Blu-rayディスクが再生できない

「Blu-rayディスクやDVDに焼いた動画がパソコンでは再生できるけどBlu-rayレコーダーで再生できない。なぜ??」

パソコンで再生できるDVDやBlu-rayディスクがBlu-rayレコーダやDVDプレーヤーで再生できないと悩まれていませんか?

どうもこんにちは。ネロです。

 

家族のビデオ動画をDVDやBlu-rayディスクに焼いて、いざBlu-rayレコーダやDVDプレーヤーで再生しようとしても認識できずに再生されない。僕も経験しました。

再生できない原因はDVDやBlu-rayディスクの動画形式とBlu-rayレコーダやDVDプレーヤーの対応形式が一致していないからです。

 

動画形式??となってしまいますよね。

一度理解できれば難しいことではありません。

ぼくも初めは再生できないことの意味が全く分かりませんでした。

 

「でもパソコンでは再生できたのに。。」

当然そう思いますよね。

実はパソコンで再生できるのもパソコン側がディスクの動画形式に対応できているからです。

 

 

動画の種類はとても多く奥が深いものです。

本記事では動画形式と再生機器の対応形式について概念を理解できるようシンプルに説明していきます。

本記事を読めば「なぜパソコンでは再生できたのにBlu-rayレコーダやDVDプレーヤーで再生できないのか」を理解できるようになります。

 

スポンサーリンク

動画にはいろんな形式がある

ビデオ撮影や録画した動画は1種類の決まった形ではなくいろんな形式があります。

主な動画の種類に対応する形式には以下のようなものがあります。

 

AVCHD

ハイビジョン映像をビデオカメラで記録するためのデータ形式。

一般的なビデオカメラでハイビジョン画質設定にして録画するとAVCHD形式の動画ファイルに記録されます。

ファイル拡張子は .m2ts です。

SonyとPanasonicにより開発され両社が登録商標を持っています。

 

MP4

ビデオカメラだけではなく一般的に幅広く使用される動画形式。

ハイビジョン画質に対応していないビデオカメラの多くはmp4形式で動画を保存します。

スマホで撮影された動画もmp4形式で保存されます。

動画形式の汎用性が高くWebへのアップロードに多く使用されるなどAVCHDと比べて制約が厳しくありません。

 

BD-Video

Blu-rayレコーダーで再生できる形式。

一般的に市販されているBlu-rayディスクはこの形式で保存されています。

 

DVD-Video

DVDプレーヤーで再生できる形式。

一般的に市販されているDVDディスクはこの形式で保存されています。

 

 

再生する機器も動画の形式が決まっている

前章で書いたように動画には目的に応じていろいろな形式があります。

そのため動画を再生する機器も対応する形式が決まっているため注意してください。

  • BD-Video ⇒ Blu-rayレコーダー
  • DVD-Video ⇒ DVDプレーヤー
  • AVCHD ⇒ AVCHD対応のBlu-rayレコーダー/DVDプレーヤー
  • mp4 ⇒ パソコン

 

 

ディスクの動画と再生機器の形式が違ったら再生できない

動画を再生する機器で再生可能な動画形式がそれぞれ決まっています。

裏を返すと再生機器で対応していない動画形式だと再生できません。

 

例えば、ビデオカメラで撮影したAVCHD形式動画(.m2tsファイル)をそのままBlu-rayやDVDディスクに保存したとします。

しかしこのBlu-rayやDVDディスクは一般的なBlu-rayレコーダーやDVDプレーヤでは再生できません。

なぜならBlu-rayレコーダーやDVDプレーヤで再生するには「BD-Video」「DVD-Video」形式で保存しなければならないからです。

AVCHD形式動画のままディスクに保存しても再生機器側が認識できないため再生できないのです。

 

このようにそれぞれ再生機器に対応した動画形式でなければ再生できないため注意しましょう。

スポンサーリンク

パソコンで再生できるのはなぜ?

Blu-rayレコーダーやDVDプレーヤでは再生できないディスクでもパソコンでは大抵再生できるのはなぜでしょうか?

それはパソコンにインストールされている再生ソフトがそれぞれの動画形式に対応しているためです。

 

AVCHD対応ソフトを使えばAVCHD動画を再生できます。

BD-Video形式対応ソフトを使えばブルーレイ動画を再生できます。

 

Blu-rayレコーダやDVDプレーヤは対応形式が決まっていて増やすことはできません。

しかしパソコンは追加で再生ソフトをインストールすれば動画再生の対応形式を増やせます。

 

例えば前章で書いたようにAVCHD動画形式で保存されたディスクはBlu-rayレコーダやDVDプレーヤでは再生できません。

しかしパソコンではAVCHD動画形式で保存されたディスクでも、AVCHD対応の動画再生ソフトがあれば問題なく再生できます。

 

このようにパソコンではソフト次第で大抵の動画は再生出来てしまいます。

パソコンで再生できたからと言ってBlu-rayレコーダやDVDプレーヤで再生できるとは限りませんので気を付けてください。

 

Blu-rayレコーダーで再生できるBlu-rayディスクを作成する方法

Blu-rayレコーダーやDVDプレーヤで再生できる「BD-Video」「DVD-Video」形式で動画をディスクに保存するには「オーサリングソフト」を使います。

色々な動画形式をBlu-rayレコーダーやDVDプレーヤで再生できる「BD-Video」「DVD-Video」形式に変換する作業を「オーサリング」と言い、変換するツールは「オーサリングソフト」と呼ばれます。

 

世の中にはいろいろなオーサリングソフトが存在していますがおすすめはサイバーリンク製「PowerProducer」。

他のソフトに比べて次の点が優れています。

  • 高機能オーサリングソフトでブルーレイとDVD動画の記録が可能 ※ブルーレイ対応はUltraのみ
  • ウィザード形式の操作で迷わない
  • チャプターメニュー付きのディスク作成も可能

 

一方、無料のオーサリングソフトもインターネット上に存在します。

しかし使いこなすには相応の知識が必要で有料ソフト程分かりやすくはありません。

\ 今すぐ見る /
      • ブルーレイ対応はUltraのみ
      • Windows10も動作保証

 

まとめ

動画の形式はとても種類が多く、その形式が作られた時代背景などの影響を受け複雑になっていきます。

そのため本記事ではビデオカメラで撮影する際に必要となる動画形式に絞って解説しました。

Blu-rayディスクやDVDディスクに保存されている動画形式がBlu-rayレコーダやDVDプレーヤーで再生するためのポイントとなっていますので注意してください。

それでは。

 

スポンサーリンク

 

こちらの記事も読まれています
動画編集やディスク作成のマルチメディア系ではおなじみ

動画編集・再生からディスク作成までおまかせ『サイバーリンク』

サイバーリンク PowerDVD 18
Powerシリーズで有名。マルチメディアに強い
パソコン、スマホ用のソフトウェアを展開するサイバーリンク。
動画再生の「PowerDVD」や動画編集の「PowerDirector」など、マルチメディア系の定番ソフトを取り扱っています。

最近ではビデオ会議用のツールもサービス展開されています。

無料体験版付きのソフトもあるためお試しで使うことができます。
\ 今すぐ探す /
    • マルチメディア分野のリーディングカンパニー
    • 30日間返金保証サービス付き
    • ラーニングセンターで製品の使い方も確認可能