自動車保険の自転車特約で保険料を安くし管理を楽にしよう!

「自転車の保険って何を選べばよいかよく分からない・・」

 

このように悩んでいませんか?

どうもこんばんは。ネロです。

 

「【~2019年】イヤホン使用の自転車事故判例。大学生や高額賠償も!」で紹介しているように自転車事故で高額賠償を請求される事例が増えています。

今後は自転車に乗るには保険が必要になっていくのは間違いありません。

 

「でも、あれこれ保険を増やしたくないな・・。」

誰もがそう思いますよね。

 

しかし車も自転車も運転する方は、自動車保険の自転車特約を付ければ保険料が安くなり保険の管理も楽になります。

 

実際にぼくも自動車保険の自転車特約を利用し自動車保険料も安く出来ました。

 

本記事では自動車保険の自転車特約について紹介しますのでご覧ください。

 

自転車保険でカバーすべき保障内容

自転車の事故で備えておくべき保障は以下の2つです。

  • 自転車事故のけがに対して備える「傷害補償」
  • 自転車事故の相手に対して備える「損害賠償責任補償」

自転車に乗っていてケガをした場合に保険金が支払われるものが障害補償。

一方、自転車に乗っていて他人にケガを負わせてしまったり他人の物を壊してしまったときに保険金が支払われるものが損害賠償責任補償です。

特に過去の自転車事故の判例では損害賠償額が数千万円に上る例も多いため損害賠償責任補償は必須といえるでしょう。

メモ補償内容の名前は保険会社の商品によって違います。ここでは一般的とな「傷害補償」「損害賠償責任補償」という言葉を使っています。

 

 

自動車保険の自転車保険特約とは?

自動車保険のなかにはオプションとして”自転車特約”が付けられるものがあります。

月々の支払額にいくらかプラスしてこのオプションを付けることで、自動車事故の補償に加えて自転車の事故も保障されるようになります。

メモ保険のオプションは一般的に特約と呼ばれます。特約とは特別約款(やっかん)の略です。

自動車を持っていて自動車保険に入っていても、毎年の更新時にはあまり内容を気にせずそのまま更新している人も多いのではないでしょうか。

年々保険内容も新しくなりいろいろな特約も用意されていますので、更新を期に一度保険内容を見直してみてください。

自転車保険特約のメリット:

新しい保険を増やさなくていい

突然ですが質問です。

「今家族が入っている保険はどんな種類でいくつあるかすぐに言えますか?」

・・・

いかがでしょうか。すぐには出てこない人もいらっしゃると思います。

ぼくもすぐには言えませんでした。。

 

生命保険、がん保険、学資保険・・・と家族ができれば保険も増えていきます。

その上自転車保険まで増やしたくない!というのが本音ではないでしょうか。

 

その点、自動車保険の自転車特約であれば新しい保険が増えることはありません。

 

単独の自転車保険よりも安くできる

自動車保険の特約はメインの自動車保険料に追加料金をプラスする形式のため、保険会社によっては単独の自転車保険よりも保険料が安く抑えられます。

例えば自転車保険人気ランキングで上位に挙がっている保険では、au損保の自転車向け保険「Bycle」で月々360円(年間4320)~、三井住友海上の「ネットde保険@さいくる」で年間3990円~となっています。

一方で例えばSBI損保の自転車事故補償特約は月々約300円とかなりお得な価格設定です。

 

申し込みや管理が楽

自転車特約を新しく申し込む方法は2つあります。

  • 自動車保険更新時に自転車特約も追加する。
  • 自動車保険更新を待たずに自転車特約を追加する。

 

どちらにしても既に申込済みの自動車保険に自転車特約を追加するだけなので、住所などの申し込み情報を一から入力する必要がありません。

もちろん更新時も自動車保険と一緒に更新でき一度に済ませられるのでとても楽です。

 

家族の補償もカバーできる保険会社も

自動車保険の損害賠償責任補償は、家族全員が補償対象となるものも多いです。

例えば自転車で他人にケガをさせてしまったときに補償されるチューリッヒ保険会社の賠償責任特約では、家族全員が補償の対象になります。

子供が道路で自転車に乗るという方も多いでしょう。

家族も補償対象にできる保険を選び、いざという時に家族を守りましょう。

自動車保険の自転車保険特約で注意する事

自動車保険の自転車保険特約では損害賠償責任保障が付いていないことがあるので注意しましょう。

 

自転車事故で備えておくべき保障のうち大事なのは損害賠償責任保障です。

傷害補償で補償されるケガについては医療保険や自動車保険など他の保険でカバー可能なこともあります。

 

しかし自転車事故で相手やものを傷つけた場合の補償である損害賠償責任保障は他の保険ではカバーできません。

補償金額も数千万円と高額になります。

損害賠償責任保障が付いている特約かどうかをしっかり確認しましょう。

 

自動車保険の一括見積りで自分に合った保険を選ぼう

これまで書いたように、自動車保険の自転車特約を選ぶときには補償内容や価格を判断することが大事です。

でも保険会社それぞれで見積もりを取るのはとても大変!

 

例えばA社で見積もりをするためたくさんの情報を入力し、届いた見積もりの補償内容、料金を確認します。

その後他社と保険料を比べてみたいと思っても、「またあの情報を入力しないといけないのか。。めんどくさいし、もうここでいいや!」と決めてしまいがち。

 

その点「自動車保険の一括見積りサービス」を使えば簡単に複数の保険会社で保険料を比較できるため、保険料を安く抑えられます。

 

保険会社や条件によって保険料は大きく変わります。

しかし1社しか見積もりしなければ、他社と比較できないため損していることにすら気付けません

「損している」のではなく「損していることに気付けない」んです。

とてももったいない・・

 

ぼくも自動車保険の一括見積りサービスを使用して自動車保険の自転車特約を申し込みました。

 

同じ条件で比較できるから安い保険会社がすぐわかる

「自動車保険の一括見積りサービス」は全く同じ条件で複数の保険会社の見積もりを比較出来るため、安い保険会社が簡単に分かります。

保険料を比較するには同じ条件で見積もらないと意味がありません。

保険会社個別の申し込みサイトは見積もり時の入力項目が異なっているため、完全に同じ条件にしにくいことがあります。

一方で一括見積サービスは見積もり情報の入力は一度だけで複数の保険会社で見積もりを行えるため、完全に同じ条件で比較できます。

 

見積もりは無料

一括見積サービスでの見積もりは完全無料です。

無料でいろいろな保険会社の保険料が分かり比較できるためとても助かります。

 

見積もり結果が早い

見積もり結果はかなり早く届きます。

ぼくの場合では早い保険会社は見積もり当日に、遅くても2日程度で見積もり結果が確認できました。

 

見積もり結果はメールで届き、メール本文に見積もり金額が書かれています。

またメール内に記載されたURLから専用ページアクセスし、見積もり一覧が確認できます。

 

自動車保険料も安くできる

自転車特約が安くできるだけでなく本体の自動車保険も安くできます。

自動車保険にはインターネット申し込み割引やゴールド免許割引があり、保険会社によって保険料が安くなることも多いです。

実際にぼくも店舗型の保険会社からの乗り換えるときに、自動車保険の一括見積りサービスを使って年間6万円程度だった保険料を4万円以下に押さえることができました。

もちろん車両保険・自転車事故補償特約込みの価格です。

しつこく勧誘されないのか

一括見積サービスの見積もり結果はメールで送付されます。

そのためやっぱり嫌ならメールやリンク先を見るアクションを起こさなければ良いだけ。

保険会社から見積もり確認の電話が来ることもありましたが、一度「検討する」と言って切ればそれ以降は電話が来ることはありませんでした。

 

まとめ

自動車保険や自転車保険に限らず保険の申し込みってとてもエネルギーを使う大変な作業です。

更にいくつかの保険会社で比較するとなると更にハードルが上がります。

その点自動車保険の一括見積りサービスを使えば、とても面倒な見積もり作業を代わりにまとめて行ってくれるからとても楽です。

サービスは無料なので見積もりだけ行っても損はありません。

むしろそれで安くなるのであればお得といえます。

便利なサービスをかしこく利用して保険料を抑えませんか。>>>>>無料の自動車保険一括見積もりサービス

それでは。

おすすめの記事