オーディブルの無料体験は2回目でもできる!『条件は非公開』
「オーディブルの無料体験を使ったあと解約してしまった。



「一度退会したあと、また会員に登録するときには無料体験は使えないの?」

本記事では、このような悩みを解決します。

オーディブルを通勤で楽しんでいるネロです。

 

Amazon が提供するオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」は、初回登録時に30日間無料体験の特典がついています。

無料体験は”初回”だけなので、1度退会してもう一度会員になるときには使えません。

でも、オーディブルでは2回目の会員登録でも無料体験が使えることがあります。

本記事を読めば、1度オーディブルを退会したとしてもお得に再開できます。

それではご覧ください。

 

解約から1年以上

オーディブルの無料体験は2回目でもできる!『条件は非公開』2

 

オーディブルを解約して1年以上たつと、Amazonから「無料体験が可能になった」という内容のメールが届きます。

メール内には、

「お客様はAudibleをもう一度、1か月間無料でお楽しみいただけます。ぜひこの機会に、いま人気のタイトルをお楽しみください。」

という内容が書かれているため、もう一度オーディブルに登録すれば無料体験が受けられると判断できます。

一度でも登録したことがあるアカウントは2回目からは無料期間が使えないサービスも多い中、1年以上経てばもう一度無料期間が使えるのはありがたいですね。

 

 

公式ヘルプには記載なし

オーディブルの無料体験は2回目でもできる!『条件は非公開』3

 

では、1年以上たてば再登録をうながすメールが届くのは公式な動作なのでしょうか。

結果からいえば、オーディブル公式の動作なのか分かりませんでした。

オーディブル公式ヘルプを探しましたが、2回目からの無料期間についての記事は見つけられません。

おそらく公開していない仕様なのでしょう。

 

 

無料体験ができるか判断する方法

オーディブルの無料体験は2回目でもできる!『条件は非公開』4

 

前回の解約から1年以上経ったかどうか、正確に覚えている方の方が少数派でしょう。

ぼくも1年前の操作を覚えている自信はありません。

 

でも無料体験が使えるかを判断する方法はあります。

Amazonオーディブルサイトで「無料体験を試す」ボタンが表示されていればOK。

オーディブルの無料体験は2回目でもできる!『条件は非公開』_Screenshot_20220205-112939

 

こちらからオーディブルサイトにアクセスして、”無料体験を試す”と表示されているかを確認しましょう。

 

 

オーディブルを解約する方法

オーディブルの無料体験は2回目でもできる!『条件は非公開』5

 

1度解約しても2回目の無料体験を使えることを解説しました。

でもオーディブルの解約には注意点もあります。

ここでは、オーディブルを解約するときの注意点を紹介します。

 

スマホサイトからは解約できない

オーディブルの解約ができるのはPCサイトからだけ。

スマホサイトからは解約メニューが表示されません。

ただし、スマホからでもブラウザのPCモードでオーディブルサイトを表示すれば、解約できるようになります。

PCサイトをスマホ画面で縮小してみているイメージですね。

 

会員資格終了まではキャンセル可能

解約手続きをしても、すぐに解約されるわけではありません。

オーディブルの契約は毎月の支払ごとに更新され、1カ月間使えるようになります。

前払い式なので、解約しても前回支払いから1カ月間はそのまま使えます。

 

スマホサイトでの解約方法や会員資格終了までキャンセルできることなど、オーディブルの退会についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

休会という方法も

オーディブルの無料体験は2回目でもできる!『条件は非公開』6

 

オーディブルには、退会とは別に休会という仕組みが用意されています。

休会手続きをすると、会員資格を持ったまま利用料金の支払いがストップします。

支払いがない間は当然聴き放題ができません。

そして、休会期間が過ぎると自動的に会員に戻り支払いも発生するようになります。

解約は永久的な処理、休会は一時的な処理とイメージしてください。

 

こちらの記事で、オーディブルの休会について詳しく解説しています。

 

 

まとめ:ユーザを戻す戦略

無料体験を何度も使えるようにするのは、ふつうに考えるとAmazonの利益にならなそうです。

でも一度解約したユーザがオーディブルに戻りやすくなります。

おそらくAmazonとしては一度はなれたユーザにまた戻ってもらいやすくし、サービス利用者数を増やす方針なんだろうと感じます。

 

文中に書いたように公式情報には書かれていないので、本当の仕様は分かりません。

でもユーザからすれば便利な仕様であることは確かです。

上手く活用してオーディブルを何度でも楽しみましょう。

それでは。

 

 

コメントを残す

関連キーワード