オーディブルと紙の本を使い分けるポイントとは?『メインは書籍』
「オーディブルと書籍の本はどちらを使うべき?」



「どちらも使っている人はどう使い分けているの?

本記事ではこんな悩みを解決します。

どうもこんにちは。Amazon で音楽も本も楽しんでいるネロです。

 

Amazonサービス「オーディブル」は、本を聴くという新しい体験を提供してくれます。

紙の書籍を読んでいるからオーディブルはいらないよ、という人も多いかもしれません。

でも、実は”紙とオーディブルのどちらかを選ぶべき”という考えがそもそもの誤り。

オーディブルと書籍を日常のシチュエーションで使い分ければ、読書効率が一気にアップします。

 

本記事では、ぼくが実践している紙の本とオーディブルを使い分けるポイントを解説します。

本記事を読めば紙の本を読んでいてもオーディブルを活用できる方法が分かります。

それではご覧ください。

\ 今すぐ試す /
      • 無料期間後も月々1,500円
      • 12万冊以上の作品が聴き放題
      • プロの声優や俳優の朗読も楽しめる

オーディブルで紙の本をカバーする

オーディブルと紙の本を使い分けるポイントとは?『メインは書籍』2

 

 

ぼくがオーディブルを使うスタンスはこちら。

「読書の基本は書籍、オーディブルはオプション。」

 

普段の読書はあくまで紙の本をメインに、どうしても本を手に取れないときにオーディブルを使っています。

 

「オーディブルを使う」ことが目的ではない

オーディブルを使うことだけが目的になると続きません。

なぜならオーディブルはあくまで本を読むための手段の一つ。

厳密にいえば”聴く”ため”読書”ではありませんが。。

 

目的は本を読むこと、本の中身を知ることです。

ただオーディブルを使ってみたいという理由だけで、そもそも本の中身に興味がなければすぐに聴くのをやめてしまいます。

 

もちろん、

「本当は本を読みたいけどどうしても続かない。」

「文字を読むより声で聴いた方が理解しやすい。」

という方であれば試す価値は十分。

 

紙の本を読む延長線上にオーディブルはあります。

こちらの記事ではオーディブルの向き不向きを解説していますのでご覧ください。

 

本が手に取れない時はオーディブル

ぼくがオーディブルを使うシチュエーションは本を手に持てないとき。

オーディブルであれば手がふさがっていても本を楽しめます。

たとえば、ぼくはバス通勤中にオーディブルをよく使っています。

バスで本を読むと車酔いするため、書籍は読めません。。

 

ほかにも、庭の草むしり中、家事中、車の運転中など日常でオーディブルが活躍するシーンはさまざま。

 

また、アレクサと連携すれば、スマホがなくても声だけで本を再生できます。

家事中に両手がふさがっていても声でAmazon Echoから本を聴けますよ。

 

今まで本を手に取れない時間も読書へ

メインは書籍、オーディブルをオプションとして使うことで、読書できる時間が増えました。

そもそもバス通勤中や運転中はこれまで本を読めなかった時間。

本を読めなかったシーンで本を聴けるようになれば、本に費やする時間はアップします。

 

「だったらオーディブルだけ使えばいいんじゃない?」

と思われるかもしれません。

でもオーディブルが必ず効率的というわけでもありません。

こちらの記事で解説しているように、どちらかといえばオーディブルよりも書籍の方が向いている方もいます。

 

ぼくは書籍を基本にして、本を読めない時にオーディブルを使う方法が一番効率的でした。

 

ずっと残しておきたい本は紙

オーディブルと紙の本を使い分けるポイントとは?『メインは書籍』3

 

前の章では、書籍とオーディブルを使い分けるポイントを読書の効率化視点で説明しました。

でもぼくは効率化に関係なく、ずっと手元に残したい本は書籍を選びます。

 

サービスはいつ停止してもおかしくない

オーディブルのようなサブスクリプションサービスは、サービスが終了したら当然本は聴けなくなります。

そして、サービス終了はユーザ側からコントロールできるものではありません。

サービス提供元に従うしかないのが現状です。

サブスクリプションサービスだとコピーも出来ないためバックアップもNG。

本の保管方法を自分で制御できないため、ずっと取っておきたい本を読むのには向いていません。

機械の寿命は意外と短い

オーディブルを使うためにはスマホやタブレットを使っていることでしょう。

でもスマホなどは長期保管には向いていません。

 

たとえば10年以上同じスマホを使っている方がどれくらいいるでしょうか。

数年おきに買い換えている方がほとんどでしょう。

一方で紙の本であれば数十年は保管できます。

再生できる機器もなくなってくるため。デジタルデータは意外と長期保存には不向きなんです。

 

もちろんバックアップを定期的に取っているような環境があれば別です。

でも一般ユーザでそこまでしっかりした環境を構築している方はほとんどいないはず。

ずっと取っておきたい本を買いたいとき、ぼくは書籍を選ぶようにしています。

 

オーディブルに向いている本は?

オーディブルと紙の本を使い分けるポイントとは?『メインは書籍』4

 

ここまでオーディブルを使いわけるポイントを書きました。

ここでは、ぼくがどんな本をオーディブルで聴いているかを解説します。

 

結論からいえば、オーディブルを使うのは聴き流せるタイプの本がよいです。

 

オーディブルで避けているジャンル

ぼくは小説、物語系はオーディブルで聴かないようにしています。

なぜなら、物語の内容に入り込みすぎると周りに意識が届かず危険なためです。

バス通勤くらいならまだよいですが、車の運転中に話にのめり込んでしまうとめちゃくちゃ危険。

また小説の場合、話の一部を聞き逃すと続きの内容が分からなくなります。

物語の世界に入り込んで読みたい小説、物語系は、本の書籍を買って読むようにしています。

 

オーディブルで聴いているジャンル

ではどんな本をオーディブルで聴いているのか?

ぼくはビジネス書、雑学系などの本をオーディブルで聴いています。

小説のように物語に入り込むことがないため、それほど危険なこともありません。

また、ビジネス書は章ごとに内容が完結していることが一般的。

章で完結していれば、内容の一部を聞き逃しても続きを聴き続けられます。

 

まとめ:あなたに合った使い方を

近年では、社員の自己啓発にオーディブルなどのオーディオブックを推奨している企業もあるようです。

通勤中の自己啓発をうながしているわけですね。
WBSでも紹介されていました。

 

でも必ずしもオーディブルだけを使わなければいけない、というわけではありません。

逆に、はじめから紙の本だけしか使わないと決めてしまうのもちょっともったいない話です。

無料期間を上手く使って、あなたにあった使い方を探してみてください。

それでは。

\ 今すぐ試す /
      • 無料期間後も月々1,500円
      • 12万冊以上の作品が聴き放題
      • プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
コメントを残す

関連キーワード
『Audible』本を”聴く”という新しい体験!いつでもどこでも読書を

圧倒的な作品数を誇るAmazonオーディオブックサービス!『Audible』

和書から洋書まで幅広い作品数!Amazonユーザなら選んでおいて間違いなし。
Amazonが提供するオーディオブック聴き放題サービスです。
プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴ける新しい感覚を体験可能。
Audibleではは和書12万冊以上の作品が聴き放題。
車やバス通勤、家事、散歩中など本を読めない環境でも読書を楽しめます。
\ 今すぐ試す /
      • 無料期間後も月々1,500円
      • 12万冊以上の作品が聴き放題
      • プロの声優や俳優の朗読も楽しめる