「ギターを始めても続くの?」と心配で迷うあなたにレンタルのすすめ
「ギターを始めたいけど長く続けられるかな。。」
いきなりいいギターを買うお金もないし。」

ギターを始めるときって誰でも不安なんです。

特に周りにギターをしている人が居ない場合、試しにギターに触ってみることも出来ません。

未知の世界に飛び込む分けなので心配になって当たり前です。

 

 

人が不安になる・心配になるのは理解できないことがあるとき。

つまりギターがどんなものか分からない・知らないからどんどん不安が増していくわけで、解消するには一度ギターに触れてみればいいんです。

でも周りに借りれる人もいない、近くに楽器店もない、とあきらめていませんか?

そんなときはギターレンタルサービスを使ってみましょう。

 

本記事ではギターにとりあえず触れてみたい人にピッタリなギターレンタルサービスを解説します。

本記事で紹介するサービスを使えば「せっかくギターを買っても押し入れに入れっぱなしになるんじゃないか。」と心配することも無くなります。

それではご覧ください。

 

ぼくがギターを始めた時に失敗したこと「ひどい状態の中古ギター」

まずは、ぼくが初めてエレキギターを手にした時の失敗談をお話しします。

 

リサイクルショップで中古の古いエレキギターを買った話

初めてのエレキギターはリサイクルショップで購入した中古品。

ギターに興味を持ち「ちょっと弾いてみたいな~」と何となく感じていた当時は学生でお金も無く楽器屋さんで新品を買うお金も用意できませんでした。

ある時ふらっと立ち寄ったリサイクルショップにギターが並んでいるのを発見。

確か2000円~3000円程だったと思いますが「これなら買える!」とあまり深く考えずに購入することに。

 

その時のぼくはギターのことも何も知らない初心者以下の状態。

アンプが必要なことも知らず家に帰っていざ弾こうとしても音が出ません。

シールドやチューナーも無く、ぼろぼろの弦を交換できる知識もありませんでした。

その後楽器店でエレキギターと必要な道具一式を買うまで、まともに音を出せずにギターが部屋の飾りになっていました。

シールドとアンプが揃った後に中古ギターをつないで音を出してみましたが、ガリノイズがひどくまともに演奏は出来ませんでしたね。

 

 

当時はギターをレンタルする選択肢はなかった

ぼくが初めて中古エレキギターを買った頃は、今のようにインターネット環境も充実しておらず手軽にギターをレンタルできるサービスもありません。

音楽雑誌で見るレンタル可能なお店も東京近郊ばかり。

都心に住んでいないぼくには遠い存在でした。

また周りにギターを持っている人も居なかったため誰かに借りることもできず、中古品の中でも格安で状態の悪いギターを購入してしまったんです。

 

今になって実際にギターレンタルサービスを使ってみて感じたのは、

「中古品を買ってしまったギターを始めた当時にレンタルしてみたかった。」

ということ。

状態の良いギターで機材もそろっていてすぐに音を出せる環境は当時のぼくに送ってあげたいですね。

 

ギターレンタルは高い!?レンタル=サブスクとは限らない

「ギターを始めても続くの?」と心配で迷うあなたにレンタルのすすめ2

ギターレンタルサービスの種類は大きく2つ。

  • 1日や2日など短期のピンポイント利用
  • 定額使い放題の長期利用

 

車に例えるならピンポイント利用はレンタカーです。

1日~2泊3日程度の利用がメインで、料金も数千円~数万円という額。

一方、定額使い放題の長期利用はカーリースやサブスクサービスにあたります。

月に数万の料金で車オーナーになれてずっと使い続けられます。

 

これまでのギターレンタルサービスはピンポイント利用が多く、イベントやライブ、結婚式など使いたいときだけ借りられました。

料金も1日数千円、2泊3日で数万など決して安いとは言えない金額です。

 

一方、最近多くなってきたものは定額使い放題の長期利用を前提としたサービス。

使いたいときだけのピンポイント利用ではなく、一定期間を一定の価格でずっと借り続けられるイメージです。

一月あたり数千円で1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月などの決まった期間で使えます。

いわゆるサブスクリプションサービスですね。


1日あたりの金額で考えるとピンポイント利用に比べて定額使い放題で長期利用の方はかなり安いと言えるでしょう。

 

地方でも関係なし!ネットサービスの強み。

「ギターを始めても続くの?」と心配で迷うあなたにレンタルのすすめ3

楽器店や音楽スタジオなどでもギターをレンタルできるお店はあります。

ただし地方だと楽器やスタジオはその辺ですぐに見つかるものではありません。

楽器店以前にそもそも店自体が少ないですよね。

 

また都会に住んでいたとしても、重たい楽器や機材一式を家まで運ぶのは重たくて大変です。

その点、インターネットサービスならネットで申し込みが完了し家まで宅配してくれます。

 

中古ギターを買った方がいいのか?

「ギターを始めても続くの?」と心配で迷うあなたにレンタルのすすめ4

「お金もない。長く続けられるか分からない。でもとりあえずギターを触ってみたい。」

そんなあなたには中古ギターよりレンタル(サブスクリプション)をおすすめします。

「絶対続ける!」という方は中古と言わず新品のギターを買いましょう。

レンタルギターならすぐにギターを弾ける環境が整っている

初めてギターを手にしたときに重視したいのは「すぐにギターで音が出せる」こと。

ギターで音を出すまでに時間や手間が掛かってしまっては、ギターの良さを感じる前にあきらめてしまいます。

 

何も分からない状態で中古品を買おうとすると、エレキギターで音を出すまでのハードルがそれなりに高いもの。

先ほど書いたようにぼくも中古の格安ギターを買って失敗した過去がありました。

レンタルギターなら基本的なメンテナンスはしてありますし、交換用の弦や付属品も一式付けられます。

つまり「とりあえずギターをアンプにつないで音を出す」がすぐに実行できる環境が整っている。

 

ギターはもっと気軽に始めてみて良い

「ギターを始めたいけど長く続けられるか分からない。」

そんな悩みに対して、

「長く続けられる覚悟ができるように、逃げ道を作らないように、最初から良いギターを買うべき。」

という意見も聞かれます。

 

確かに”頑張って練習しよう”と自分を追い込むためには一つの方法かもしれません。

でも例えば何かスポーツを始めたい、ちょっと料理をはじめたい、という時はそんなに深刻な覚悟は持ちませんよね?

ぼくは楽器ってもっと気軽に取り組んでいいと思っています。

だれもがプロを目指すわけでも、ストイックに打ち込みたいと思っている訳ではありません。

手軽にギターに触れてみるにはサブスクリプションサービスってピッタリですよ。

 

個人で試すなら!おすすめレンタルサービス

スターペグミュージック

これまでギターレンタルサービスで手軽にギターを始められることを話してきましたが、行動しなければ何も始まりません。

色々と悩み続けるよりもまずはギターに触ってみましょう。

ここでは個人で使える定額使い放題ギターレンタルサービスを紹介します。

 

格安ギターレンタルのスターペグミュージック

2020年よりサービスが開始されたギターサブスクリプションサービス「スターペグミュージック」。

最安で1,149円/月~という驚きの価格で、1ヶ月、3か月、6ヶ月からプランを選べる柔軟性も魅力的。

レンタル期間やギターのグレードにより価格は変わります。

 

またギター演奏に必要なアンプなどの付属品セットをオプション(別料金)で付けることもできます。

エレキギターとアコースティックギターが用意されており、エントリーモデルからハイブランドまでバランス良く選べます。

お手頃価格でギターを体験してみましょう。

\ 今すぐ試す /
      • 1ヶ月からレンタル可能
      • 万が一のトラブルに備えた安心パック
      • アンプなどの関連機材もレンタル可能

 

まとめ:楽器を始めるためには勢いも大事

何事もやる前からあまり深く心配しすぎても前に進めません。

ギターをはじめる一歩を踏み出すには勢いも大事。

弾いてみて自分にはやっぱり合わないと感じたらレンタル期間を終了すればいいだけです。

気楽に「ギター」を体験してみましょう。

 

レンタル手順や体験談を知りたい方はこちらの記事がおすすめ。

初心者向けのギターレンタルサービス『スターペグミュージック』。

ギターを買う前にちょっと試してみたい。そんな要望に応えてくれるのがギターレンタルサービス。
なかでもスターペグミュージックは格安でレンタルでき初心者にもおすすめです。

 

こちらの記事も読まれています