つらい転職活動が半分楽になる!始める前に知っておきたいこと。
「転職活動ってやっぱりきついのかな?


「少しでもきつさを減らせないの?実際に経験した人の話を聞きたい。
本記事ではこんな疑問を解決します。

どうもこんにちは。35歳を過ぎて転職したネロです。

 

エンジニアとして転職したぼくの経験上、転職活動は決して楽なものではありませんでした。

転職活動は基本的にしんどいものでつらさを完全に無くすことはできませんが、つらさを減らすことは決して難しくはありません。

ぼくは転職活動中につらかったことをそれぞれ対策を取って乗り切りました。

 

本記事ではぼくが転職活動でつらかったこと、その対応方法を具体的に書いていきます。

本記事で書いた内容を転職活動前に具体的にイメージ出来ていれば、もっと苦労を減らせていたなーと思います。

もしあなたが転職活動の苦労を少しでも減らしたいと考えているなら本記事を読んでみてください。

それではご覧ください。

 

転職活動でつらかったこと

つらい転職活動が半分楽になる!始める前に知っておきたいこと。2

 

こちらの記事で詳しく書いているように、ぼくが転職活動を始めたキッカケは半分勢いでした。

 

転職活動を終えた今振り返ってみると活動前には考えていなかったしんどさがあったな、と感じます。

いまの仕事も手を抜けない『当たり前』

今の会社で働きながら転職活動を進めるのは精神的にこたえました。

心の中では転職を決めている状態で今の仕事で来期以降の計画を立てたりすることは、やはり罪悪感がありますよね。

計画を実行する時期にはもうこの会社には居ないかもしれないんだよなー、と考えるとモチベーションも上がりません。

 

とはいえ今の会社での仕事を適当にすることはできません。

正式に退職するまでは社員であり、給料を貰っている以上は働く必要があります。

 

もし急に仕事がおろそかになってしまうと、

「何かあるんじゃないか。」

「仕事を辞めようとしているのか?」

と疑われるかもしれません。

また仕事が適当になると退職時に必要な業務引継ぎもスムーズにできませんよね。

そして転職活動が必ずしも成功するわけでもなく、そのまま現企業に残る可能性も0ではないのです。

 

今の仕事もこなしつつ転職活動を進めるのはいろんな方面で気疲れがありますよ。

 

求人企業への応募に落ちまくる

求人企業へ応募し断られる、この繰り返しが続くと気持ちが落ち込みます。

応募数の8割は書類選考で落ちるため、

「自分は使えない人間なのか?」

とだんだんマイナス思考になってしまいました。

1度や2度であればそれほどダメージはありませんが、さすがに8割の応募でお断りされると凹みます。

 

求人企業への応募はとにかく落ちまくる前提で考えておいてください。

 

転職活動の終わりが見えないつらさ

転職活動ははっきりと期限が決められないため、

「いつまで続くんだろうか」

と不安になりました。

人はいつ終わるか分からないことを続けるのは精神的にこたえるもの。

 

たとえば大変なプロジェクトがあったとしても、「つらいのも納品日まで」と頑張れますよね。

でも大規模システムの合併プロジェクトなど、確実に終わりが見えない案件だと次々にエンジニアが辞めていきます。

 

転職活動は終わりが見えない、ということを覚えておきましょう。

 

転職活動とプライベートの両立は大変

ぼくの場合、家庭や趣味、自治会の役員と並行して転職活動を行うために時間を確保するのに苦労しました。

転職をするのはあくまで自分個人の都合。

転職を理由に家庭や地域の行事を止めるわけにはいきません。

たまには息抜きのため趣味も大事です。

 

これだけ役割が重なるとスケジュール調整が大変です。

家庭を持っているなど、仕事以外がある方はそちらの行事もある前提でスケジュールを組みましょう。

 

せまい地方エンジニア業界での転職活動に注意

ぼくは転職活動していることが会社、上司にバレないように気を付けていました。

地方のIT業界という特性上、同じエンジニア業界内では意外と情報が伝わりやすいんです。

 

転職サイトをのぞくと、現職のお客さんや自社が求人情報を出していることも少なくありません。

また合同会社説明会などでは自社の人事担当がブースにいることもしばしば。

 

お客さんや転職サイト側が簡単に情報を漏らすことは無いでしょう。

ただ世間話や飲み会の席など、ふとしたときにどこから情報が伝わるか分かりませんので注意が必要です。

 

 

転職活動のつらさをどうやって乗り切ったのか

つらい転職活動が半分楽になる!始める前に知っておきたいこと。3

 

ぼくは、ここまで紹介した転職活動でのつらさをちょっとした考え方の切り替えや工夫で対策しました。

転職活動前にあらかじめ知っておけば、しんどさをかなり減らせますよ。

いまの仕事でアピールポイントを作る意識をもつ

現在の仕事でもモチベーションを下げないために、転職活動中の仕事も求人企業への実績作りと考えました。

求人企業へのアピールにはこれまでの仕事経験が欠かせません。

当然ながら、転職活動中に取り組んだ仕事も十分アピールポイントになります。

 

たとえ退職までには結果が出ないような長期プロジェクトだったとしても、プロジェクト開始までの計画や環境構築だけでも話の材料には十分です。

今の仕事も次につながると考えてモチベーションを維持しましょう。

 

書類選考で落ちるのは能力のせいではない

転職活動での求人応募で落ちまくるのはある意味当たり前のことだと考えました。

なぜなら転職の成功は求人企業と応募者のマッチングであるため。

求人企業が求めるスキルや条件と応募者のスキルや希望する条件が一致してから、初めて選考がスタートするわけです。

 

極端な例だと、たとえバリバリのWeb開発スキルを持っている人でもインフラエンジニアが欲しい企業の場合は採用することはありません。

求人に落ちるのは当たり前、あなたの能力が低いわけではなくマッチしなかったと考えるようにしましょう。

 

 

転職活動の終わりは決めない

「いつまでに転職する。」という転職活動は終わりは決めないようにしました。

転職活動では自分の要望にマッチする求人がいつ出てくるか分からないため、普段の仕事とは違って転職活動の終わりはスケジュールできません。

 

もし終わりを決めてしまうと、自分が納得いく企業より転職の期限を優先してしまい、十分に納得できないまま転職してしまう可能性があります。

いずれマッチする企業が出てくればいいな、くらいの気持ちで転職活動を進めるようにしました。

 

もちろん今すぐ辞めないといけないような事情がある場合はこんなにのんびりしていられないでしょうが、ぼくの場合はそこまで追い詰められていませんでした。

転職の期限を決めておくのではなく今の会社に残ることも含め色んな選択肢を残しておくと気持ちが楽ですよ。

 

 

プライベートとの両立は時間確保が命

転職活動とプライベートを両立させるために意識したのは、とにかく時間を有効に使うこと。

1日は24時間しかないため新しく転職活動の時間を確保するには何かの時間を削る必要があります。

 

ぼくの場合、具体的にはダラダラTVを観たりネットサーフィンしていた時間を極力減らすことで、転職活動とプライベート両方の時間を確保しました。

 

また、時間の効率利用を意識することで趣味の時間効率的に行えるようになりました。

 

 

転職活動の方法をしぼる

せまいエンジニア業界で自社に転職の情報が伝わらないよう、ぼくは転職活動の方法を転職エージェントだけに絞りました。

説明会への参加や知人へ相談することで会社関係者とバッティングする確率を減らすためです。

なお、ぼくが利用した転職エージェントはこちらの記事で紹介しています。

地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

地方で社内SEに転職できたぼくが利用した転職エージェントを紹介しています。なぜこの3つを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを絞った戦略と理由まで書いていますので、役立ててください。
※すべて無料で利用できすよ。

 

いろんな方法で幅広く活動していると思わぬところで関係者に情報が伝わることも考えられます。

ただし、最悪会社にバレても良いからなるべく早く良い転職先を探すことを優先するのであれば、一つの方法だけに絞らず複数の方法を使うべきでしょう。

 

 

なぜ転職活動はしんどいのか?

つらい転職活動が半分楽になる!始める前に知っておきたいこと。4

 

これまでの記事で転職活動でつらかったことを紹介しました。

中でも転職活動がつらい一番の理由は終わりが見えないことです。

いつかは決まるだろうと頭では思っていたとしても、終わりが見えないのはつらかったですね。

 

でも転職活動ではふとしたタイミングで急に話が進み始めます。

 

内定が決まるときはあっという間

なかなか内定が出ない、それどころか面談までもいかないという状況でも内定が決まるときはあっと言う間。

それは転職は求人と求職者のマッチングで、お互いの条件が一致すれば話は早いんです。

ぼくは半年以上転職活動していましたが、最終的に内定が出た企業に決まったときは最後の3週間ほどで一気に進みました。

ずっと同じペースで進むのではなく、転職先が決まるときはあっという間と考えておきましょう。

 

まとめ:つらさを乗り切った先に成功がある

いま振り返ってみても転職活動はつらいもので楽しくはありませんでした。

しんどい期間をいかに乗り切るか。

その先に転職活動の成功が待っています。

本記事で紹介した内容であなたの転職活動が少しでも楽になれば幸いです。

それでは。

 

 

こちらの記事も読まれています
コメントを残す