スカルプDネクストの脂性肌用・乾燥肌用どちらも使って感じた違いとは? (1)

「スカルプDネクスト オーガニックの脂性肌用、乾燥肌用って何が違うの?」


「自分にはどちらが合ってるのか分からない?」

この記事ではこんな悩みを解決します。

どうもこんばんわ。

ANGFA社から販売されているシャンプー「スカルプDネクスト」を使い始めて2年以上のネロです。

 

ぼくが使っている「スカルプDネクスト オーガニック」のラインナップは脂性肌用、乾燥肌用の2種類。

フケが多く頭皮が乾燥気味のぼくは乾燥肌用を普段使用していますが、あるとき間違えて脂性肌用を購入してしまいました。

ただ、捨ててしまうのはもったいないためこのまま使ってみることに。

おかげで脂性肌用、乾燥肌用のどちらも使うことができ、それぞれの違いを体感できました。

 

本記事ではスカルプDネクスト オーガニックの脂性肌用、乾燥肌用の違いや、実際に使って感じたことを紹介します。

脂性肌用、乾燥肌用のどちらを利用するか迷わずに選べますよ。

それではご覧ください。

 

脂性肌用、乾燥肌用では何が違うのか?

スカルプDネクスト オーガニックの脂性肌用、乾燥肌用ではシャンプー後の仕上がり感が違います。

髪のハリコシ感・ボリューム感は脂性肌用が上です。

逆に乾燥肌用の方がしっとり感がありました。

 

乾燥肌用は頭皮の皮脂を必要以上に落とさず、保湿成分でバリア機能を整えてくれます。

そのため髪の皮脂成分が落とされずしっとりした状態が保てます。

一方で脂性肌用は余分な皮脂を取り除き、適度な皮脂分泌状態に整える働きが。

皮脂成分でべた付いた髪の毛から余分な脂分が落とされてふんわりとしたボリューム感が保てます。

 

脂性肌用、乾燥肌用のどちらも価格は同じです。

またどちらも同じ容量なのでシャンプーが持つ期間は変わりません。

 

 

脂性肌用、乾燥肌用はどうやって判断すればよい?

「自分の頭皮は脂性肌用か乾燥肌用か分からない。」

頭皮がよほど極端に脂ぎっているかカサカサでない限り、自分の頭皮が脂性肌か乾燥肌かを見分けるのは難しいですよね。

 

頭皮タイプチェックで簡単に分かる

ANGFA公式サイトには”頭皮タイプチェック”が用意されています。

 

 

 

頭皮タイプチェック結果で脂性肌用、乾燥肌用のどちらを使うべきか決めてください。

頭皮タイプチェックでは全14問の質問に順に答えていくだけ。

あまり深く考えすぎずに頭皮の様子をそのまま答えていきましょう。

最後にチェック結果に応じたおすすめの製品が表示されますが、欲しい製品とは限らないためあくまで参考程度に考えてください。

ちなみにぼくは乾燥肌タイプでした。

 

 

ボトルの見分け方

スカルプDネクスト オーガニックのボトルは脂性肌用、乾燥肌用でほとんど違いがありません。

ボトルサイズや形も全く同じでぱっと見で見分けが付きにくいです。

見分けるポイントはラベルの色とタイプ名称の2つ。

 

脂性肌用はラベル文字の色が茶色で乾燥肌用は紺色です。

またタイプ名称に脂性肌用は「OILY SHAMPOO」、乾燥肌用は「DRY SHAMPOO」と書かれています。

スカルプDネクストの脂性肌用・乾燥肌用どちらも使って感じた違いとは?

ラベル色とタイプ文字列で見分ける

 

 

普段と違う脂性肌用を使ったらはっきりとした違いが

ぼくは乾燥肌なので普段使っているシャンプーは乾燥肌用。

そんなぼくが普段と違う脂性肌用シャンプーを使ったときに感じたことを紹介します。

 

シャンプー直後の指通りがはっきり変わった

普段、乾燥肌用シャンプーで洗った後は髪の毛の質感はさらさら。

でも脂性肌用で洗った後は明らかに髪の毛がパツパツになりました。

手で頭を触ってみても指どおりが悪く引っかかる感じです。

 

おそらく乾燥肌気味の頭皮や髪の毛に脂性肌用シャンプーの効果で脂分が落とされた。

もともと脂分が少ない状態でさらに脂が落とされて髪がパツパツになったのでしょう。

 

フケが少し出るように

元々フケが多かった僕ですが、スカルプDネクストオーガニックを使い始めてフケが格段に減りました。

でも脂性肌用を使ってみると少しフケが戻ってきたと感じます。

もともと脂分が少ない状態でさらに脂が落とされ、頭皮がカサカサになってしまったのかもしれません。

 

 

乾燥肌用と変わらない部分も多い

脂性肌用シャンプーでも乾燥肌用と変わらない部分も多くありました。

スカルプDネクスト独特のほんのり柑橘系のいい香りはどちらでも変わりません。

芳香剤のようなキツイ匂いでは無いため不快感なく洗えます。

 

また泡立ち具合も変わりません。

1プッシュで男の髪の毛を洗うには十分すぎる泡立ちが得られました。

 

 

まとめ:頭皮タイプに合ったシャンプーを使おう

自分の頭皮タイプと違うシャンプーを使うと、洗った後の髪の仕上がりに明らかな違いがありました。

頭皮タイプに合ったシャンプーを選ぶことが大事です。

 

そのためにもスカルプDネクストを選ぶ時には頭皮タイプチェックを行いましょう。

自分の頭皮タイプに合ったスカルプDネクストを使えばコシのある髪が得られますよ。

それでは。

こちらの記事も読まれています