HISASHIのかっこいいギターが光る!コピーして楽しいGLAY名曲5選!
「GLAYの曲でHISASHIのギターがカッコイイ曲が知りたい。でも全曲聴くのはとても無理。だからてっとり早く誰か教えてくれないかな。」

 

 

どうも、こんばんは。”ネロ”です。

90年代に大ヒット曲を連発し一躍日本を代表するロックバンドになった「GLAY」。

 

全盛期に比べると最近はTVに登場する回数も減り、曲自体をあまり知らない人も多いんじゃないでしょうか。

かつてのヒット曲であるBELOVEDやHoweverのようなラブソング・バラードの印象が強いGLAYですが、実はギターがめちゃくちゃかっこいい曲も多いんです。

 

ぼくもギタリストの端くれとしてGLAYが大好きでかなりの曲をコピーしました。

実際コピーしてみると、それまで知らなかったギターがとても激しくてかっこ良い曲がたくさんあったんです。

ギターパートをコピーしていてとても楽しく気持ちが良かったです!

 

本記事ではそんなGLAYの中でもとりわけHISASHIさんのギターがかっこいい曲を厳選して紹介します。

ギタリストの方はぜひコピーしてみてください。

 

こんな人におすすめ
  • GLAYでギターがかっこいい曲が知りたい
  • GLAYの曲をコピーしてみたい

 

スポンサーリンク

HISASHIギターがかっこいいおすすめ曲『黒く塗れ!』

収録シングルBLEEZE~G4・III~ (CD DVD)

イントロからさく裂するピッキングハーモニクスの”キュウィ~~ン”という高音!

ギターソロでも”キュウィ~~ン”となったかと思うとすぐさま光線銃の電子音が放たれる!

まさにHISASHIさんギターの得意技がこれでもかと言う位さく裂している一曲です。

 

イントロの激しいドラムとHISASHIさんギターの狂ったようなピッキングハーモニクス(笑)が絶妙にマッチしていますね。

 

またこの曲には曲中でピタッと全体の演奏が止まる箇所があり、”動”と”静”がハッキリしていて曲にメリハリを出しています。

HISASHIさんが好きなように弾きたいために作った曲なんじゃないかと思えてきます。
メモピッキングハーモニクスとは?
押えているフレットポジションの音程よりも高い「キーン」という金属的な高音を出すギターの演奏方法です。
弦をピッキングした直後に(ピッキングした手の)親指の側面を弦にあてて、押えているフレットポジションの音程よりも高い「キーン」という音を出します。
ある程度歪ませた状態でピッキングハーモニクスを出すと、「キュウィ~~ン」というとてもカッコイイ音がでます。

HISASHIギターがかっこいいおすすめ曲『All I WANT』

収録アルバムTHE FRUSTRATED

2004年3月24日にリリースされたアルバム『THE FRUSTRATED』収録の本曲。

いきなりHISASHIさんの激しいソロギターリフで始まるというサービスぶり!ガッチリと気持ちを掴まれてしまいました。

 

この曲を一言で表すと”重くて強い”!

タイトル通り「あなたのすべてが欲しい」という内容の歌詞が展開されていきます。

 

”そこにある危機”、ヒステリックな闇”といったダークなフレーズがあちこちに散りばめられており、闇を感じさせる一場面も。

そうかと思いきや”We can go!”と連呼する姿は「やれば出来る!」自分を鼓舞する前向きで強い意志も感じさせる。

そんな重さ強さを歌った曲だと感じました。

 

そしてHISASHIさんのギターが曲を一層重く・力強く色づけしています。

イントロのギターリフ、バッキング、ギターソロと一貫して激しい歪の重い音。

GLAYにはちょっと珍しいハードロックな一曲です。

  • いやー、本当にカッコイイ!この言葉しか出ません。

 

スポンサーリンク

HISASHIギターがかっこいいおすすめ曲『My Private "Jealousy"』

収録アルバム

2013年1月23日にリリースされたアルバム「GUILTY」収録のスリリングな一曲。

HISASHIさん、TAKUROさんによるツインギターが前面に押し出されたギター好きにはたまらない曲です。

 

アルバムバージョンでは冒頭に島健によるオーケストレーション「Red moon & Silver sun」が追加されており、荘厳な音楽作品になっています。

 

TAKUROさんギターはバッキングで低音を刻み、HISASHIさんギターのメロディーが曲を作る。

サビでは二人のギターがまるで会話をするように交互にメロディーを奏でる。

ソロではツインギターがきれいにハモりエンディングになだれこむ。

HISASHIさん、TAKUROさんのツインギターを堪能できる一曲です!

実際ギターをコピーしてとても気持ち良く弾けました。

 

 

HISASHIギターがかっこいいおすすめ曲『天使のわけまえ』

収録アルバムTHE GREAT VACATION VOL.1~SUPER BEST OF GLAY~

2009年6月10日にリリースされたアルバム「THE GREAT VACATION VOL.1~SUPER BEST OF GLAY~」収録の少しダークな雰囲気を漂わせる一曲。

メモ「天使のわけまえ」とは醸造中のワインやウイスキーが蒸発してわずかに減った分を言い表す言葉です。

 

「天使のわけまえ」ではHISASHIさんギターは激しく弾きまくったり、ピッキングハーモニクスを鳴らしまくってる訳ではありません。

しかし低音弦を中心とした音数少ないフレーズで、ダークで重たい雰囲気を見事に表現しています。

例えばサビでHISASHIさんが弾いてるバッシング。

単音でシンプルなギターフレーズながら、バンド全体で聴くとずっしりと重々しく曲全体のイメージをバシッと決めています。

シンプルなギターでもこれだけ聴かせる事が出来るHISASHIさんはやっぱりカッコいい!

 

またこの曲ではTAKUROさんギターのクリーンなバッキングも魅力的!

ささやくようなタッチでリズミカルにフレーズが奏でられていて最高にクールです。

クリーンで雰囲気のあるフレーズをコピーするのが大好きです。

 

 

TAKUROさんはソロ活動でも存分にギターセンスを発揮しています。こちらの記事で紹介していますのでご覧ください。

 

HISASHIギターがかっこいいおすすめ曲『a Boy ~ずっと忘れない~』

収録アルバムBELOVED

1996年11月18日に発売されたメジャー3作目のオリジナル・アルバムに収録されたバラード曲。

GLAY全盛期に有名になった名バラードですね。

 

本記事で紹介している他の4曲は全て激しいロックテイストな曲ですが、あえてバラードである「a Boy ~ずっと忘れない~」を選びました。

それはアコースティックギターのカッコよさを感じられる曲だから。

 

「a Boy ~ずっと忘れない~」では一曲通してアコースティックギターが使われています。

中でもHISASHIさんのアコギのソロが秀逸!

はかなさと哀愁を感じさせるフレーズは何度聴いても胸に染みます。

エレキギターで弾くハードなフレーズのイメージが強いHISASHIさんですが、アコースティックフレーズも味があって良いですね!

 

HISASHIギターがかっこいいおすすめ曲:まとめ

 

本記事ではHISASHIさんギターがかっこいいGLAY曲を紹介しました。

  • 『黒く塗れ!』
  • 『All I WANT』
  • 『My Private "Jealousy"』
  • 『天使のわけまえ』
  • 『a Boy ~ずっと忘れない~』
どれもHISASHIさん、TAKUROさんの切れ味あるギターが聴けます!

 

実際にコピーしてみるとこれまであまり聴いていなかったフレーズやハーモニーなど、細部まで聴き込むのであらためて曲のよさに気付けました。

曲全体だけではなく、たまには楽器に注目して聴いてみるのも良いですよ。

それでは。

GLAYおすすめ曲まとめ記事に戻る場合はこちらから

あわせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事