ドライブ中に子供の曲ばかりで飽きたら映画クレヨンしんちゃんの曲!
「ドライブ中は子供が聴きたい曲ばっかりで聴きたい曲が聴けない。。」

家庭をもっている人なら一度は経験があるのではないでしょうか。

 

どうもこんばんは。ネロです。

我が家でも長距離ドライブ中は子供に退屈させないために子供が好きな曲ばかり流していました。

それだと大人は全然楽しめない。。

 

そんなとき子供と映画クレヨンしんちゃんを観に行って聴いた主題歌が、知っている曲だったことを思い出しました。

そして大人も子供も楽しめる曲として、ふと「映画クレヨンしんちゃんのテーマ曲」がいいんじゃないかと思ったんです。

 

 

クレヨンしんちゃんのテーマ曲は有名アーティストが手掛けたものが多く大人も楽しめます。

子供も「クレヨンしんちゃんの曲」なので嬉しそう!

 

この記事では映画クレヨンしんちゃんのテーマ曲の中から”大人も楽しめる”曲を厳選して紹介します。

 

こんな人におすすめ
  • 子供の曲ばかり聴かされる
  • 親子で楽しめる曲が知りたい
  • ドライブ中に子供が退屈する

 

スポンサーリンク

ケツメイシ『友よ~この先もずっと・・・』

テーマ映画映画クレヨンしんちゃん 「爆睡!ユメミーワールド大突撃」

将来の夢が現実になる世界に迷い込んだしんちゃん達。

その世界では子供は大人になってなりたい夢、大人は子供に戻って過去になりたかった夢を体験できますが、実は夢のエネルギーを吸い取ることが目的。

大人になっても皆で協力する姿にピッタリのテーマ曲です。

 

自分が子供のころ遊んだ思い出や仲が良かった友達のことを思い出してノスタルジックな気持ちになりました。

曲の歌詞みたいに友達に感謝してきただろうか、と。

 

子供たちと一緒に曲を聴いていると、「ほんとありがとう、友よ!」の部分で大合唱になります。

そしてこう思うんです。

 

子供たちには、

「何十年先も君を友達と思ってる」

「つらいときは何でもはなしてよ」

と言える友達を見つけて欲しいと。

 

そんな親心をくすぐる名曲です。

ゆず『OLA!!』

テーマ映画映画クレヨンしんちゃん 「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」

父ちゃんの転勤に付いていく形でしんちゃん一家がメキシコに引っ越すお話。

しんちゃんとようちえんの友達との別れが感動的です。

一転してメキシコでは陽気な雰囲気に乗って大騒動!

ゆずが手掛けたテーマ曲もラテンの雰囲気で楽しいアップテンポな曲になっています。

オ!ラ!の掛け声が子供でも覚えやすいです。

 

この曲を聴くとしんちゃんと友達の別れを思い出します。

これから子供たちも色々な別れを経験していくことになるでしょう。

ときにはつらい別れもあるでしょう。

そんなときでもこの曲のように明るく楽しく乗り越えていってほしいものです。

 

スポンサーリンク

高橋優『ロードムービー』

テーマ映画映画クレヨンしんちゃん 「襲来!! 宇宙人シリリ」

地球にやってきた宇宙人「シリリ」としんちゃん一家の友情の物語。

子供にされたひろし、みさえとしんちゃん、ひまわりでシリリを父親のもとへ連れていきます。

宇宙人という究極に遠い存在との友情というテーマにピッタリの曲です。

 

子供たちもこれから友達と離れ離れになることもあるかもしれません。

離れていても友情が続く友達を見つけて欲しいですね。

そしてどんなに寂しくても、「ひとりきりじゃない」と思える人生を送ってほしいです。

あいみょん『ハルノヒ』

テーマ映画映画クレヨンしんちゃん 「 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」

しんちゃん一家がオーストラリアへ新婚旅行に行くお話です。

※2019年4月時点で一般公開前

新婚旅行先で父ちゃんが事件に巻き込まれ、しんちゃん一家が力を合わせて乗り越える。

そんな家族愛を感じる映画のようですね。

あいみょんの力強い声が頑張るしんちゃん一家の力になっていることでしょう。

伸びやかな声がとても気持ちいいです。

 

みさえとしんのすけ、ひまわりが奮闘する姿を想像すると奥さんと子供たちに重なってしまいます。

奥さんと子供たちが自分のために何か頑張っていることを思うと感動しちゃいますよね。

そんな気持ちにさせてくれる一曲です。

きゃりーぱみゅぱみゅ『ファミリーパーティー』

テーマ映画映画クレヨンしんちゃん 「 ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」

この映画ではひろしがロボットになってしまいます。

しかしそれは日本の父親の復権を目論む組織の陰謀で、しんちゃん一家がその陰謀をつぶすお話。

きゃりーぱみゅぱみゅのデジタルな曲がロボットというテーマにピッタリ。

 

またこの映画は「父親と家族」というもう一つのテーマがあります。

父親であるひろしがロボットになってしまいそれでもしんちゃん一家と共に戦う姿は、父親とは何か、家族とは何か、という深いテーマについて考えさせられました。

難しいことを書きましたが、要は「家族っていいな」ということです。

 

まとめ:大人が聴いてもいい歌が多い

映画クレヨンしんちゃんは「家族」がテーマになっていることが多く大人が見ても感動します。

そしてそのテーマ曲は映画の内容・テーマにピッタリの曲になっていて、有名アーティストが手掛けたテーマ曲はどれも良い曲ばかりです。

 

子供は映画クレヨンしんちゃんの曲なのでもちろん大好き!

ぜひ子供たちと一緒に聴いてみて下さい。

それでは。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事