音楽配信サービス+レンタルWiFi
「ドライブ中に聞く音楽がいつも同じで飽きてきた。。」

「音楽配信サービスは家ではWiFiで聴いているけど、外出先だとスマホの通信料が掛かるし・・」

本記事ではこんな疑問を解決します。

 

どうもこんばんわ。ネロです。

家族で長距離ドライブ中に頭を悩ませるのが車内での過ごし方。

基本は音楽を聴きながら移動しますがいつも悩んでいました。

  • カーナビに入れている音楽はいつも聴いているからあきた
  • CDに焼いた音楽も聴きあきた
  • 音楽配信サービスをスマホで流すとすぐに通信容量が上限値一杯になる

 

普段家では音楽配信サービス「Amazon Music 」を使って色んな音楽を楽しんでいますが、ドライブなど外出先ではスマホ通信容量が問題になってきます。

せっかくの音楽聴き放題がスマホ通信容量制限のために使えない。

かといって一日~数日のために通信プランを変えるのはもったいない。

 

そこで思いついたのが「レンタルWiFi」を使うこと。

レンタルWifiを使えば1日~数日の短期間でも外出先でWiFiを利用できるためスマホの容量を気にせず音楽聴き放題!

本記事ではレンタルWiFiってどんなものか、レンタルWiFiを使って音楽配信サービスで音楽を楽しむ方法を紹介します。

どうぞご覧ください。

 

スポンサーリンク

レンタルWiFiってどんなもの?

レンタルWiFiはWiFi環境を短期間だけ利用したいときにWiFi機器を短期間だけレンタルできるサービスのこと。

旅行や帰省、短期出張など利用シーンはさまざま。

無線でインターネットへ接続するWiFi環境にはWiFiルータが必要

Wifiルータ

家庭やオフィスで一般的なWiFiルータ

そもそも「WiFi」とは無線でインターネット接続する技術のこと。

メモ※厳密には特定会社のサービス名だったものが一般化しました。テトラポットと同じですね。

 

そしてインターネット接続には「ルータ」と呼ばれる機器が必要です。

家庭やオフィスなどWiFi環境があるところには必ずルータがあるはず。

スマホやパソコンはこのルータに接続することでインターネットが使えるようになります。

ルータの中でも無線で接続できるものが「WiFiルータ」と呼ばれています。

 

レンタルWiFiでは持ち運び可能な「ポケットWiFi」を使う

ポケットWiFiルータ

レンタルWiFiで使われる持ち運び可能なポケットWiFiルータ

家庭やオフィスのルータはある程度の大きさがあり、道路の電線からつながっている光回線からルータまでケーブルで接続されます。

また電源を取るためアダプターでコンセントにも接続されており、ケーブルやアダプターで物理的に接続されているため持ち運びは出来ません。

 

一方、レンタルWiFiは「ポケットWiFi」と呼ばれる持ち運び可能なルータ機器を必要な期間だけレンタルします。

スマホや携帯電話と同じように基地局を通して電波でインターネットへ接続するためケーブルは必要ありません。

電源も充電式バッテリーでコンセント接続も不要。

ついでに手のひらサイズでスマホと同じくらいの軽さ。

スマホからこの「ポケットWi-Fi」に接続してインターネットが使える環境を実現しています。

 

 

レンタルWiFiはどうやって使い始める?

レンタルWiFi利用の大まかな流れは以下です。

  1. インターネットで申し込む
  2. ルータ機器が郵送で届く
  3. 利用が終了したら郵送でルータ機器を返却

 

ポケットWiFiルータの受け取り、返却は物理的に必要な作業なので認識しておきましょう。

 

申し込み方法はインターネットが一般的

レンタルWiFiはインターネットサイトでの申し込みが一般的。

電話での申し込みも受け付けできない会社がほとんど。

一部、店舗で申し込み可能なサービスもありますが、店舗数は限られており多くありません。

手間とスピードを考えるとインターネット申し込みが良いでしょう。

メモ他の一般的なサービス同様、未成年者の申し込みは出来ませんのでご注意を。

 

 

WiFi機器が郵送される

申し込みが完了するとポケットWiFi機器が郵送されてきます。

お届け日数はサービス会社やお住まい地域によりまちまちですが、最短で翌日~数日程度と考えておきましょう。

またポケットWiFi機器は通信性能やプランにより複数機種用意されていることが一般的。

WiFiの在庫数には限りがあり在庫がない機種はレンタル申し込みできません。

 

利用終了時はWifi機器を返却

レンタル利用が終了したら宅配便や郵送でレンタル機器を返却します。

サービス会社から返却用の封筒がポケットWiFI機器と一緒に送られてくるため、封筒を用意したり宛名を書いたりする必要はありません。

もしレンタル機器を紛失したり破損した場合はサービス会社に連絡しましょう。

規定に従って弁償金額が支払代金に上乗せされます。

 

スポンサーリンク

レンタルWifiで音楽配信サービスをどうやって使うのか?

レンタルWiFi環境

レンタルWiFiが使えるようになれば音楽聴き放題の使い方はいつもと同じ。

普段、家庭で音楽配信サービスを使って音楽聴き放題を楽しんでいる方法をポケットWiFiを使って行うだけです。

家でWiFiに接続するのと同じイメージ

家でスマホからWiFiに接続するときは、スマホのWiFi設定からアクセスポイントを指定しますよね。

レンタルWiFiを使うときでもやり方は同じ。

スマホからポケットWiFi用のアクセスポイントに接続ればOKです。

 

スマホをレンタルWifiに接続する

ポケットWiFiの電源を入れると自動的にポケットWiFiでインターネット接続が出来るようになります。

スマホのWiFi設定を確認するとポケットWiFi用のアクセスポイント名が表示されているはず。

メモアクセスポイント名はサービス会社や機器によって異なります。

 

あとは該当するアクセスポイント名を選択すればOK。

 

音楽配信サービスはこちらの記事で紹介していますので併せてご覧ください。

 

レンタルWiFiの疑問

レンタルWiFiを使ったことがなければ色んな疑問が浮かんできますよね。

ここではレンタルWiFiに関する疑問点を解説していきます。

レンタルWiFi会社ごとに細かな違いはありますが、あくまで一般的にはこうですよ。という形で説明しますので参考にしてください。

値段はどれくらいかかるの?

プランや機種により様々ですが1日当たりの値段はおよそ400円~600円程度。

3日で1200円、7日間で3000円など各社で様々な料金プランが用意されているため事情にあった期間・料金を細かく選択できます。

1ヶ月使い放題定額プランもあるためガッツリ使いたい方にはおすすめ。

 

また利用料金とは別に送料が別途かかるため注意してください。

 

支払方法は選べるのか?

インターネット申し込みを採用している会社が多いため、基本的にはクレジットカード払いがほとんど。

銀行振込や代引きなどは一部の会社でしか用意されていません。

クレジットカードなら支払の手間もかからずカードのポイントも貯まります。

 

車で移動しながらでも通信が切れないの?

実際にレンタルWiFiで500km程度を運転しながら音楽配信サービスを使ってみましたが、途中で電波が途切れることはありませんでした。

現代では基地局も日本中に配備されているためスマホ通話も安定して行えますよね。

レンタルWiFiも同じで、よっぽどな山奥でなければ通信に問題が起きることは無いでしょう。

 

持ち運びしやすいの?

ポケットWiFi機器本体は小さく軽い手のひらサイズ。

スマホとだいたい同じくらいのサイズです。

持ち運びに困ることはまずありませんので安心してください。

ぼくはポケットWiFi使用時は携帯用のカバンに常に入れています。

 

 

まとめ

本記事ではレンタルWiFiとは何か、音楽配信サービスと併せて使うにはどうすればよいのかを解説しました。

音楽配信サービスは音楽聴き放題が一番の魅力。

聴いたことがない音楽、昔聴いていたけど忘れていた曲、懐かしい曲、など日々いろんな発見があります。

ぼくはドライブ中はもちろん、WiFi環境がない帰省先の実家でも音楽配信サービスを楽しむためにレンタルWiFiを使っています。

 

 

ぼくと同じように、

「〇〇でもWiFi環境が使えたらな~」

と悩んでいるあなたにピッタリのレンタルWiFiサービス。

ぜひ試してみてください。

それでは。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事