大企業と中小企業の違いは?転職したいエンジニアは知っておこう!
「エンジニアで転職を考えているけど、大企業と中小企業では何が違うの?


「実際に働いたことのある人の話を聞いてみたい。
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。ネロです。
大企業と中小企業では社員数から制度までいろんな違いがありますよね。
でも働くエンジニアという立場で見てみると、企業規模だけで違いがあるわけではありません。

同じシステム開発でもエンジニアの仕事内容で違いが出るのは、企業規模よりもむしろ開発するシステムの規模。

 

ぼくは社員数が数千人規模の大企業から社員数十人程度の小企業へ転職し、大企業と小企業での開発を経験しました。

本記事では大企業と小企業での仕事内容の違いをエンジニアの観点で解説します。

記事を読み終えれば大企業と中小企業でのエンジニアの働き方がイメージできるはず。

それではご覧ください。

 

企業規模だけでは仕事内容に違いがないワケ

大企業と中小企業の違いは?転職したいエンジニアは知っておこう!2

 

社員数が多い会社、全国に拠点がある会社でも開発するシステムの規模は必ずしも大きい訳ではありません。

そして大企業でも実際に働く部署では少ない人数で動いているため、現場だけでみると中小企業とあまり変わらないんです。

 

大企業は小さな部署の集まり

一般的に企業ではターゲット顧客や取り扱う技術によって部や課に細かく分けられています。

企業によって差はありますが、だいたい20~30人程度というところでしょう。

なぜ20~30人に分けられているかと言うと、1人の管理者で管理できる適切な人数と言われているため。

 

例えば学校のクラスは大体30人前後であることが多いですよね。

一つのグループは学校のクラス人数が適切と言われています。

最近ではクラス人数が40人以上の学校も少なくありませんが、副担任を置いたり35人学級が議論されているなど適切な人数に向けて動いていますね。

 

社員数千人の大企業といっても20人~30人ほどの部署が集まって会社となっています。

 

小規模の開発案件なら部署内だけで対応する

システム開発案件の規模が小さく、自分たちでカバーできるスキルの案件であれば部署内のメンバーだけで対応します。

数人月程度の案件なら数人でも対応できるため他部署をまたいで人を集める必要もありません。

 

開発案件メンバーは開発するシステム全体を把握し、設計からプログラミング、テストまで一連の作業を担当します。

小人数だと一人で広い範囲をカバーしないといけないんです。

 

小さな開発案件も多いため、20人~30人ほどの部署内での開発が大きな割合を締めます。

 

大規模案件なら部署をまたいで人が集まる

システム開発案件の規模が大きく、自分たちだけでカバーできないスキルが必要であれば部署を超えて対応します。

数十~数百人月の案件だとスキル要件も幅広いため、一つの部署だけではまず対応できません。

 

ぼくが経験した実際の大規模案件では、全国のいろんな部署から数百人レベルでエンジニアが集められプロジェクトが作られました。

プロジェクトでは役割ごとにチームがきっちり分けられます。

担当者レベルであれば特定の機能に特化したプログラミングやテストなど、担当できる部分はシステム全体のごく一部。

 

ただし大規模案件は小規模案件にくらべると数は少ないため、大規模案件の開発を経験できる機会は限られてくるでしょう。

 

部署単位で見れば中小企業と変わらない

大企業も中小企業も末端の部署で考えるとシステム開発の仕事内容は変わりません。

先に書いたように企業規模が大きくても、小さな開発案件では結局部署内の数人や十数人ほどで開発を行うため開発内容はほとんど同じ。

システム全体を把握し、設計からプログラミング、テストまで一連の作業を少人数で行います。

 

また、一般的には部署ごとに利益の確保を求められ、人事や損益、売り上げ目標も部署単位で決められます。

まさに会社の部署は小さな会社と同じなんですね。

 

 

エンジニアの仕事内容に影響するのは何か

大企業と中小企業の違いは?転職したいエンジニアは知っておこう!3

 

企業規模の違いだけではエンジニアの仕事内容に変わりはありません。

ぼくの経験からエンジニアの仕事内容が変わる主な条件はこちら。

 

  • 開発案件の規模
  • プロジェクトでの立場
  • 職種

 

それぞれ見ていきましょう。

 

開発案件の規模でエンジニアの仕事は何が違うのか

開発案件の規模が変わるとエンジニアがカバーできる範囲が違ってきます。

当たり前のことながら、1人のエンジニアで開発できる作業量には限界がありますよね。

 

例えば数十人~数百人レベルの大規模案件では1人の開発担当者が受け持つのはシステム全体からみるとほんの一部。

一部機能のコーディングやテストなどを行い、作業工程もプログラミングやテストに特化した役割を担う場合がほとんどです。

一方で数人レベルの小規模案件では少ない人数で開発するため皆でシステム全体を担当します。

要件定義、設計からプログラミング、テストまでをメンバー全員で進めていかざるを得ません。

 

1人のエンジニアが見る範囲が変われば、担当する作業工程も変わり仕事内容も変わる訳ですね。

 

立場が違えばやるべき仕事も変わる

同じエンジニアでもプロジェクトでの立場が違えばやるべき作業が変わってきます。

それは立場の違いでプロジェクト内の役割が変わるためです。

 

例えばマネージャーやリーダークラスであればプロジェクトやチームをまとめて開発を進めることが仕事。

進捗管理を行い開発を進め、工数や原価管理でプロジェクトの健全性をチェックします。

一方、プログラマやテスターであれば現場でのプログラミングやテストが主な仕事。

設計に従ってコーディングを行い、テスト仕様書を基にシステムを動かして動作確認を行います。

 

中にはプロジェクト管理を行いながらコーディングもするようなプレイングマネージャーの方もいることでしょう。

開発規模が小さくプロジェクトメンバーが少なければよくある話です。ぼくも管理しながら開発を何度も経験しました。

 

同じ開発プロジェクトでも役割が違えば仕事内容は全然違ってきます。

 

職種によってエンジニアの仕事は全然違う

ITエンジニアと言っても色んな職種のエンジニアが存在します。

そして職種が違えば仕事内容は大きく変わります。

 

ぼくもいろんなエンジニア職を経験しましたが、職種が変わるたびに必要なスキルや知識が変わるため大変でした。

ここではぼくが経験した職種を紹介します。

 

ソフトウェア開発エンジニア

お客さんからソフトウェア開発の依頼を受けシステム開発を行うエンジニア。

要件に従ってシステム設計を行い、設計内容をもとにコーディング、テストを行うのが主な仕事です。

プログラミングスキル、設計スキルが必要になりDBやWebの知識も重要です。

一般的なITエンジニアのイメージはソフトウェア開発エンジニアではないでしょうか。

 

インフラエンジニア

サーバやネットワークなどソフトウェアが動作するための基盤を構築、運用するインフラエンジニア。

インフラ要件に従って設計を行い、サーバの組み立てやOSインストール、ネットワーク環境構築を行うのが主な仕事です。

当然ながらサーバやOS、ネットワークの知識が必要な職種です。

ソフトウェア開発エンジニアのようにプログラミングを行う機会はあまりありません。

 

社内SE

自社内の情報システムの保守運用を行う社内SE。

会社の経営方針に基づいて必要な情報システムを企画・立案し、導入から運用までを実現していくのが主な仕事。

システム開発やインフラの知識に加え、社内に必要な情報システムを企画するスキルも必要です。

本記事を書いている時点では、ぼくは社内SEの仕事をしています。

 

社内SEと開発エンジニアの違いはこちらの記事で詳しく解説していますので、もっと知りたい方はこちらからご覧ください。

 

 

大企業と中小企業で違うことは?

大企業と中小企業の違いは?転職したいエンジニアは知っておこう!4

 

これまでエンジニアの仕事内容は企業規模の違いだけでは違いがないことを書きました。

ただ仕事内容以外を見ると大企業と中小企業で違う点は存在します。

社員数数千人の大企業から社員数数十人の小企業へ転職したぼくが、「大企業と中小企業ではやっぱり違うな。」と感じたことを紹介します。

 

福利厚生の手厚さは大企業が有利

福利厚生の面では圧倒的に大企業の方が充実しています。

やはり大企業は資金面での体力があるため、福利厚生へ力を入れる余裕がありますよね。

例えばこちら。

  • 全国に保養所を持ち社員が自由に使える。
  • 住宅補助が受けられ家賃が安く済む。
  • テーマパークなどが格安で利用できる。

 

もちろん中小企業でも福利厚生が充実している会社もあるでしょう。

でも全国の保養所などは日本中に事業所がある大企業ならでは。

福利厚生は仕事内容に直接関係なくても、社員の働きやすさやストレス軽減には大切な制度です。

 

 

中小企業では社内事務のシステム化対応の遅れも

中小企業では社内事務処理が紙ベース、手処理前提の業務がまだまだ残っています。

社員数が少ない中小企業では社内システム専任の社員がいないため、なかなかシステム化へ手を回す余裕がありません。

 

例えば書類のワークフローも印刷した紙を回覧ボードに乗せ、順次印鑑を押していく運用。

また設計書のレビューも印刷した紙をメンバーに配って行います。

 

大企業でもシステム化が出来ていない部分も少なくないでしょう。

でも情報システムに投資できる余裕がある大企業の方が、情報システム化が進んでいる傾向にあるのは間違いありません。

 

小企業であるぼくの会社でも事務処理のシステム化はなかなか進んでいかないのが現状です。

 

まとめ:企業規模だけで判断できない

中小企業に比べると大企業の方がよいイメージがあるかもしれません。

でもエンジニアの仕事内容は企業規模だけでは決まらないため注意が必要です。

 

本記事で書いた大企業と中小企業の違い、エンジニアの仕事内容の違いはあくまでぼくの経験の範囲。

実際の現場ではもっといろんな場面で違いが出てくるでしょう。

 

大企業から中小企業へ、またその逆の転職を考える場合、いろんな企業があり自分の経験だけでは仕事内容の違いは判断できないものです。

ぼくは転職エージェントを使って自分の経験だけでは分からない違いを知ることができました。

 

できる限りの方法を使って多くの情報を得て自分に合った仕事内容かどうかを判断し、転職を成功させてください。

それでは。

地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

地方で社内SEに転職できたぼくが利用した転職エージェントを紹介しています。なぜこの3つを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを絞った戦略と理由まで書いていますので、役立ててください。
※すべて無料で利用できすよ。

 

こちらの記事も読まれています