『在宅を快適に』リモートワークの服装はきっちり感とくつろぎ感を1
「在宅ワークって何を着て仕事をすればいいんだろう。」


「スーツは着たくないけど部屋着だとラフすぎるし。。」

本記事ではこのような悩みを解決します。

どうもこんにちは、ネロです。

快適に在宅ワークが行えるようにいろんな環境を整えてきました。

 

新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが急に始まった方も多いのではないでしょうか。

ぼくはコロナ禍以前から在宅ワークの経験はありましたが、コロナ禍でリモート化が一気に進みました。

ただ実際に在宅ワークが続く際に困ったのが「何を着ようか?」ということ。

通常の出社時はスーツなので悩むことはありませんでしたが、自宅で仕事をするのにわざわざスーツは着たくありません。

かと言ってスウェットやジャージなどの部屋着ではあまりにラフすぎます。

 

実際に自宅での在宅ワークを経験して感じた服装のポイントは以下の2つ。


  • 仕事モードに入れるキッチリ感
  • くつろげるリラックス感

 

本記事では在宅ワークの服装ではきっちり感とリラックス感が大事な理由を解説します。

おススメの服装も紹介していますので、リモートワークの服装に悩まなくて済むようになります。

それでは、ご覧ください。

 

 

在宅ワークは休みではなく仕事

『在宅を快適に』リモートワークの服装はきっちり感とくつろぎ感を2

 

自宅で在宅ワークを行う場合、服装にもある程度のキッチリ感が大切です。

在宅ワークはあくまで仕事。自宅に居るからといって休みではありません。

 

服装のチェンジは仕事モードONに有効

自宅で仕事をするときに大事なのは気持ちを仕事モードへいかに切り替えるか。

なぜならプライベートスペースでそのまま仕事に移るとなると、仕事モードに切り替えるタイミングがないんです。

オフィスに出社する場合は通勤時間がありますし、なによりオフィスに入れば自然と仕事モードになります。

でも自宅で仕事をする場合は通勤時間もオフィススペースもありません。

 

「別に部屋着でも仕事はできるよ。」

という方もいらっしゃるかもしれません。

普段からリモートワークに慣れていれば服装に関係なく仕事モードに切り替えられるでしょう。

ただ普段はオフィスで仕事をしていた方が急に在宅ワークになった場合は、いきなり切り替えるのは難しいもの。

服を着替える、さらには少しカチッとした服装に着替えるだけで気持ちを切り替えるスイッチになりますよ。

 

 

Web会議で服装は映ってしまう

Webでリモート会議をするときには部屋着では相応しくありません。

繰り返しになりますが在宅ワークとは言え仕事です。

 

例えばWeb会議でパジャマやジャージなどで映っている社員がいたらどんな風に感じますか?

言葉には出さなくてもきっと「オイオイ・・」と思うのではないでしょうか。

ZOOMなどのWeb会議システムでは背景をカモフラージュすることはできますが、自身の服装はそのまま映ってしまいます。

他の社員、もしくはお客さんなどの仕事相手に見られると意識した服装を心がけましょう。

 

 

家族へのシグナルは大切

カッチリ感のある服装を着ることで、家族、特に子供達へ”お父さんは仕事をしているんだ”と気付かせてあげましょう。

なぜなら在宅ワークなのに休日と同じ部屋着だと休みで家にいるものと勘違いする可能性があるからです。

 

ぼくも以前部屋着のままで在宅ワークをしていた時に、お客さんと電話中に子供がいきなり部屋に入ってきて焦ったことがありました。

それ以来、言葉でも説明しました上で少しカッチリした服装に着替えるようにして仕事モードを出すようにしています。

もちろん乳幼児レベルの小さい子では服装の雰囲気など分かる訳がありません。

あくまで小学生以上程度のある程度雰囲気を感じられる子供の話です。

普段とは違う服に着替えて、自分を仕事モードにするだけではなく家族にも仕事モードを感じてもらうようにしましょう。

 

 

オフィスにはないリラックス感も大事

『在宅を快適に』リモートワークの服装はきっちり感とくつろぎ感を3

 

ここまでは在宅ワークに部屋着が相応しくない理由を書いていきました。

とはいえオフィスにはないリラックスムードで仕事ができるのは在宅ワークの魅力ですよね。

 

休憩時も思いきり横になれる

在宅ワーク中の休憩は思いきりくつろげます。

自宅での仕事なためオフィスのように事務用品ばかりではないし誰かに見られている訳でもありません。

ベッドに横になって思いきり背伸びをするとめちゃくちゃリラックスできます。

オフィスでは絶対出来ないマネです。

 

ただし油断してリラックスしすぎるとそのまま寝てしまう危険があるため注意してください。

5分や10分のタイマーをセットしておくなど仕事に戻るための工夫をしましょう。

心身ともにリラックスすることで仕事に戻ってからの効率もアップしますよ。

 

終業後はそのままくつろげる

スーツではなくリラックスできる服装であれば、在宅ワーク終了後にそのまま自宅でくつろげます。

仕事モードへの切り替えは簡単ではありませんので着替えるというスイッチが必要ですが、多くの人にとってプライベートモードへの切り替えは簡単。

 

例えば仕事帰りにスーツのままでも飲みに行ったり買い物に行ったりとプライベートモードに出来ていますよね。

それならスーツで在宅ワークをしてもそのまま自宅でくつろげるんじゃないかと思われるかもしれません。

でもスーツでも自宅でくつろげるという方は少ないのではないでしょうか。

スーツを着てしまうとリラックスできる在宅ワークのメリットが薄れてしまいます。

 

 

ぼくがたどり着いた服は「パジャマスーツ」

icon icon

 

ここまでの解説で書いた内容は、在宅ワークでの服装にはカチッと感もリラックス感も大事ということ。

「でもそんな都合の良い服装なんてあるの?」

そう思ってしまいますよね。

 

ぼくはいろいろ試してみて現在は紳士服大手aokiの「パジャマスーツ」を着ています。

このパジャマスーツが、まさにカチッと感・リラックス感の良いとこ取りです。

 

スーツっぽい見た目・ジャージのような着心地

パジャマスーツの見た目はほとんどスーツなのに堅苦しさがありません。

それはパジャマスーツがとても柔らかい着心地だからです。

例えばぼくが使っているパジャマスーツのパンツは、チノパンよりスーツっぽいけど履き心地はジャージと同じ。

見た目と着心地のギャップに驚きました。

 

ストレッチ感がバツグンで動きやすい

パジャマスーツの素材はとても柔らかく動きやすさに優れています。

パジャマスーツをはいてしゃがんでも、スーツのようにつっぱる感じは全くありません。

ベッドにそのまま横になってもゴワつくことなくゴロゴロできますよ。

 

プライベートでもお出かけ着に

パジャマスーツは在宅ワークだけではなく普段の外出にも使えます。

それはスーツのような見た目で少しカッチリ感があるため。

ぼくもお出かけのときにはしょっちゅうパジャマスーツを着ています。

カーディガンやTシャツと合わせても違和感が無く、意外に色んな服装と合わせられますよ。

 

 

まとめ:仕事=スーツはもう古い?

コロナ禍は仕事の環境や在り方をゴロっとひっくり返しました。

これからの時代はスーツを着てオフィスに出社することは、仕事のスタンダードでは無くなるのかもしれません。

もっと仕事もリラックスして取り組めると、仕事に対するハードも少し低くなるのではないでしょうか。

まずは服装から快適な環境を作っていきましょう。

それでは。

 

こちらの記事では、ぼくがAOKIノンアイロンシャツを実際に使ってみたときのシワの状態を画像付きで解説していますのでご覧ください。

AOKIノンアイロンシャツでアイロン要らず

ぼくはノンアイロンシャツを使い始めてから、一度もアイロンを掛けていません。妻にアイロンを掛けてもらうこともなく負担軽減に役立っています。こちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

 

 

また通常あまり見ない大きいサイズもAOKIノンアイロンシャツは用意されています。

AOKIノンアイロンシャツの大きなサイズ

なかなか店頭に置いてなくて探すのが難しい大きいサイズのノンアイロンシャツ。AOKI SizeMAXブランドならノンアイロンシャツだけでなくビジネス服が一式揃います。こちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

 

こちらの記事も読まれています