システムエンジニアの転職に年齢は関係あるのか?『若い方が有利』
「エンジニアの転職はやっぱり若い方が有利なのかな?」


「実際に35歳以上でも転職した人の話を聞きたい。」
本記事ではこんな疑問を解決します。

どうもこんにちは。37歳を過ぎてSIerから社内SEへ転職したネロです。

 

エンジニアの仕事って控えめに言っても楽ではありません。

エンジニア35歳定年説がまことしやかにささやかれている業界です。

そのため転職するにも若い方が良いのか?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

実際に転職を経験したぼくの結論では若い方が有利

なんで若い方が有利なの?年齢が上がると転職できないのか?など本記事で詳しく解説していきます。

現在SEで働いていて、ぼくと同じように年齢を重ねて転職を考えている方へ生の経験を伝えます。

それではご覧ください。


本記事は会社所属のエンジニア前提で書いています。
いわゆるフリーランスや個人事業主のエンジニアは対象ではありません。

 

 

エンジニアの35歳定年説は本当なのか?

システムエンジニアの転職に年齢は関係あるのか?『若い方が有利』2

 

「システムエンジニア35歳の壁」

SE業界にいると一度はこの言葉を聞いたことがありませんか。

10年以上SEとして働いたぼくの経験上、35歳という年齢にあまり意味は無いと考えます。

 

そもそも35歳定年説の語源が分からない

35歳定年説は、いつ誰が言い始めたのか、どんな意味で使い始めたのかも不明。

どこかの団体や組織で定義された言葉ではなく、業界内で何となく言われてきた言葉なのでハッキリした意味は分かりません。

推測するにおよそ以下のようなところでしょうか。


  • 激務のエンジニアは35歳を過ぎると体力的にやっていけない

  • エンジニアは35歳を過ぎると需要が減り転職が難しい

 

つまり、受け取り手によって色んな意味にとらえることができます。

ハッキリとした意味がなく受け取り手によって意味が変わる以上、35歳という年齢にとらわれるのは意味がありません。

 

35歳を超えて働いているエンジニアはたくさんいる

35歳を超える中堅・ベテランエンジニアは会社にとって重要です。

なぜなら、いろんな仕事をこなした経験とノウハウがあり取引先にも顔が効く、まさに仕事を回す中核的存在だから。

仮に皆が35歳を過ぎると辞めていくのであれば、その会社にはノウハウが蓄積されません。

 

現にぼくが働いていた前職でも、今働いている現職でも、35歳以上で活躍している方はたくさんいらっしゃいました。

現場でエンジニアとして開発したり、管理職やリーダーとしてチームをまとめたりと様々。

 

ただしスタートアップ企業やベンチャー企業では35歳以下の社員だけという場合もあるでしょう。

これから成長する会社なのである意味当然です。

経験と年齢を重ねて部下を育てていく立場になっていきます。

 

一般的な会社員の場合、年齢を重ねると役割や立場も変わるもの。

エンジニアは35歳を過ぎるとやっていけないという言葉は気にする必要はありません。

 

 

 

エンジニアの転職は年齢が若い方が有利

システムエンジニアの転職に年齢は関係あるのか?『若い方が有利』3

 

ベテランエンジニアは数多く働いている事実の一方で、転職では年齢は関係あるのでしょうか?

実際に37歳で転職を経験したぼくの結論は、

「転職は若い方が有利」

です。

 

転職活動に使うエネルギーは半端ない

日本の会社で”仕事を変える”のは簡単なことではありません。

理由は、今の会社で働きながら大変な転職活動も並行する必要があるため。

 

転職サイトに登録して履歴書や業務経歴書をまとめる。

業務経験を棚卸し面接対策や自己PRを考える。

仕事が終わったあとにこれらの作業を終えなければいけません。

また面接は大抵平日になるため、現業務に支障がないよう有給などを使ったスケジュール調整も必要です。

 

もちろん退職後に転職活動を始めるのであれば、現在の仕事と並行しない分楽にはなるでしょう。

でも年齢を重ねて転職をするのであれば、転職に期間を空けない方が良いです。

家族が要れば家計にも響くでしょうし、次の仕事が決まらないと精神的にもつらくなってきます。

 

少しでも若い方が体力がある分、多少無理もできます。

 

 

家庭ありと独身では転職のハードルが段違い

年齢を重ねてからの転職では家庭を持っている割合も増えていきます。

家庭がある状態での転職と独身の転職は全くの別物。

それは、自分の都合だけではなく家族の都合も含めて転職を計画する必要があるため。

 

一家の家計を支えている立場であれば、収入減の許容範囲も少ないでしょう。

転職で勤務地が変わるのであれば、学校や奥さんの仕事も考えなくてはいけません。

ぼくも転職先の面接時に”嫁ブロックはないか?”と聞かれました。

 

自分の都合で転職を計画すればよい独身にはない検討事項がたくさんあります。

 

 

会社の年齢構成バランスをとりたい

令和の世の中、どの会社も人手不足、とりわけ若手社員が不足しています。

なぜなら、日本では少子高齢化が進みベテラン社員が多く若手が少なくなっているから。

 

例えばぼくも前職では自分より下の年齢層が少なく、なかなか新入社員が配属されませんでした。

ベテランから若手までフラットな年齢構成にするため、なるべく若い方が喜ばれます。

 

 

 

管理職レベルの転職ではベテランエンジニアも重宝される

システムエンジニアの転職に年齢は関係あるのか?『若い方が有利』4

 

「ベテランエンジニアでも転職してるよ?」

実際には若い方だけではなくベテランエンジニアで転職されている方も多いですよね。

若手とベテランでは求人先の求める役割が違います。

 

 

求人先から要求されるスキルは高め

ベテランエンジニアに求められるスキルの多くは開発のまとめ役。

具体的にはチームリーダーや、課長・部長といった管理職クラスです。

日本企業の開発はチームで行う仕事が多く、現場のエンジニアだけではプロジェクトは回りません。

 

例えば前職では40,50歳でも転職する人も少なくありませんでした。

実際に転職サイトに登録されているリーダー、課長部長クラスの求人も多いです。

ただし相応の経験とスキルを要求されるためハードルは上がります。

 

 

 

まとめ:すぐに行動しよう

本記事で書いたように37歳で転職を経験したぼくの結論は、”若い方が有利”です。

ただし、あくまでぼくが経験した範囲での話なので100%誰にでも当てはまる訳ではありません。

転職は仕事を探す人と人材を求める会社とのマッチング。

 

ぼくの転職活動経験で身に染みたのでもう一度書きますが、転職活動にはめちゃくちゃエネルギーを使います。

プロの転職エージェントを賢く利用して効率的に活動しましょう。

 

あなたが”転職をする”と決めた今が一番若いときです。

悩みぬいて転職を決めたのであればすぐに行動を起こしましょう。

それでは。

 

 

こちらの記事も読まれています
コメントを残す