『社内SEで楽をしたい』が理由の転職は失敗すると断言できます!
「お客さんから仕事を貰ってするソフトウェア開発の仕事はしんどすぎる。。


「社内SEはお客さんからあれこれ言われることもないし楽なのかな。
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。SIerから社内SEへ転職したネロです。

近年の転職先としてエンジニアにとても人気の社内SE。

本記事を読んでいただいているあなたも社内SEへの転職を何となくでも考えているのではないでしょうか。

 

でも実際に社内SEへ転職して仕事をしているからこそ感じることは、”楽だからという理由で社内SEへ転職しようとすると必ず失敗する”ということ。

本記事では社内SEへ転職する理由が「楽そう」だと失敗する理由を書いていきます。

 

抽象的にならないよう実体験を踏まえた実例を挙げながら説明しますので、安易に社内SEへ転職して後悔しないよう注意しましょう。

それではご覧ください。

 

 

 

転職の失敗はミスマッチ

『社内SEで楽をしたい』が理由の転職は失敗すると断言できます!2

 

社内SEが楽だから、という転職が失敗する理由は、

”仕事内容と働く条件のミスマッチ”

です。

 

ミスマッチが起きれば「思っていたことと違う」「こんなはずじゃなかった」となるのは、社内SEやエンジニアに限らずどんな業種でも同じこと。

 

 

転職における成功とは?

成功した転職を一言で表すなら、

「自分が希望する働き方を実現できる環境を得られること」

と言えます。

なぜなら仕事に求める条件は一人一人違うため。

 

例えば仕事にやりがいや成長を求め常にチャレンジできる厳しい環境へ身を置きたい方なら、日々の業務を淡々とこなしていく仕事は物足りなくひどい会社だと感じるでしょう。

一方で最低限生活できる収入があればよく、仕事よりもプライベートや趣味を楽しみたい方であれば、常にプレッシャーが掛かる厳しい仕事環境には耐えられませんよね。

 

 

ちなみに、ぼくが転職先選びで優先したことはワークライフバランスです。

ただSIer時代はメーカーやユーザ企業の情シス部門とお付き合いが多く、社内SEの仕事内容や大変さは身近に感じていました。

そこで社内SEだけを条件で選ぶのはなく、成熟した業界で腰を据えて働ける会社を探しました。

バリバリのベンチャーなどだと一人で何でもやることになり、とてもワークライフバランスどころでは無くなってしまいますから。

 

 

 

働き方の条件がハッキリしないと転職は失敗する

失敗しない転職を実現するためには、あなたが仕事に何を求めて何のために働くのか明確にすることが大切。

自分自身が何を優先して働きたいのか分からなければ、どんな会社でも結局ミスマッチになってしまいます。

やりがいがあり、残業もなく、責任もなく、楽にこなせて、給料も良い、なんて都合の良い仕事はありませんから。

 

 

前職で社内SEになると辞めて数年後に元の会社へ戻ってきた先輩がいました。

なぜ戻ってきたのか話を聞いてみると、「お客さんから厳しい要求をされるのが嫌で発注する側に回りたく社内SEへ転職したが、企画から保守運用までシステム全体をカバーしないといけないのでキツい。」とのこと。

発注する側が楽という思いだけで転職したため失敗した例と言えるでしょう。

 

あなた自身が何を優先したいのか分からないのであれば、「この条件なら耐えられるか?」を基準に優先内容を決めると良いですよ。

 

 

社内SEが楽なんじゃないかという勘違い

『社内SEで楽をしたい』が理由の転職は失敗すると断言できます!3

 

過去のぼくもそうだったように、”社内SEは楽”と思われる方は少なくありません。

では、なぜそんな勘違いをするのでしょうか。

ぼくの経験をもとに理由を考えてみます。

 

となりの芝生は青く感じる

「案件を受注して開発するのではなく、発注する側に回りたい。」

SIerで開発を続けているとこのように考えるようになります。

それはSIerの仕事は顧客からの納期や要求がとにかく厳しいため。

 

顧客から受注した仕事の納期は基本的に顧客側が決めます。

そして同時期に複数の開発案件が重なることも珍しくありません。

 

開発終盤になると開発中のシステムに関して顧客から色んな要望があがりだします。

その上で複数案件が重なり納期が近いとそれぞれの納期を守るために残業が増えてきます。

お客さんからすると、他の案件の納期は全然関係ありませんから。

 

もちろん全ての要求を受けるわけではなく予算と納期を考慮して交渉はしますが、軽微な要求でも複数案件で続くとボディブローのように響いてくるもの。

 

このように顧客から要求を受けキツい状態が続くと、

「発注側は好き勝手言うだけだから楽で良いよなー。」

と思うようになります。

 

社内SEへ転職した今思えば発注側にはそれなりのしんどさがあるわけで、必ずしも正解ではないと分かったんですが、請負側だけしか経験がないと中々気付けないんですよね。

 

ブラック企業はその会社に問題あり

SIer=ブラック、社内SE=ホワイトという訳ではありません。

業界すべてが問題なのではなく、残業続きのブラック企業というのはその会社に問題があるためです。

 

ぼくが前職でお付き合いのあったお客さんのなかにも、残業続きの会社がありました。

 

お客さんの会社はとあるサービス業でやり取りしていた部署は情シス部門。

情シスなので社内SEに該当するわけですが、常に稼働は高く休日出勤も少なくありませんでした。

逆に大手SIerでもワークライフバランス重視で残業を抑えている会社もありました。

 

SIerでしんどい仕事をずっと続けていると中々周りが見えなくなってきます。

お客さんや取引先など、あなたと関連がある会社の働き方を見回してみるのも視野が広がって良いですよ。

 

社内SEで大変なことは何か

『社内SEで楽をしたい』が理由の転職は失敗すると断言できます!4

 

社内SEにはSIerとは違う大変さがある、と言ってもSIerしか経験が無ければ中々イメージが出来ませんよね。

そこでぼくがSIerから社内SEへ転職して感じている大変さを解説します。

 

自社システム全体を知らないといけない

SIerで開発を請け負う場合、多くは業務システム全体を知る必要がありません。

それは請負開発だとシステムの一部機能を切り出して開発することが多いためです。

 

例えば、基幹システムのデータを取り込んで特定の目的に利用するためのWebシステム開発があったとします。

請負側はWebシステム部分の仕様は全て理解する必要はあるものの、会社の業務観点でみればWebシステムは業務システム全体のほんの一部。

 

一方で発注元の社内SEは基幹システムからWebシステムまで、それぞれの仕様と業務全体の流れを理解する必要があります。

社内業務と業務を支えるシステム両方を理解し、適切な仕様を決定しなければいけません。

 

 

止まらない問い合わせの電話

社内SEでは自社のユーザからシステム関する問い合わせを受けるサポート業務も大事な仕事。

ユーザからの問い合わせで忙殺され他業務が進まないことも日常茶飯事。

 

もちろん請負側でもお客さんからの問い合わせはあります。

ただ社内SEのサポート業務とは頻度と数が違うため、負担が全然違います。

 

保守システムから逃げられない

請負側では開発依頼や見積もり依頼があった全ての案件を必ず受けるわけではありません。

利益にならなそうな案件でも絶対に引き受けなければいけない決まりは無いためです。

 

過去にぼくも実際にお客さんの依頼を聞き見積もりを行った上で、

「この案件は要件が厳しすぎて失敗しそうだな。」

「今は開発要員が空いてないから対応できない。」

といった理由でお断りすることはありました。

 

一方で社内SEだと請負側のように利益にならないから、要件が厳しすぎるからといって開発をしないわけにはいきません。

難易度が高く厳しい開発でも、自社ユーザがシステムを使っている以上社内SEがシステムのお守りをする必要があります。

 

 

企画から開発、運用までトータルスキルが求められる

社内SEに求められるスキルは超上流~下流工程まで多岐にわたります。

自社システムを開発するためには、システム導入の経営への影響やユーザ要件の抽出、実際の設計開発・テストまで一連の工程を避けて通れません。

 

例えば社内で使用するワークフローシステムを開発する場合、次のような作業が発生します。

  • 業務の問題点抽出
  • システム導入による経営への影響分析
  • ユーザへの仕様ヒアリング
  • システム設計
  • 開発・テスト
  • 保守・運用
  • システム導入後の影響解析

 

またユーザや開発責任者へ納得してもらうためのコンサル的な能力も必要です。

近年の案件ではAIやIoTなど最新知識も要求されます。

 

 

あなたはどんな仕事をやりたいのか

『社内SEで楽をしたい』が理由の転職は失敗すると断言できます!

 

これまで書いてきたように、成功する転職とはあなたが仕事に求めることと求人企業の仕事内容とのマッチング。

転職を成功させるためには、

「自分は何を優先して仕事をしたいんだろう?」

と考え抜きましょう。

 

ぼくはワークライフバランス+腰を据えた開発

ぼくが転職活動をする中で重視したことは次の2つ。

  • ワークライフバランス
  • 腰を据えたシステム開発

 

SIer時代は常に複数案件を請け負って開発を行っていたため、残業が多くなりがちでした。

またいろいろな業界の顧客から請ける開発はそれぞれ全く異なるスキルが要求されるため、常に新しい技術を身に着ける必要がありました。

 

もちろん色んな技術に触れられることは面白い面も多く成長できるのですが、せっかく覚えても次の開発では全く使わないことも多く、器用貧乏状態になっていることが気がかりだったんです。

 

そこで自社内のシステム開発に腰を据えて取り組める社内SEを希望し、さらにはある程度残業を削減できる企業を探しました。

社内SE=残業が少ないわけではないことは経験上知っていたため、求人企業の業態やビジネスモデルなどは慎重に考えましたね。

 

 

社内SEの仕事内容を知ること

当たり前の話ではありますが、社内SEへの転職を希望するのなら社内SEの仕事内容を知っておきましょう。

なぜなら転職後に”思っていた仕事内容とちがう。”とならないようにするためです。

 

ではどうやって知ればよいのか。

現在の仕事で社内SEのお客さんから話を聞くのもいいでしょう。

飲み会の席に同席できる機会があれば本音や社内の実情が漏れやすいです。

 

また、プロの転職エージェントは転職者のその後や求人企業の実態も教えてくれるためおすすめ。

ぼくはお客さんからも話を聞きつつ転職エージェントも利用し担当者から情報を得ました。

現在の会社に関しても転職エージェント担当者から”残業は安定して少ない”という情報を教えてもらい、結果的に転職に結び付きました。

 

転職エージェントは企業情報にも詳しく転職に必要な事務作業も代行してくれるため、働きながらの転職活動には必須ですよ。

地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

地方で社内SEに転職できたぼくが利用した転職エージェントを紹介しています。なぜこの3つを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを絞った戦略と理由まで書いていますので、役立ててください。
※すべて無料で利用できすよ。

 

 

まとめ:楽な仕事は無い

 

SIerが社内SEのことを楽と感じるのも、結局は社内SEのことを知らないからなんですよね。

本記事で書いた社内SEの大変な面は社内SEの方なら”そうそう”と感じていただけるはず。

 

ぼくの現職でも請負側からの中途採用者がすぐに辞めてしまった事例も少なくありません。

先入観を捨て企業を判断するためには、無料で利用できる転職エージェントなど使えるサービスは利用し尽くしましょう。

 

まずは即行動を。そしてぜひ社内SEへの転職を実現させてください。

それでは。

地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

地方で社内SEに転職できたぼくが利用した転職エージェントを紹介しています。なぜこの3つを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを絞った戦略と理由まで書いていますので、役立ててください。
※すべて無料で利用できすよ。

こちらの記事も読まれています