エンジニアが転職するなら知っておきたいIT業界の構造とは!?
「エンジニアで転職を考えているけど、どんなIT企業がいいの?」


「IT企業ならどの会社もだいたい同じじゃないの?何が違うの?」
本記事ではこんな疑問を解決します。

どうもこんにちは。ネロです。

SIer勤務時代にはいろんなIT企業とお付き合いし、現在では社内SEへ転職しました。

 

世間一般的にはIT企業はどの会社も同じようなイメージが持たれているかもしれません。

でも実はIT企業と言っても業種によって全然違います。

そしてエンジニアで転職を考えている方は、このIT業界での会社の違いを必ず理解しておきましょう。

なぜなら、同じIT企業でも業種の違いが仕事内容や将来性、待遇に大きく関わってくるためです

 

例えば、ぼくは前職のSIerでは仕事を貰う立場、現職の社内SEでは仕事を発注する立場と180度役割が逆になりました。

本記事では15年以上に渡って色んなIT企業と関わってきたぼくの経験を基に、IT業界の構造と実態を解説します。

細かく分類すれば切りがないため、ざっくり一般的な構造を書いていきます。

本記事を読めば転職先に選ぶべき業種を適当に考えてはいけない理由が分かるはず。

それではご覧ください。

 


本記事は会社所属のエンジニア前提で書いています。
いわゆるフリーランスや個人事業主のエンジニアはIT業界構造とは関連が少ないため記載していません。

 

IT業種を理解するポイントは2つ

エンジニアが転職するなら知っておきたいIT業界の構造とは!?2

 

IT企業の違いを知るには以下の2点に注目してください。

 


  • 会社の収益源

  • IT業界でのポジション

この点が違うとその会社で働く社員の業務内容や働き方も変わってきます。

それぞれ見ていきましょう。

 

企業がどうやって稼いでいるか?

IT業界に限ったことではありませんが業種の違いはお金の稼ぎ方の違い。

IT企業も会社である以上、サービスや技術の対価としてお金を頂いて成り立っています。

その会社が主にお金を稼ぐ方法がメインの事業になり、社員の業務内容、すなわち会社での仕事内容が決まります。

 

例えば何らかのソフトウェア製品を作って売る会社であれば、製品を作る仕事がメインになるでしょう。

一方で何らかのサービスを提供する会社であれば、客先を訪問したり技術を提供する仕事になります。

 

もちろん会社はメインの事業以外にも、総務部門やメイン事業のサポート部門など色んな業務があるのが一般的。

それでも利益を上げているメイン事業にはマンパワーが必要なのも事実。

「その会社がどんな事業で利益を上げているか。」をしっかり見極めてください。

 

 

IT業界のピラミッド構造を知っておく

日本のIT業界にはピラミッド構造と呼ばれる仕事の流れが存在しているのは公然の事実。

ピラミッド頂点の企業が請けた仕事が、1次請け⇒2次請け⇒、、と流れていく構造です。

そして企業がピラミッド構造のどこに位置しているかを知ることはとても重要。

なぜなら企業の利益と納期に大きく関わってくるからです。

 

例えばピラミッド頂点の会社が1億円で受けた仕事を1次請けに8000万円で発注したとします。

2次請けの企業が更に3次請け企業へ6000万円で発注すると、この時点ですでに半分近くになりました。

同じようにピラミッド頂点では納期1年間で請けた仕事も、2次⇒3次⇒、、と流れていくうちに10カ月⇒8ヶ月と短くなってきます。

分かりやすいようにかなり単純化した数値ですが、程度の差はあるにしてもぼくの経験上発注額と納期の流れは間違いなく存在していました。

 

つまりピラミッド構造の下に行けば行くほど、少ない金額と短納期で仕事をすることなると考えてください。

 

メモ 上記のピラミッド構造は建設業界に似ています。自然に構成されたのではなく、IT業界初期の企業が仕事とお金の流れで建設業界を真似たそうです。

 

 

システムインテグレータ(SIer)はIT業界ピラミッドの頂点

エンジニアが転職するなら知っておきたいIT業界の構造とは!?3

 

IT業界ピラミッドの頂点に立つのは大手システムインテグレータ。

誰もが名前を知っている日本を代表する有名企業も多く、Slerと略されることも多いですね。

 

発注元から直接仕事を貰う

大手システムインテグレータは主に官公庁や大手ユーザ企業などから仕事を請け負う業態。

IT業界ピラミッド頂点に立つSlerは企業規模や資金力、知名度に優れているため、大口の案件を請ける体力があります。

主な仕事は客先企業の課題を聞き、解決するためのシステム提案を行い設計に落とし込んでいくこと。

システムの利用ユーザと直接やり取りできるポジションがSIerです。

 

 

開発は2次受けのパートナー企業へ

大手システムインテグレータではプログラミング作業はほとんどなく、要件整理と設計がメインになりがち。

それは大規模案件が多く自社だけでは開発できない規模のため。

例えば、要件定義と設計まで行い仕様が固まったら、2次請け企業に開発を発注します。

場合によっては1社だけに発注するのではなく複数社に依頼することもあるでしょう。

そうやって複数案件を同時に回して利益を上げていきます。

 

 

プログラミングが好きな人には向かない

技術が好きで自分で手を動かしてバリバリ開発をしたい人には大手システムインテグレータは向いていません。

なぜなら、基本はプロジェクトを管理して要件を決め、設計をすることがメインの作業になるからです。

仕事内容はお客さんとの打ち合わせ、スケジュール調整、仕様や価格の交渉と、いわゆる上流工程と呼ばれるもので開発とは直接関係ないことばかり。

ぼくが一緒に仕事をした方に、「現場で開発をしたい」という理由で誰もが知る大手SIerを退職し地方のソフトウェア開発会社に入った方がいらっしゃいました。

 

 

 

IT業界ピラミッドの2次以降ソフトウェアベンダー

エンジニアが転職するなら知っておきたいIT業界の構造とは!?4

 

IT業界ピラミッドに属する企業のほとんどは、2次請け以降に位置しています。

 

ピラミッドの階層は仕事の流れ

IT業界ピラミッドは上位層の企業から段階的に仕事が流れていきます。

つまり上位企業の請けた仕事の一部が切り出されて、下位の企業へ発注される流れ。

そのため末端に行くほどシステム全体から見るとほんの一部の仕事になることに。

 

もちろんピラミッドの頂点から必ず仕事を受けるわけではありません。

2次請け以降の企業でも、直接ユーザ企業から受注することもあるでしょうし、自社プロダクトを開発する部署もあるでしょう。

細かく見ていけば仕事の流れは複雑に絡み合っていますが、業界の大きな流れは上位層から下位層へと展開されていました。

 

 

依頼元企業に常駐することも多い

ピラミッド上位層から下位層へは仕事を切り出すだけではなく、人を集めることも少なくありません。

大企業が受注する大きなプロジェクト開発はマンパワーが必要です。

上位企業から依頼された下位企業が1人のエンジニアを月いくらで派遣し、そうやって集められた色んな会社のメンバーが上位企業のオフィスで一緒に働くわけです。

 

ぼくも過去に常駐業務を何度か経験しましたが、あまりに続くと自分がどの会社の社員か分からなくなりますね。

また常駐先へ人を調整する立場も経験しました。

 

下位企業からすると人を派遣して対価を得るビジネスモデルのため安定収入になるわけです。

自社開発に比べるとリスクも少なく、多くの企業が人を常駐させる方法をとっているのも必然ですね。

派遣業登録している企業はこのパターンが多いため企業情報はよく確認してください。

 

プログラミング作業がメイン

上位企業から受けた仕事は現場作業がメイン。

システム開発であればプログラミングやテストが主な作業になります。

プログラミングが好きな人には向いていると言えるでしょう。

 

ただしシステム全体に渡って開発ができることは少ないため、一部の機能や共通機能など多くの開発は限定的。

1つのソフトやアプリを最初から最後まで作りきる!ような達成感やスキルを得るのは難しいと考えてください。

 

 

 

発注の多くを担うユーザ企業の社内SE

エンジニアが転職するなら知っておきたいIT業界の構造とは!?5

 

IT企業へ発注する企業側のIT部門は一般的に社内SEとよばれる立場。

小売やメーカーなどITとは直接関係ない業界でも、現代ではITシステムが0の企業はまず存在しないでしょう。

 

IT業務以外の本業で利益を得る

IT企業とは異なり、基本的には社内SEの業務は直接利益を上げる仕事ではありません。

社内SEあくまで企業の本業である販売や製造のサポートをする部門だからです。

一般的に共通部門とよばれる立場ですね。反対に利益を得る部署はプロフィット部門です。

 

そのためIT企業とは仕事の内容も変わってきます。

例えば、IT企業は仕事を受注し開発したソフトウェアを納品して対価を得ますよね。

一方で社内SEはプロフィット部門が上げた利益を基に配分された予算に従って、本業を効率化してもっと利益を上げる環境を作るのが仕事。

どちらかと言えば総務や経理に近い立場かもしれません。

 

企画から提案まで全体を担う

ユーザ企業からシステムの一部を受注するIT企業とは違い、社内SEが行う仕事はシステム全体をカバーします。

なぜなら、社内SEはユーザ企業がもつ自社の課題をシステム面から解決するために、自分たちで企画を起こし最終的な導入までのロードマップすべてに携わるため。

自社の課題は何なのか、どんなシステムなら改善できるのか、導入後の効果はあったのか、とシステム化の全体に責任を持ちます。

 

悪い良い方をすれば、しんどい案件でも逃げられないんですよね。

IT企業側は割に合わない案件と判断すれば受注しなければいいので、仕事を選べない感はあります。

自社の社内業務システムにずっと携われるため、腰を落ち着けてじっくり取り組みたい方には向いていますね。

 

 

ソフトウェア企業へ外注 or 常駐

企画立案されたシステム開発案件を自社の社内SEのみで開発するユーザ企業は少ないでしょう。

なぜならどの企業もコスト削減のため最小限の人員しか確保していないため。

 

社内SEは社内システムの運用保守も担っていることが一般的。

日常的に作業が発生する運用保守に加えて、新システム開発まではとても手が回りません。

IT企業へ開発を発注するか、自社へ常駐してもらって開発を行います。

 

そのため社内SEの作業は企画立案やユーザ部門との仕様調整、利用者へのサポートがメインになります。

利用者と近い立場で仕事がしたい方には向いているでしょう。

 

 

自社プロダクト・パッケージソフトベンダー

エンジニアが転職するなら知っておきたいIT業界の構造とは!?6

 

パッケージソフトベンダーはこれまでの業種とは少し業態が違います。

マイクロソフトは世界的に有名なパッケージソフトウェアベンダーですね。

ゲーム開発会社もこの部類に該当します。

 

作ったソフトウェアを売って利益を得る

パッケージソフトベンダーはパッケージソフトウェアを開発し企業や一般ユーザに売って利益を得ています。

これまでに解説した業種では、発注元が依頼したシステムを開発して対価を得る仕事。

いわば発注元と発注先が1対1です。

一方でパッケージソフト会社のシステムは不特定多数のユーザに販売されます。

そのため販売するためのソフトウェアやシステム開発がメインの仕事になります。

 

自社内で開発することが多い

仕事は自社が販売するソフトウェア開発がメイン。

ピラミッド構造の中にいるIT企業ように、仕事が順々に流れていくこともありません。

また利用者と直接やり取りする機会もそう多くはありません。

 

もちろんサポート部門や営業であればユーザと直接やり取りする仕事のためこの限りではありません。

ただ多くの社員が属するのは開発部門。

がっつり開発をメインで行いたい人には向いているでしょう。

 

 

まとめ:IT企業も多様化している

本記事で紹介したIT企業の業種は、ぼくが実際に関わったことのあるものだけで全体から見るとほんの一部。

あなたが転職先に選んだ業種によって業務内容が全然違うものになります。

どれが優れている、劣っているというものでもありません。

あなたの希望とマッチしているかが大事です。

 

ぼくが社内SEへ転職した理由の1つは、腰を落ち着けて1つのシステムに携わりたかったから。

転職を成功させるために戦略的に転職エージェントを選びました。

地方で社内SEを目指すためのIT転職エージェント3選

地方で社内SEに転職できたぼくが利用した転職エージェントを紹介しています。なぜこの3つを選んだのか、地方と社内SEに絞ってエージェントを絞った戦略と理由まで書いていますので、役立ててください。
※すべて無料で利用できすよ。

 

あなたもぜひ自分が求める業種を見つけてください。

それでは。

 

 

こちらの記事も読まれています
コメントを残す