社内SEと請負SEの違いを現役エンジニアが解説『どちらも経験』
「社内SEってどんな仕事をするの?請負開発の仕事とは何がちがうのかな?


「実際に働いている人の話を聞きたい。
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。SIerから社内SEへ転職したネロです。
10年以上SIerで請負の開発を行っていた環境から社内SEへ転職しました。

実際に働いてみると、社内SEと請負SEでは仕事内容や組織などいろんな面でちがいます。

 

本記事では、ぼくの実体験をもとに働く立場から社内SEと請負SEのちがいを書いていきます。

とくに社内SEへの転職を考えている方は、

「思っていた仕事と違う」

とならないよう、本記事を読んでSIerとの違いを知っておきましょう。

それではご覧ください。

社内での立場のちがい

『社内SEと請負SEの違いを現役エンジニアが解説『どちらも経験』2

 

社内SEと請負SEでは会社組織での位置づけがちがいます。

ポイントは、プロフィット部門(=会社の利益を上げる部門)かどうか。

社内SEはプロフィット部門ではない

社内SEと呼ばれるエンジニアは、直接的に会社の利益を上げてはいません。

一般的に社内SEの多くは、企業の情報システム部門に所属しているためです。

 

情報システム部門は企業内のIT環境を整え、企業活動をサポートする間接部門。

総務や経理と同じく、直接利益を上げないノンプロフィット部門と呼ばれる位置づけです。

 

情報システム部門が整備したIT環境を他企業やユーザに売っているわけではなく、企業が提供するサービスや製品を作るためのIT環境を整える仕事です。

 

SIerの開発エンジニアはプロフィット部門

請負エンジニアは企業の売り上げに貢献する開発を行っています。

請負SEはSIerやソフトウェア企業の開発部門に所属し、開発したソフトウェアを他企業や一般ユーザへ提供し利益を得ています。

 

会社の売り上げを上げる部署はプロフィット部門と呼ばれ、どの企業でも社員の多くはプロフィット部門に所属していることが一般的。

たとえば、自動車製造業であれば自動車の設計、開発、組み立てを行う部署がプロフィット部門ですね。

 

プロフィット部門は立場が強い

プロフィット部門とノンプロフィット部門、会社で立場が強いのはプロフィット部門です。

なぜなら、プロフィット部門は会社の売り上げを上げている部署だからです。

 

プロフィット部門の成績は会社の売り上げに直結するため、社内でも声が通りやすく自然と立場が強くなります。

一方でノンプロフィット部門は、あくまでサポートする立場。

売り上げを上げるわけではなく、プロフィット部門に比べると立場は弱めといえます。

立場の違いが収入にあらわれる

プロフィット部門とノンプロフィット部門のちがいが表れるのが給与面。

利益を上げているプロフィット部門の方が収入が上がりやすく、一般的に社内SEは請負SEに比べて給料が低い傾向にあります。

 

実際にぼくが転職活動中でみた求人条件でも、社内SEの方が100万~150万ほど低く感じられました。

都市部の社内SEでも給与面の差はありますが、地方ではなおさら給与は安いです。

求人を探してみると、想像以上に給与の開きがありビックリしました。

 

収益部門の方が評価されやすく給与に反映されやすいため、社内SEの方が給料は低いのは間違いありません。

仕事内容のちがい

『社内SEと請負SEの違いを現役エンジニアが解説『どちらも経験』3

 

社内での立場がちがえば仕事内容も変わってきます。

ポイントは”どこから仕事が流れてくるか”。

 

請負SEは社外のお客が相手

SIerなどの請負SEは他企業から依頼を受けて開発を行います。

直接的にやり取りする取引相手は、主にユーザ企業の社内SEやシステム利用ユーザ。

 

たとえば、あるメーカー企業で在庫管理システムの機能改修を行うとします。

メーカー企業の社内SEが要件を決め、発注された開発をSIerが請負い開発する流れが一般的。

 

請負SEでも社内の総務や営業部門とやり取りすることもあります。

でも開発中に圧倒的にコンタクトがあるのは社外のお客さんです。

 

切り出した機能の一部を開発する

請負側では、発注元企業のシステムすべてを開発することはあまりありません。

なぜならユーザ企業の社内SEで対応しない、対応できない案件が切り出され外部へ発注されるためです。

 

たとえば、在庫管理システムへの機能追加を行う場合を考えてみましょう。

ユーザ部門と協議し、要件を固め設計に落とし込むまでは社内SEで行います。

そして実際の開発は請負企業へ委託し、開発されたシステムを社内SEで検証してリリースします。

 

もちろん社内SEの要員に余裕があれば社内で開発を完結できるのでしょう

でも、コスト削減がさけばれる現代では、人員に余裕のある企業はそれほど多くはないでしょう。

 

納期は発注側が決める

開発案件を請け負う場合、請負側で納期を決めることは基本的にありません。

要件が固まった段階ですでに納期は決まっており、SIerに発注されたタイミングでは納期は変更できないもの。

そしてSIerでは、発注側が提示した納期を実現できる前提で開発を請け負うため納期は絶対。

納期をコントロールできないSIerは、仕事がタイトになりやすい立場です。

 

社内SEは社内ユーザが相手

社内SEの仕事は社員が利用している社内システムの開発、導入、保守運用。

そのため社内SEがやり取りする相手は自社の社員がメインです。

 

たとえば在庫管理システムや販売システムなどの基幹システムは業務に直接利用されるシステムのため、開発では製造部門やサービス部門などプロフィット部門の社員とやりとりします。

また、給与管理システム、スキル管理やワークフローなど間接的なシステムの開発では、総務部門や経理部門などノンプロフィット部門の社員が相手。

 

ただし社外に案件を発注する、パッケージソフトを導入する場合は、外部企業の担当者とのやりとりも発生します。

外注したシステムやパッケージソフトを導入する場合でも、最終的に自社社員との調整が必要なのは変わりません。

 

自社で開発できない案件は社外へ外注

社内SEの仕事の一つに、SIerやソフトウェア開発企業への発注業務があります。

情シス部門の限られた人数では、すべての開発を社内で対応できないことも少なくありません。

 

たとえば、メーカー企業での在庫管理システム機能改修を例に考えてみましょう。

社内SEは業務課題を洗い出して機能要件を固め、機能設計を行います。

設計まで完了すれば開発規模が見えてきます。

 

自社で対応できない規模であれば、外部企業へ開発を委託します。

 

発注手続きから仕様の説明まで、SIerの請負SEとやり取りするのも社内SEの大事な仕事。

 

 

納期は社内調整で決まる

社内の開発案件では比較的納期にゆとりがある傾向にあります。

なぜなら、納期を調整する相手が社内であり融通がきくことも多いため。

社内の部門間調整ですむため、請負SEのような発注元との調整に比べると難易度は下がります。

ぼくが社内SEへ転職後にまずビックリしたのは納期のゆとりでした。

 

社内システム全体の把握が必要

社内SEは複数システムにまたがる社内システム全体のデータの流れ、環境を知っておく必要があります。

社内SEの仕事は企画から開発、運用、経営への影響分析まで、広範囲をカバーするもの。

会社全体の業務が回るよう環境を整えるには、一部の機能だけではなくシステム全体を知らないとできません。

つねにシステム全体を俯瞰し、全体の流れをイメージできる能力が必要です。

 

納期のゆとりが残業に現れる

社内SEと請負SEで、仕事の流れのちがいが現れるのは残業時間。

なぜなら、案件の納期を調整しやすい社内SEは複数作業が重なりにくいためです。

 

上で書いたように、請負SEだと基本的に自分たちで納期を決めることはできません。

たとえばSIerで仕事をしている時には、複数案件の納期が重なると一気に残業が増えていました。

どの案件もお客さんは別。こちらの都合は関係ありませんから。

 

もちろん社内SEだから必ず残業が少ないというわけではありません。

でも次の記事で書いているように、納期を調整しやすく負荷を分散しやすいのは確かです。

知っておきたい。”社内SE=楽”ではない

社内SEと請負SEの違いを現役エンジニアが解説『どちらも経験』4

 

社内SEへの転職理由には、「社内SEは楽だから」というものも少なくありません。

ぼくも過去にそう考えていた時期がありました。

 

でもハッキリ断言します。それは間違いです。

 

「楽をしたいから」だと転職は失敗する

「SIerでの開発はしんどすぎる。発注する側で要望を言う方は楽でいいよな。自分も社内SEになりたい。」

このような理由での社内SE転職は失敗します。

 

なぜなら転職者の求める仕事内容と求人内容でのミスマッチが起きるため。

転職の成功は、あなたが望む条件で満足して働けることです。

 

なぜ「社内SE=楽」という転職が失敗するのか、以下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

社内SEは大変な理由が違うだけ

社内SEの大変な点をざっとあげてみます。

 

  • 企画~開発~運用までシステム開発のトータルスキルが必要
  • 社内のステークホルダーへの調整
  • 自社システム全体を把握する必要がある
  • ITシステム活用による経営改善の視点も大切
  • 利用者からの問い合わせも多い

 

 

社内SEには、請負SEにはない苦労がたくさんあります。

ただし何を大変と思うかは人それぞれ。

ぼくは残業削減を求めて社内SEへ転職しましたが、社内SEの仕事が肌に合わない人にとっては苦痛でしょう。

社内SEへの転職はなぜ大変なのか

社内SEに転職して楽になったという声がある一方で、社内SEは大変という声も少なくありません。
本記事では、社内SEへ転職して大変と感じる理由を解説しています。
社内SEへの転職で失敗しないよう、転職を考えている方はぜひご覧ください。

まとめ:転職ではミスマッチを防ごう

転職を成功させるためには、求人企業の仕事とあなたの希望する働き方が一致しないといけません。

社内SEの仕事内容は、あなたが希望する条件と本当に一致しているのか?

ここを理解できれば、あなたに合う求人を見つけやすくなります。

 

社内SEへの転職を成功させる第一歩は、社内SEの仕事内容を知ること。

本ブログでは、SIerから社内SEへ転職したぼくの経験をまとめていますので役立ててください。

本記事が転職の手助けになれば幸いです。

 

 

なお個人的なツテもなかったぼくは、IT転職エージェントを利用して情報を手に入れ求人を探しました。

最後にぼくが使ったIT転職エージェントを紹介しておきます。

家族との時間を増やす!地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

ぼくは地方で社内SEに転職し、残業を減らして家族との時間を増やせました。
ぼくが、なぜこの3つのIT転職エージェントを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを選んだ戦略と理由も書いていますので役立ててください。
※すべて無料で利用できます。

  
  
全国で社内SEを目指すためのIT転職エージェント

社内SEに強い転職エージェントは、ぼくが利用した転職エージェントだけではありません。
こちらの転職エージェントは全国のエンジニア求人を網羅し、社内SEで求人を絞り込めるため幅広い方におすすめです。

  • マイナビIT AGENT/全国の求人を網羅
    IT・Webエンジニア向け転職エージェント。全国の優良企業の求人が豊富。
    ※マイナビIT AGENTは現在ぼくが働いている会社でも中途採用に使っています。
コメントを残す

関連キーワード