サービスとアカウントリンク設定をします。

 

 

スマホでアレクサを使う

Amazon Echoが無くてもアレクサを使ってスマホで音楽を再生できます。

前章の図では省略していましたがアレクササービスを使うにはスマホの「Alexaアプリ」が必須。

そのAlexaアプリで音楽を再生しスマホのスピーカで聴くこともできます。

 

Amazon Echoに話しかけるようにAlexaアプリに話しかければ音楽を探し再生してくれます。

後はイヤホンを使う、スマホのスピーカを使うなど通常スマホで音楽を再生するのと同じように聴いてください。

 

ちなみにAmazon Music Unlimitedを使っている方の場合はAmazon Music アプリが便利。

Alexaアプリと同じように「アレクサ!~」とスマホに向かって言えば曲を流してくれます。

またジャンル指定での検索やおすすめアーティストなどから手動で曲を探しやすくなっており、スマホに向かってしゃべりにくい場面など手動で曲を探したいときに便利です。

Amazon Music アプリは以下のリンクから入手できます。

Google Play で手に入れよう

 

 

他のスピーカでアレクサを使う

Amazon Echoが無くてもアレクサを使って他のスピーカで音楽を再生できます。

一つ前の項目ではAlexaアプリを使ってスマホで再生できることを書きました。

その応用でスマホをAmazon Echo以外のスピーカへ接続すれば再生できます。

 

 

スマホとスピーカはBluetoothやAudioケーブルで接続してください。

「既に持っている音質の良いスピーカを使いたい」という方におすすめの方法です。

 

ただしAmazon Echoのようにスピーカへの発話で音楽再生はできません。

Alexaアプリに発話するかアプリ上で手動で音楽を再生する必要があります。

 

 

カーナビでアレクサを使う

車のカーナビでもアレクサを使って音楽を再生できます。

前の項目で紹介した別のスピーカで聴くための構成で、別のスピーカをカーナビへ置き換えて考えてください。

 

スマホとカーナビはBluetoothやAudioケーブル(AUX端子)で接続します。

ドライブ中でもスマホのAlexaアプリに「アレクサ!~をかけて」と普段と同じように音楽を楽しめます。

 

ただしスマホのデータ通信容量に注意してください。

Wifi環境が無い状態でインターネット上からスマホへ音楽データを流すためデータ通信が発生します。

定額サービスや上限指定のプランに入っていない方は高額請求にならないよう注意が必要です。

 

 

まとめ:いろんな方法でアレクサを使える

本記事ではアレクサを使ったいろいろな楽しみ方を紹介しました。

サービスの仕組みを理解すればもっと幅広い使い方が出来ます。

そうすれば今まで出来なかった新しい方法で音楽を楽しめるようになります。

 

一番シンプルな構成の「スマホでアレクサを使う」であれば今持っているスマホ+音楽サービスを加えるだけでアレクサを使って音楽を聴けます。

このインターネット全盛期に、声で音楽を聴ける新しい体験をしてみませんか?

それでは。

 

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク
おすすめの記事