転職活動と趣味は両立できる?バンドマンのエンジニアが体験を解説
「転職活動中は趣味をやめておいた方がいいのかな?


「趣味を続けながら転職活動ってできるの?
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。ネロです。

 

「転職活動に専念するため趣味はしばらくお休みした方がいいな。」

と考える方も多いのではないでしょうか。

でも転職活動の時間を上手に確保できれば、趣味を続けながらの転職活動をあきらめる必要もありません。

 

ITエンジニアのぼくは趣味のバンドを続けながら転職活動を行い、今働いている企業へ転職できました。

趣味を続けられたことで転職活動自体のプラスになった面も少なくありません。

 

本記事では趣味と転職活動を両立するためのポイントをぼくの実体験をおりまぜながら解説します。

そしてあなたも転職活動中は趣味をあきらめなければ、という考えが変わっているはず。

それではご覧ください。

 

 

趣味を続けながら転職活動をするポイント

転職活動と趣味は両立できる?バンドマンのエンジニアが体験を解説2

 

転職活動はあなたが思っている以上に時間が掛かります。

自己分析、企業調査、履歴書や職務経歴書の作成、求人企業との面談など、転職活動で必要になる作業を書き出すときりがありません。

つまりこれらの時間をどう確保するかが大きなポイントです。

 

転職活動の時間を確保する方法

転職活動を行うためにはこれまで行っている”何か”の時間を削らないといけません。

一日のなかで仕事、趣味の時間に加えて家庭を持っていれば家族との時間も取っているはず。

転職活動を始めるとこれらに加えて転職活動の時間も入ってくるため、何もしなければ1日の中からあふれてしまいます。

では何の時間を削ればよいのでしょうか。

 

真っ先に削るのはだらだらする時間

普段の生活を振り返ってみると、意味のない時間を過ごしていることはありませんか?

例えばスマホをだらたら見ている、テレビをだらだら見ている時などは、気がつけばけっこうな時間が過ぎてしまうもの。

転職活動のために一番に削る時間はこのような”だらだら過ごしている時間”です。

 

給料をもらって働いている以上、今の仕事の時間は当然削れません。

また家庭を良くしていくためには家族との時間はとても大切。f家族との時間も減らすべきではありません。

 

本記事を読んでいるということは、趣味の時間も極力減らしたくありませんよね。

そのためには仕事、家庭、趣味以外のスキマ時間を探しましょう。

ぼくの場合は、まずだらだらテレビを観ていた時間を減らしました。それだけでも1時間は確保できます。

 

 

いつもは意識していないだらだら時間を探してみると意外に見つかるものですよ。

 

 

趣味の時間を減らしても質を落とさない

だらだら時間を探して減らしても、まだ転職活動の時間が足りないこともあるでしょう。

しっかりスキマ時間を探しても時間が足りないのであれば趣味の時間を制限することになります。

 

ただし趣味の時間を減らしたからと言って質まで落とすわけではありません。

 

例えば楽器演奏が趣味だと、効果的に練習することで短時間でも大きく上達できます。

ぼくの場合ですと、ギターの練習を自宅でも立って練習することで短時間練習を実現しました。

他にも働きながら趣味の時間を確保する工夫をこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

 

ぼくの場合はギターの練習方法を工夫しましたが、音楽以外の趣味でもそれぞれ効率化する方法はあるはず。

あなたに合った方法で趣味の時間を減らしてみましょう。

 

 

睡眠時間を削るのはNG

趣味の時間を確保するためにやりがちなのが睡眠時間を削ること。

ただし日常的に睡眠時間を削って趣味の時間を確保するのは、最もやってはいけないことと考えてください。

 

仕事も趣味も体調管理は最優先です。

体調を崩すと転職活動どころか現在の仕事も趣味も何もできなくなりますよね。

 

ぼくは以前は睡眠時間を削って夜中にギターの練習をしていました。

でも翌日はひどい頭痛と眠気で仕事のパフォーマンスはがた落ち。

ひどいときは通勤中に歩道の街灯にぶつかるという、漫画のようなことをやらかしていました。

 

あなたが時間を確保する目的は転職活動で希望する企業へ入社すること。

とても大きなエネルギーを使う転職活動に睡眠不足で臨んでは良い結果は得られませんよ。

 

趣味の時間は1日1時間でも十分

ここまでを読んで、

「趣味の時間はそんなに削れない。」

「時間を削ると上達できなくなる。」

と思われたかもしれません。

でもはたしてそうでしょうか。

 

子供の習い事を考えてみてください。

習い事の時間は1日30分や1時間で、週1回程度のパターンが多いでしょう。

たった1日30分や1時間の練習でもしばらくするとものすごく上達しています。

 

もちろん子供だから吸収が早いこともありますが、一度にたくさん練習するより大事なのは継続すること。

趣味の時間を効率化して時間を減らしてもそれほど質は落ちませんよ。

 

転職活動中に趣味を続けるメリット

転職活動と趣味は両立できる?バンドマンのエンジニアが体験を解説3

 

それでも趣味を一旦止めて転職活動に専念する方が良いように感じられるかもしれません。

ここでは、ぼくが転職活動中にも趣味を続けていて良かったと感じた点を紹介します。

 

気持ちのリフレッシュは積極的に

転職活動でも趣味の時間があると良い気分転換になります。

というのも転職活動は場合によってはかなり長期間になることも多く先が見えない戦いになりがち。

また求人企業への応募はほとんどの確率でお断りされるため、精神的にもけっこうへこむんですよね。

 

転職活動と仕事の繰り返しだけだと精神的に参ってしまい、転職活動自体が止まってしまう悪循環になり可能性もあります。

そんな中で趣味の時間に自分の好きなことに集中すると良い具合に意識が切り替わって頭の中がすっきりします。

ぼくもギターを演奏やバンド活動で仕事や転職活動のもやもやをリセットできました。

 

必ずしも趣味である必要はないのですが、何か気分転換できること・仕事とは別に打ち込めることを持っていると転職活動もくじけずに続けられますよ。

 

企業との面接では必ず趣味の話になる

趣味を続けていると求人先企業との面接でアピールポイントになります。

たとえエンジニアの様な技術職であっても、企業が人を採用する観点はスキルや経験ばかりではありません。

「この人と一緒に働けるのか。」

という視点で人間性を見るためには、仕事以外の趣味などは重要なポイント。

 

ぼくも今の会社の採用面接では趣味のことを聞かれました。

入社後に面接官に話を聞いたところ、

「仕事をしているとストレスも多くキツい場面がどうしても出てくるため、ストレスに耐えられるだけの耐性や環境を持っているかを確認している。」

という話をされました。

 

転職活動の忙しいなかでも趣味を続けていることは、ストレス耐性を見る上で大きなアピールポイントですよ。

 

 

転職活動と趣味を両立するための注意点

転職活動と趣味は両立できる?バンドマンのエンジニアが体験を解説4

 

転職活動も趣味もどちらも続けたいという状況では当然気を付けるべきポイントも存在します。

ここでは、ぼくが転職活動を通して感じた注意点を解説します。

 

スケジュール調整は小まめに

ぼくが一番気を使ったのは仕事、転職活動と趣味のスケジュールが重ならないようにすること。

仕事、転職活動と趣味と3つの作業を同時進行しているとスケジュールが重なる可能性が高くなります。

 

例えば趣味であるバンド活動のライブイベント日程は何ヶ月前から決まっていて、仕事や転職活動の突発的な予定が重なることもありました。

それぞれの時間や日程を調整しながら切り抜けましたが、転職期間中には普段以上にスケジュール管理に気を使いました。

 

転職活動と趣味を両立するためにはスケジュール調整が大変になると考えてください。

 

趣味に時間を使い過ぎない

時間を忘れ趣味に没頭しすぎないように注意しましょう。

1日の時間は限られているため趣味に時間を掛け過ぎると転職活動の時間が減り、睡眠時間を削ることになりかねません。

上で書いたように睡眠時間を削ってしまうと仕事や転職活動の質に影響が出てきます。

 

ぼくはギターを立って練習することで1時間ほどで疲れて練習を止められるように工夫しました。

転職活動に時間を使う分、ある程度趣味の時間は減る覚悟を持っておきましょう。

 

まとめ:時間確保に転職エージェントをフル活用

最後にもう一つ重要なことを書きます。

本記事ではスキマ時間や趣味の時間を減らして転職活動の時間を確保することを解説しましたが、転職活動自体の効率化も大切です。

せっかく確保した転職活動の時間を無駄にしたくありませんよね。

 

ぼくは転職活動を効率的に進められるよう、エンジニア専門の転職エージェントを活用しました。

転職エージェントはあなたの希望条件に沿った求人企業のピックアップや、求人企業とのやり取りを代行してくれるため、転職活動につぎこむ時間を節約できます。

転職者は無料で利用できるため、こういった便利なサービスを上手に活用しましょう。

 

転職エージェントが代行してくれる内容や利用するメリットはこちらの記事で解説しています。

 

ぜひ転職の成功に結び付けてください。

それでは。

地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

地方で社内SEに転職できたぼくが利用した転職エージェントを紹介しています。なぜこの3つを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを絞った戦略と理由まで書いていますので、役立ててください。
※すべて無料で利用できすよ。

 

こちらの記事も読まれています