エンジニアが転職を考えたときに相談してはいけない相手とは!?1
「転職するときに誰に相談すべき?


「エンジニアが転職するなら上司に相談した方がいいのかな。
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。35歳を過ぎて転職したエンジニアのネロです。
エンジニアが転職を考え始めた時って誰かに相談したくなるものですよね。
でも上司?同期?家族?と誰に相談すべきかかなり悩んでいませんか?
ぼくの経験上、転職を考えたときに相談してはいけない相手は上司と同期です。
上司はある意味当然かもしれませんが、同期にも相談すべきではないことは意外かもしれません。
本記事では、上司と同期へ相談すべきではない理由、そして誰に相談すべきかをぼくの経験から語ります。
相談する相手を間違えて無用な引き止めに合わないよう経験を伝えます。

それではご覧ください。

 

上司に相談してもまず良いことは無い

エンジニアが転職を考えたときに相談してはいけない相手とは!?2

 

今あなたが働いている会社の上司にいきなり相談するのはやめておきましょう。

転職活動にとってマイナスになることはあってもプラスになることはありません。

 

上司へ相談すると引き留めに合う

上司の立場で部下から転職の相談を受けると、まずは会社に残ってもらうように話をします。

なぜなら自分の部署から退職者が出ることは上司にとって大きなマイナス評価になるため。

 

今の仕事で不満があるのか。

人間関係で悩んでいるのか。

会社を辞めようとしている理由を深堀するために色んなことを聞かれます。

場合によっては部署移動をすすめられることもあるでしょう。

 

人手不足の世の中では退職者が出ると会社としても戦力ダウンにもつながります。

あなたが部署にとって必要な人材であるほど強い引き留めに合うと思ってください。

 

上司との仲や退職理由によっては例外も

いきなり上司へ相談してもプラスになるパターンも例外的に存在します。

その上司と心を割って話せる仲である前提の上で次の2つ。

  • ステップアップ目的の退職
  • やむを得ない家庭の事情

 

仕事がキツいやブラック企業から脱出したいという理由ではなく、会社を辞めて独立する、フリーランスになる、夢だった自分の店を持つ、など前向きな理由であれば応援してくれます。

また実家に戻って家業を継ぐなど、家庭の事情であっても上司も無理に引き留めることはできません。

むしろ前もって伝えてもらえることで、上司側も要員やスケジュール調整を余裕をもって行えるメリットもあります。

 

上司へ報告するときは意思が固まってから

ぼくの場合は転職先が決まってから上司へ報告しました。

それは転職理由が「残業を減らしたい」「働き方を変えたい」であり、純粋なステップアップ目的ではなかったためです。

 

当然ながら上司といろいろな話をして引き留められました。

でも転職意思は固まっていたため気持ちが変わることはありません。

そもそもそこで意思が変わるようなら初めから転職を決めません。

 

上司へ報告する前には転職の意思を固め説得されないようにしてください。

 

会社の同期にも事後報告で

エンジニアが転職を考えたときに相談してはいけない相手とは!?3

 

入社時から一緒に過ごしている会社の同期は、社内事情も分かりグチを言い合える大事な存在ですよね。

でも同期に早い段階での転職の相談はしない方が良い、というのがぼくの考えです。

 

人の口には戸が立てられない

同期へ話したことであなたが転職を考えていることが上司へ漏れる可能性があります。

いくら信頼のおける同期でも人ってうわさ話が大好きなもの。

同期も色んな部署に配属されているはずです。

それぞれの部署で話が伝わり、他部署の上司経由であなたの部署の上司へ伝わることもあります。

 

「そんなに話が漏れることがあるの?」

と思われるかもしれませんが、実際にぼくの経験をお話しします。

 

飲み会での話が伝わっていった

転職活動ではありませんが部署異動の話が上司へ伝わったことがありました。

 

ある時ぼくの会社で部署異動があり上司や仕事内容が変わりました。

しばらくして同期で飲んだ時に「前の部署が良かった」と同期に話したら、しばらくしてから上司から「なぜ前の部署が良いのか?」という話をされました。

上司には前の部署が良いと直接話したことは無かったため、同期との飲み会での話しが伝わったことになります。

 

同期にも決して悪気があった訳ではなく、ぼくも特に恨んだりしている訳でもありません。

でも人の話はどう伝わるか分からないものだな、ということを学びました。

この一件があったためぼくは転職活動の時には同期にも相談はしませんでした。

 

相談すべき相手はだれなのか

エンジニアが転職を考えたときに相談してはいけない相手とは!?4

 

上司や同期など今の会社の人には転職の相談をすべきではありません。

基本的には現在の会社と関わりのない人へ相談しましょう。

 

現職から転職した社員

あなたの会社から転職していった方とコンタクトが取れるならぜひ話を聞いてみましょう。

一度会社の外へ出ているため、会社の良いところや悪いところを客観的に見れます。

また実際に転職経験があるため実体験に基づいた意見や、自社以外のIT業界を見た経験を聞けるためメリットは大きいですよ。

 

ただし注意点が一つ。

一度辞めた人は会社に対して何らかの不満を持って辞めた可能性も高いです。

会社の悪い点をたくさん挙げてきても、そのまま鵜呑みにしないようにしてください。

 

その方とあなたとは価値観、仕事に求める基準が同じではありません。

アドバイスを参考にしつつも最終的には自分で考えるようにしましょう。

 

一度転職して会社へ戻ってきた方

同じ会社で退職と入社を何度か繰り返している方もまれに居ます。

いわゆる出戻りと呼ばれるパターンですね。ぼくの前職にもいました。

 

もしそういう貴重な方が居たら話を聞いてみてください。

一度会社がイヤで退職したにも関わらず戻ってきたということは、それでも選ぶ理由があったということ。

あなたの意識していない会社の良い面が見えてくるかもしれません。

 

ただし同じ社員である以上、転職の話をすると上司へ話が漏れる可能性があるため注意が必要です。

あなたが転職を考えていることは伏せて「なぜ戻ってきたのか?」を聞くようにしましょう。

 

学生時代の恩師

エンジニアであれば理工系学部の卒業生も多いでしょう。

学生時代にお世話になった教授や先生、先輩や同級生を頼ってみるのも手です。

 

教授が地元の企業とパイプがあったり、理工系の教授であれば自身で起業していることも少なくありません。

また先輩や同級生が実際に働いている会社であれば転職を紹介してくれるかもしれません。

 

ぼくの学生時代の先輩は教授に相談してUターン転職しました。

また学生時代の同級生は別の同級生を頼ってUターン転職しました。

 

学生時代のつながりは一生のつながりとも言います。

学生時代のつがなりを頼ってみましょう。

 

個人的なつてが無ければ転職エージェントを

会社で転職した人や学生時代のつてなどは誰でも簡単に連絡が取れるとも限りません。

そんなときは一般的な転職サービスを使いましょう。

 

エンジニア業界で転職するなら転職エージェントを使うことをおススメします。

地域のIT業界に詳しいため、転職意思が固まっていない段階でも相談に乗ってくれます。

こちらの記事では実際にぼくが使った転職エージェントを解説していますのでご覧下さい。

 

 

 

家族には必ず話しておく

エンジニアが転職を考えたときに相談してはいけない相手とは!?5

 

転職を考えているあなたが結婚して家庭を持っているなら、家族には必ず転職の話をしておきましょう。

それは転職が家庭に与える影響が大きいためです。

 

嫁ブロックという言葉は広まりつつある

嫁ブロックという言葉を知っていますか?

旦那さんが転職を決めても奥さんが反対することで転職がリセットされることです。

年収が下がったり勤務時間が変わったり理由は色々あるでしょう。

 

ぼくも転職活動の面談で「嫁ブロックは大丈夫?」と聞かれました。

奥さん側がブロックすることに限らず、旦那さん側でも同じこと。

 

転職が決まった後に家族の反対で白紙にならないよう、家族・特に奥さんには真っ先に話しておきましょう。

 

家族の生活スタイルも変わる

転職が決まれば家族の生活スタイルも変わる可能性があります。

 

仕事先が変われば勤務時間や通勤時間も変わるでしょう。

会社までの距離が変われば家を早く出る必要があるでしょうし、帰りも遅くなるかもしれません。

朝が早くなれば奥さんも早く起きることになるかもしれません。

 

ぼくも転職後は勤務時間が早くなり朝家を出るのが早くなりました。

家族持ちなら転職はあなただけの問題ではありません。

家族には必ず話をしておきましょう。

 

 

まとめ:静かにことを進めよう

転職活動の経験が豊富な人はなかなか多くありません。

だれもが初めての転職活動は不安が大きく誰かに相談したくなります。

色んな人の意見を聞くことも大切ですが、最終的には自分の基準を持ち誰かの意見に依存せずに決断しましょう。

 

スムーズに転職できるひとは社内で騒ぎ立てる影響を理解し水面下で進めます。

「出来る人ほど静かに去っていく」

といわれる理由ですね。

 

本記事があなたの転職の手助けになれば幸いです。

それでは。

 

こちらの記事も読まれています