システムエンジニアが精神的にきついときの対処法『実体験』
「システムエンジニアとして働いているけど精神的にとてもしんどい。」


「つらさを減らすためにできることは何だろう。。」
本記事ではこんな疑問を解決します。
どうもこんにちは。SIerから社内SEへ転職したネロです。

 

システムエンジニアをはじめとするIT業界の仕事ははっきり言ってハード。

精神をやられてしまう人も少なくありません。

ぼくはSIerと社内SEという2つの職種を経験し、SIer時代は常駐や請負開発を通していろいろなIT企業を見てきました。

これまで働いた職場でも、精神的な不調を理由に休職や退職された方は多いです。

せっかく自分のため、家族のために働いているのに、うつ病などで体を壊しては元も子もないですよね。

ただ精神的にやられないようにするには結局はあなた自身で自分の身を守るしかありません。

 

そこで本記事では、なぜSEは精神的な不調になりやすいのか、精神的な不調にならないよう現役エンジニアのぼくが実際に行っている対処方法を解説します。

抽象的な精神論ではなく、すぐに行動できるよう、具体的に行動できる内容を書いています。

それではご覧ください。

精神を病むエンジニアが多い3つの理由

システムエンジニアが精神的にきついときの対処法『実体験』2

 

具体的な対策を書く前に、「そもそもなぜエンジニアは精神的に病みやすいのか?」を考えます。

原因が分かれば対策が打ちやすいですよね。バグ改修と同じです。

 

仕事が忙しい、納期が厳しいなどのストレスはもちろん大前提。

その上でシステムエンジニアの仕事柄、次の3つが不足することで精神的な不調が起きやすいです。

 

  • 十分な睡眠
  • 適度な運動
  • 他者との関わり

ぼくも以前は何となく「エンジニアの仕事は精神的にキツイ」と考えていました。

でもある時、ベストセラー本の「スマホ脳」を読み以下の言葉に出会います。

「睡眠、運動、そして他者との関わりが精神的な不調から身を守る3つの重要な要素だ」

 

本を読み終え考えてみると、3つの要素すべてがシステムエンジニアの仕事で足りていないな、と気づきました。

 

スマホ脳は現代社会の問題を人間の本能という視点から解き明かしている良書です。

特にテクノロジーに囲まれた生活を送るエンジニアの方は、一度読んでみることをおススメします。

ではシステムエンジニアの仕事を3つそれぞれの視点で見ていきましょう。

睡眠時間が少ないエンジニアの日常

睡眠時間が足りていないのは、エンジニアの方にはあらためて説明不要でしょう。

納期前はとにかく忙しく、帰宅が遅くなる。

休日出勤も日常で時には徹夜をすることも。

仕事の時間が長くなればなるほど、睡眠時間は減っていきますよね。

1日中パソコンを使ったデスクワーク

システムエンジニアは基本的にパソコンと向き合う仕事です。

プログラミングや設計書作成、打ち合わせ資料作成はパソコンを使って行います。

パソコンに向かっている間は椅子に座って動くことはありません。

疲れているように感じても、思った以上に体を動かしていません。

 

システムエンジニアは慢性的な運動不足になりやすい仕事の一つです。

 

プライベートを楽しむ気力がなくなる

エンジニアの仕事はハードワークでいつも睡眠不足。

となれば休日は少しでも休みたいですよね。

外出するのもしんどくて、一日中家で過ごし誰とも触れ合わずに休日が終わる。

そんな休日を過ごしているシステムエンジニアは多いのではないでしょうか。

身体を動かした後の爽快感と心地よい疲労感

システムエンジニアが精神的にきついときの対処法『実体験』3

 

前の章では、システムエンジニアが精神的に疲れやすい理由の根拠としてベストセラー本の言葉を引用しました。

ただし、ぼくが「睡眠、運動、他者との関わり」に納得したのは、本から得た知識だけが理由ではありません。

 

ぼくが過去に農作業や地域の活動など、体を動かした仕事をしたときのことを思い出してみました。

一日中体を使ってたっぷり汗をかきます。

家族や仲間とみんなで一緒に作業するため、他者との関わりも十分。

そして身体が疲れているので、夜はぐっすり眠れます。

 

当然疲れはありますが心地よい疲労感で気持ちがよく、ストレスを感じることもありません。

仕事ではなくても、スポーツなどで体を動かして汗をかいた後の爽快感は誰でも経験があるでしょう。

 

一方でシステムエンジニアの仕事を考えてみます。

一日ハードに働いても、基本パソコンに向かっているためあまり汗をかくことはありません。

チームで一緒に作業はしますが、睡眠時間は少ないです。

一日の仕事が終わると、ぐったりする疲労感につつまれています。
体を使った仕事のような爽快感は全くありません。
スマホ脳で書かれていたキーワード「睡眠、運動、そして他社との関わり」は、以前から感じていた気持ちを見事に言語化してくれました。

 

自分の精神を守るためにできること

システムエンジニアが精神的にきついときの対処法『実体験』4

 

エンジニアが精神的な不調になりやすい原因が分かったところで、ここからは具体的な対策を書いていきます。

 

ぼくが実際に行った方法は大きく2つ。

 

  • 環境を変えずにやれること
    ⇒睡眠の質、運動で汗をかく、他者との関わりを作る -

  • 環境を変える
    ⇒残業時間を減らす

本やサイトではいろんな方法が書かれていますよね。

ここではぼくが実践していること、実際に行動したことに絞って紹介しますが、どれも特別なことではありません。

だからこそ誰にでもできますし、ぼく自身実際に効果がありました。

いまの環境で睡眠、運動、他者との関わりを作る

まずは環境を変えずにいまの環境で出来ることをやります。

睡眠、運動、他者との関わりを一つずつ説明します。

全部を一気にできなくても少しずつやってみましょう。

睡眠は超重要

睡眠の大切さはいろいろな本やサイトで解説されていますね。

忙しいエンジニアにとって大切なのは、睡眠時間を延ばすより睡眠の質を高めること。

具体的にはスマホを枕元に置かないようにします。

 

ぼくは寝るときにスマホをベッドから少し離れたデスクに置いています。

「たったそれだけ?」

と思われるかもしれませんが、これだけで睡眠の質が全然違います。

 

スマホが人を惹きつけるパワーはとても強いです。

寝るときに手元にスマホがあると、常に気になってしまい、最悪つい手に取ってしまうことも。

スマホ画面のブルーライトを浴びると目がさえて眠りの質が落ちます。

 

はじめから手の届かないところに置いておけば、あきらめて眠りにつけるため常に気になることもありません。

体を動かして汗をかく

ぼくは自転車通勤+週末のランニングで汗をかいています。

忙しいエンジニアは平日になかなか時間を取れません。

通勤に自転車を使うことで片道1時間ほどを運動のために有効活用しています。

自転車通勤のノウハウは「自転車での通勤に必要な情報まとめ!10年以上続けているぼくが解説。」にまとめていますのでご覧ください。

ただ自転車通勤ではおもいっきり汗をかくほどではありません。

そのため週末にはジョギングでしっかり汗をかくようにしています。

運動で汗をかくことで頭もすっきりします。

その上、適度に体が疲れて夜にしっかり眠れるため一石二鳥。

 

運動している間は無心になれます。
いま流行りのマインドフルネス状態に近いですね。

他者との関わりは仕事以外で

他者との関わりをどう持つか、ぼくは仕事と全然関係ない趣味を持つようにしています。

同期と遊ぶ、職場メンバーでBBQなどでは、結局仕事の話になってしまうため意味がありません。

ぼくは趣味でギターとバンドをやっています。

バンドメンバーとの交流や楽器を無心で弾くことでストレスを解消できています。

『社会人バンドマン』を目指すために楽器を始めて続ける方法まとめ」で書いているように、ぼくも社会人から楽器を始めました。

いつでも何かを始めるのに遅いということはありません。

 

とはいえ楽器に限らず家族でキャンプに行く、スポーツをするなど何でもいいです。

またエンジニアにはコミュニケーションが苦手という方も少なくないでしょう。

それでもオンラインゲームでつながる、アニメを見てアニメ仲間とオンラインでつながる、など方法はあります。

あなたの”推し”を見つけましょう。

時間がとれなければ環境を変える

ここまで、睡眠、運動、他者との関わりを作るためにぼくが行っていることを紹介しました。

とはいえ、

「そんな時間はとても取れないよ。」

というエンジニアは多いでしょう。

 

実はぼくもSIer時代はとても忙しく、環境を変えるため社内SEへ転職しました。

 

十分な睡眠をとる時間、運動をする時間、趣味にうちこむ時間。

睡眠、運動、他者との関わりを作るためには、それなりに時間が必要です。

 

平日も休日も忙しすぎて時間がない、でもグチっているだけでは何も変わらないと考え、思い切って転職して働く環境を変えました。

残業を減らすために転職を決意

SIer時代は残業が多く帰宅時間も遅かったため、プライベートの時間もなかなか取れませんでした。

でもいまの環境を変えるのはなかなか難しく、プライベートの時間、家族との時間を確保するために転職を決意します。

社内SEへの転職を決めた理由は、「ぼくが転職を考えたきっかけは?『社内SEへのキャリアチェンジ』」で詳しく解説していますのでご覧ください。

環境を変えた先に待っていたもの

ぼくは転職後に、より睡眠、運動、他者との関わりを持つ時間が取れるようになりました。

というのもSIerから社内SEに転職したことで残業がかなり減ったためです。

また家族で夕食もとれるようになり、より精神的にも楽になっています。

詳細は「社内SEに転職して残業は減ったのか?『ぼくは確実に少なくなった』」で解説していますのでご覧ください。

まとめ:まずはできることから

システムエンジニアは忙しくプレッシャーも大きいため精神的につらくなりがち。

そのため小さなことからでも行動を起こすことが大切です。

出来ない言い訳はいくらでもできますが、出来ることを探しましょう。

 

例えば、寝るときにスマホを枕元に置かない、は今日からすぐにできます。

いきなり自転車通勤やジョギングは難しくても、エレベーターではなく階段を使う、電車では無く1駅歩くは明日からできます。

 

また、働く環境を変えたいのであればまずは転職の第一歩、エンジニア転職エージェントへ登録しましょう。

忙しく働くシステムエンジニアは「エンジニアの転職にエージェントは必須です!『これだけの理由』」で書いているように、使えるサービスは利用して効率的に時間を使いましょう。

本記事を読んで、少しでも精神的に楽になれば幸いです。

それでは。

コメントを残す