社内SEへの転職面接で大切なマインドとは?『ぼくが聞かれたこと』
転職面談なんて経験ないから何を答えればいいか分からない。


「社内SEの転職面接でどんなことを聞かれるの?
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。ネロです。

 

社内SEへ転職を考えているエンジニアの方は、分からないことばかりで不安が多いことでしょう。

なかでも転職面接では何を聞かれるんだろう、と不安ではありませんか?

 

残念ながら「転職面接ではこうすれば必ず受かる」という方法はないというのが僕の考えです。

とはいえ、転職面接では必要以上に気負う必要はありません。

 

本記事では大手SIerから社内SEへ転職したぼくが「社内SEの転職面接で実際に聞かれたこと」「転職面接で大切なマインド」を書いていきます。

1人でもんもんと悩んで動きが止まっている方の後押しになるはずです。

それではご覧ください。

 

社内SEの面接でぼくが聞かれたこと

社内SEへの転職面接で大切なマインドとは?『ぼくが聞かれたこと』2

 

まずは、ぼくが実際の転職面接で面接担当者から質問を受けた内容を紹介します。

実例を見ると意外と形式的ではないことが分かります。

本音ベースでの転職理由を掘り下げていく

最初につっこんで聞かれたことは転職面接では定番の「退職理由と志望動機」。

ただし、当り障りのない内容のやり取りではありません。

はじめは、ぼくも”御社の社内システムに特化して取り組みたい”的な一般的な内容で回答していました。

でも途中で面接担当者から、

「あなたの本音が聞きたい。本当の理由を教えて欲しい。」

と伝えられます。

 

そこでぼくも、”心遣いありがとうございます。”と前置きしつつ、前職では残業が多く転職で残業を減らしたい旨を伝えました。

ここから次の話へつながっていきます。

 

収入が減っても問題ないか

転職理由を伝えたあとに聞かれたことは、

「残業が減って、収入が減っても大丈夫なのか。」

ということ。

 

転職面接では前職での年収も企業へ提出し、仮に入社した場合のおよその年収も提示されます。

前職の年収には残業代の内訳も書かれているため、残業代でどれだけ収入がプラスになっていたかも分かります。

転職担当者からは、残業は少ないので残業代分くらいは収入が減ることを伝えられました。

ぼくの場合、残業代を含めた前職の収入よりかなり少ない額の提示でしたね。

 

収入が減るのは嬉しいわけではありませんでしたが、「エンジニアの転職で年収が下がっても大丈夫?『対策は必要です』」で書いているように年収ダウンは覚悟の上で社内SEを選びましたので問題はありません。

 

業界の問題に対する解決方法

面接企業の業界が抱える問題について、

「あなたはどう考えるのか?」

「どんな解決方法がよいと思うか。」

を問われました。

 

というのも転職先企業は特定の業界に特化した企業。

例えばどんな業界でも、市場の縮小や技術の移り変わり、後継者不足などの問題に直面しています。

社内SEはそれらの課題をシステムを使って解決していく仕事ですから、考え方を問われた訳です。

業務課題に対する解決方法の提案は社内SEに必要なスキルです。

 

 

お酒はどれくらい飲めるのか

面接の中盤では、「お酒はどれくらい飲めるのか?」ということも聞かれました。

面接企業はかなり歴史のある会社で、飲み会も多いことを伝えられます。

ぼくはそれほど飲み会は嫌いではないため、問題ない旨を伝えます。

 

お酒の飲めるのか?という質問は一見ただの雑談に聞こえますが、どれくらい自社に溶け込めるのかを知るためだと思います。

また固くなりがちな面接の空気をほぐすためにクッションを入れる目的もあったのでしょう。

軽く笑いも出て、お互いリラックスできてよかったです。

 

最後に嫁ブロックの確認

面接の最後では嫁ブロックのことをストレートに聞かれました。

やんわりと聞かれた訳では無く、「嫁ブロック」という言葉を使いはっきりと聞かれます。

 

面接担当者からも、一度決まりかけた方が最後に奥さんからの反対でダメになった方がいたことを聞きました。

ぼくの場合は、妻とも話し合ったうえで転職先を探していましたので問題はありません。

詳しくは「エンジニアの転職で年収が下がっても大丈夫?『対策は必要です』」からどうぞ。

 

正直ここまではっきり聞かれるとは思っていませんでしたが、面接担当者としてもなるべく不確定要素を確認しておきたかったんでしょう。

 

企業が面接で求めるのは自社との相性

社内SEへの転職面接で大切なマインドとは?『ぼくが聞かれたこと』3

 

上で紹介した、ぼくが実際の面接で聞かれた内容を振り返ると、あることに気づきます。

それは「自社で続けられる人なのか?」ということ。

転職理由や収入は、また同じ理由で辞めないかどうかを確認するための質問。

お酒が飲めるのか?という一見仕事とは関係ないような質問でも、企業文化との相性を見ています。

 

求人内容と求職者のマッチングが大切

本記事の最初にも書きましたが、”面接はこうすれば受かる”という方法はありません。

というのも、企業に採用されるのは求職者が求人内容にマッチしたとき。

そのために色々と質問をして企業が求める人材と求職者の思いをすり合わせしていきます。

 

ぼくが面接を受けた際にも、

「入社後に思い違いがあるといけない。」

と面接担当者からはっきり伝えられました。

 

マッチングの大切さについては「『社内SEで楽をしたい』が理由の転職は失敗すると断言できます!」で詳しく書いていますのでご覧ください。

 

 

スキルがあるから採用、、とも限らない

社内SEへの転職面接で大切なマインドとは?『ぼくが聞かれたこと』4

 

社内SEに限らずエンジニアにとってはITスキルは大切です。

でも社内SEの場合、スキルがある=採用されるとも限りません。

 

ユーザ側とのコミュニケーションが大事

社内SEには、いろんなステークホルダーとのコミュニケーションをスムーズに取れる人材が求められます。

というのも、社内SEの仕事はずっとコードを書いているよりも、仕様の詰めや打ち合わせ、スケジュール調整などの作業が多いんです。

 

ぼくが今働いている会社でも、バリバリのエンジニアが1カ月くらいで辞めていったことがありました。

本音レベルの理由は本人しか分かりませんが、もっとコーディングスキルを求めていきたかったのでしょう。

 

『実体験』社内SEが大変と感じる理由は仕事内容のミスマッチ」では、社内SEの仕事をしんどいと感じる理由を書いています。

上で書いたマッチングの大切さ、仕事内容のミスマッチについても触れていますのでご覧ください。

 

この人と一緒に働けるのか?

採用面接でスキル以上に確認されるのは「一緒に働ける人なのか」ということ。

それは労働者の退職理由で、人間関係の悪化が大きな割合を占めているためです。

 

厚生労働省の令和2年雇用動向調査結果の概況によると、転職入職者が前職を辞めた理由で女性は「その他の理由(出向等を含む)」26.9%を除くと「職場の人間関係が好ましくなかった」13.3%が最も多くなっています。

また男性でも「職場の人間関係が好ましくなかった」8.8%と3位に付けています。

つまり男性、女性ともに人間関係が退職理由の上位に挙がっている訳ですね。

 

採用企業側もせっかく入社してもらった社員に辞められるのは大きな損失。

そのため面接では人間性や人柄も含めて見極めようとします。

 

転職エージェントが事前におしえてくれた

社内SEへの転職面接で大切なマインドとは?『ぼくが聞かれたこと』5

 

ぼくが面接で確認された内容は志望動機など一般的な内容以外にも、残業時間の少なさや企業文化に関するものもありました。

それらの質問を全然予想していなかったかと言うとそうでもありません。

 

質問のなかで、残業時間が大きく減り収入が下がることはある程度回答を考えていました。

というのも転職エージェントの担当者が事前にアドバイスをくれていたためです。

また昔ながらの企業文化も教えてもらっていたため、”飲み会は多い。お酒を飲めるか。”という内容にも動揺することなく話が進められました。

 

忙しいエンジニアはプロを頼ろう

ぼくは前職で忙しく働きながら転職活動を進めていたため、自分の負担を軽くするため転職エージェントを使っていました。

詳しくは「エンジニアの転職にエージェントは必須です!『これだけの理由』」で書いています。

 

ぼくも始めは「お金目的でやっているんだろうし、うさんくさい」と考えていました。

エージェント側も仕事としてやっている以上、営利目的なのは間違いありません。

ただ転職エージェントが営利目的で行っていることが、結果的に求職者に良い結果を与えてくれれば問題ありませんよね。

 

良し悪しを自分で考え、利用できるサービスは賢く利用しましょう。

 

まとめ:1人でがんばりすぎない

本記事の最初にも書きましたが、”面接はこうすれば受かる”という方法はありません。

あくまで企業は一緒に働きつづけられる人を探している。

そのために面接でスキルや条件、人間性を確認する。

このマインドを持って面接に臨んで、必要以上に気負わないようにしましょう。

 

なお、いつまでも内定がもらえない転職希望者に多いのは、一人でもがいているということ。

求職者はこれまで接点のない業界や企業のことは詳しくは知りません。

焦りが出ると転職条件にマッチしない求人に応募し続け不採用になる悪循環にハマってしまいます。

第三者の目でアドバイスを貰えると転職活動もスムーズに進みだしますよ。

 

ぼくのように地方で社内SEを目指すエンジニアにおすすめの転職エージェントは、「地方の社内SEに強いIT転職サイト・エージェント3つ『体験済み』」で詳しく解説していますのでご覧ください。

 

自分で頑張るところは頑張る、人に頼るところは頼ってぜひ転職活動を成功させてください。

それでは。

こちらの記事も読まれています
コメントを残す