エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』
「エンジニアが転職エージェントで転職活動をするときに気を付けることは何?


「実際にエージェントを使った人の話を聞きたい。」
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。エージェントを使って転職できたネロです。

エンジニアが転職活動をするなら転職エージェントをつかいましょう、という話をこちらの記事で解説しました。

 

でも転職エージェントってどうやって利用すればいいのか分かりませんよね。

それは当たり前の話しで、そもそも転職活動に慣れた人ってそれほど多くありません。

転職エージェントも基本的な進め方は説明してくれます。

ただ、実際に転職エージェントを使ってみると、”これを知っておけばスムーズに進む”や”こういう点が大切だな”というポイントが分かってきました。

 

本記事では転職エージェントを使ってスムーズに転職活動を進めるためのポイントを解説します。

ぼくが実際に使ってみて感じた生の声なので、これから転職エージェントを使うときの具体的なイメージになります。

それではご覧ください。

 

担当者との面談はなるべく早めに

エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』2

 

転職エージェントに登録するとすぐにエージェント担当者との面談日程調整メールが届きます。

面談日程調整メールにはすぐに返信をし、なるべく早く担当者と面談を行ってください。

なぜなら担当者との初回面談が転職エージェントでの転職活動のスタートになるためです。

 

時期を逃すと決まってしまう求人情報も多く、遅くなればなるほど紹介できる求人が変わってきます。

ぼくは面談日程調整メールにすぐに返事をせずに数日後にやっと面談候補日を登録しました。

エージェントからの催促メールが何度も届きました。

 

仕事をしながらの面談のため候補日程も少なく、その分面談日もずれこみ結局面談できたのは半月ほど経ってから。

今になって思うとスタートが出遅れた感がありましたね。

 

すぐに転職したいと決めたのであればエージェント担当者との面談を遅らせて良いことはありません。

 

 

担当者へは転職理由を正直に伝える

エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』3

 

エージェント担当者との面談では転職したい理由を必ず聞かれます。

転職理由はあなたの本当の気持ち、思いを正直に伝えましょう。

 

担当者も正直な転職理由が分からないとあなたが本当に満足できる企業を紹介できません。

 

 

ぼくも初回面談で「納得いく転職活動をするために正直に理由を教えてください。」と担当者の方に強く念を押されました。

ちなみに僕が優先した転職目的は残業を減らすこと。

もちろん給与や仕事内容など他にも条件はいくつか伝えましたが、最優先の目的を伝えることで担当者側も求人を探すベースが出来ます。

 

担当者との面談は企業との面談ではないため、あなたの本音を隠して良く見せても全く意味がありません。

 

あなたが転職活動で優先したい理由のありのままを担当者へ伝えましょう。

 

 

転職希望時期はすぐにと伝える

エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』4

 

エージェント担当者との面談では、すぐにでも転職したいのか、それともまだ先で考えているのかという転職希望時期も必ず聞かれます。

すぐに転職を考えているのであれば「転職希望時期はすぐにでも」と担当者に伝えましょう。

なぜなら転職希望時期によって担当者が求人を紹介する優先度が変わるためです。

 

転職エージェントは転職希望者の転職が決まれば、転職先の企業からお金が入り売り上げが上がる仕組み。

ボランティアでやっている訳ではないため、当然早く転職してくれそうな人を優先します。

 

 

もしあなたがすぐに転職を希望している訳ではなく、”とりあえず転職エージェントに登録して情報収集したい”という理由であれば、すぐに転職したいと無理やり伝える必要はありません。

 

担当者からしてもすぐに転職という割に中々動きがない、あなたにも望まない量の求人紹介がバンバン来るというミスマッチが起きてしまいます。

 

ぼくの場合は、「何が何でも今すぐ転職したい訳ではないが、じっくり検討して良い企業を探したい」と伝えました。

本当に今すぐ転職したい方の中には、最短2週間ほどで転職を決める人も居ると担当者から聞きました。

 

あなたの正直な転職希望時期を伝えてください。

 

業務経歴や保有スキルはうそを書かない

エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』5

 

初回面談が終了すると業務経歴書やスキル情報の提供を求められます。

エージェント担当者に提出する業務経歴書やスキル情報にうそを書いてはいけません。

 

エージェント担当者に提出した業務経歴書やスキル情報は求人企業へも送られます。

うその経歴を書いた場合、面談や会話の中で違和感が出てしまいます。

 

 

例えば企業との面談では業務経歴書の内容から質問が来ることも少なくありません。

エンジニアの場合、以下のような技術的な質問をされることがあります。

 

「○○の案件で使われたフレームワーク・ツールを選定した理由は何ですか?」

「○○案件では開発規模の割に納期が短いですが、何か理由がありますか?短納期で完了させるために取り組んだことを教えてください。」

 

うその経歴を書いてしまった場合、掘り下げた質問が唐突に来ると内容のある回答ができません。

 

また過去に登録していたエージェントの場合、過去に提出した経歴書内容を忘れていて今回の経歴書と差がある可能性もあります。

そうなると嘘を書いていると担当者に分かりエージェント側からも警戒されます。

 

 

業務経歴書や保有スキル情報で背伸びしてもマイナスになるだけで良いことはありません。

あなたのありのまま情報を伝えるようにしましょう。

 

 

気になる求人はすぐに応募を

エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』6

 

担当者からは面談で伝えたあなたの条件に近い求人情報がどんどん送られます。

その中で気になる求人があった場合は後回しにせずにすぐに応募するようにしましょう。

 

企業側も予定求人が決まってしまうと求人を取り下げるため、しばらく時期をおいて確認すると求人が無くなっていることも少なくありません。

 

ぼくも気になる求人に応募せず後回しにしていたら、気が付くと求人自体が無くなっていたことが何度かありました。

特に条件が良い求人は応募者も多く埋まりやすい傾向があります。

 

あなたの転職条件にマッチする求人があれば、時期を置かずすぐに応募しましょう。

 

 

複数エージェントから同じ求人に応募しない

エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』7

 

複数の転職エージェントに登録することが転職活動を効率的に進めるポイントの一つ。

以下の転職エージェントを選ぶポイントの説明記事でも複数の転職エージェントに登録すべき理由を書いています。

 

ただし複数エージェントから同じ求人に応募するのはNG。

求人企業に複数の応募情報が届いてしまうため、「手当たり次第に応募しているのか?」と企業側から不信感を持たれてしまいます。

ぼくも担当者から面談の時に別のエージェントで同じ求人に応募しないよう言われました。

 

 

エージェント担当者も転職希望者が複数エージェントに登録していることは十分に分かっています。

実際にぼくも面談でも別のエージェントに登録しているのか聞かれましたし、別のエージェントへ登録していることも正直に伝えました。

 

エージェントからの求人情報はしっかり管理し重複して応募しないようにしてください。

 

 

担当者と相性が合わないなら変更を

エンジニアが転職エージェントを使う上で大切なこと『誠実さ』8

 

エージェント担当者も一人の人間ですから、人柄などであなたと相性が合わないこともあるでしょう。

相性が合わないと感じたらエージェントへ担当者の変更をお願いしてください。

 

エージェント担当者は転職が決まるまでずっと付き合っていくことになるため、相性が合わない担当者だと転職内容と直接関係ないところでストレスが掛かってしまいます。

 

どのエージェント担当者があなたの担当になるかは転職エージェント側が決めること。

ただしエージェント担当者を転職希望者側から選ぶことはできませんが、担当者の変更をお願いすることはできます。

 

例えばリクルートキャリアですと、お問い合わせ窓口から担当者変更を受け付けてくれます。

キャリアアドバイザー変更のご希望については、お問い合わせ窓口にて承っております。
画面下部の「問い合わせる」ボタンより、お問い合わせ窓口へご連絡ください。

 

リクルートキャリアでは担当者のことを”キャリアアドバイザー”と呼んでいます。

 

 

エージェント担当者の変更は特別なことではないため、”担当者に申し訳ないな”と思う必要はありません。

 

お互いビジネスと割り切って、担当者変更をお願いしましょう。

 

 

まとめ:誠実に対応しよう

転職エージェントを使う上でのポイントを振り返ってみると、転職理由は正直に伝える、業務経歴に嘘は書かない、など正直に行動しようという内容が多くなりました。

 

転職活動もあくまでビジネスの一環。

エージェント担当者もビジネスとしてあなたの転職活動をサポートしてくれます。

求人企業もビジネスとして転職希望者を探しています。

そんなエージェント担当者や求人企業に対しては誠実に対応するようにしましょう。

 

本記事があなたの転職活動にとってよいサポートになれば幸いです。

それでは。

 

地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

地方で社内SEに転職できたぼくが利用した転職エージェントを紹介しています。なぜこの3つを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを絞った戦略と理由まで書いていますので、役立ててください。
※すべて無料で利用できすよ。

こちらの記事も読まれています
コメントを残す